ニュージーランド航空の機内安全ビデオ最新作
ニュージーランド航空の機内安全ビデオはいつもめちゃくちゃ凝っていて、ここでもう何度も取り上げたことがあります。
その最新作は12月に日本でも公開される映画「ホビット」3部作の最終章「ホビット 決戦のゆくえ」にちなんだもの。
僕が「ホビット」物にあまり興味がなかったので、このビデオ・クリップを取り上げませんでしたが、日本語の対訳の付いたクリップも出てきたので、遅まきながら取り上げておきます。



改めてみてみるとイライジャ・ウッ­ドやピーター・ジャ­クソン監督など豪華な出演者とその壮大すぎるスケ­ールのすごさは機内ビデオとしてはincredible。
ところでこのビデオには日本人が出演しているんですが、お分かりになりました?
その人は「千葉ロッテマリーンズ」や「横浜ベイスターズ」で活躍した元プロ野球選手の清水直行氏、現在はニュージーランドの観光大使を務めているそうです。
f0036857_9433217.jpg

なおニュージーランド航空は「ホビット」シリーズと提携、劇中に出る架空の土地「中つ国(なかつくに)」(Middle-earth)の公式エアラインを務めています。
by shackinbaby | 2014-10-27 00:13 | 旅行 | Comments(4)
Commented by さんだーばーど at 2014-10-27 02:07 x
わたしの脳内ではまだTEで、昔はkiwiとバカにしたものですが、いやいやNZってなんかすごいですよ。
機内ビデオもすごいですが、たぶん、NZのcareerのサイトはどの航空会社よりしゃれているし誠実でビックリです。
Commented by Jun@SJC at 2014-10-27 02:59 x
おとなりでヒーヒー言ってるQFとは対照的にNZはプロフィットもしっかり出てて、余裕ですね〜。
しかしこのビデオ、しょっちゅう乗る上級顧客にとってはウザいかも(笑)。
Commented by shackinbaby at 2014-10-27 17:57
>さんだーばーどさん
ははは、古い話ですけど、僕、はっきり覚えていますよ、ニュージーランド航空の3レターコードが変わったこと。
あれは何故だったんでしょう。
コード変更でその他に唯一思い出すのはスカイネットアジア航空(現ソラシドエア)、あれはIATAに更新の料金払えなくて、6JからLQに変えられちゃったんですよね。
LQなんてハーレクイン・エアと同じじゃん。今はもうないですけど・・・。
キャリア・サイトは後で見てみます。

Commented by shackinbaby at 2014-10-27 17:58
>Junさん
日本での販売もあまり安売りはせず、値段よりイメージ戦略で行っているようです。
このキャリア、どういうわけかこのビデオに相当力を入れているので、半年に1回は変わってる感じがします。
頻回に利用するお客でも見ない人は見ないし、見る人は見るし、ま、許容範囲かと・・・。

名前
URL
削除用パスワード


<< 食べて食べて岩手 (6) 5食... reduced rates! ... >>