行きたかったから台北 (4) 夜にホテルに着いたって当然外出~クラブ&夜市
今回の台湾旅行記はいつもとスタイルを変えて、旅行中の出来事をアトランダムに取り上げて書いています。
やはり経時的に書いていった方が楽だったかなぁ?
僕らの台北松山航空到着は現地時間の午後8時40分(日本との時差1時間)。
タクシー乗車が午後8時55分、僕らの宿泊ホテル「グランドハイアット台北」到着が午後9時10分頃でした。
(料金は155元、この日1元は3.6円でした)
チェックインし、クラブラウンジで一息入れてから、僕らは早速ホテルの外に・・・。
f0036857_17433474.jpg

ホテルのある「信義」地区の夜は大盛況、ものすごい人が歩いています。
主には若い人たちですが。
「新光三越」の各ビルは午後10時を過ぎると閉まり始めますが、この地区はこれから開店なんて店もたくさんあります。
僕らはハイセンスな店が多く集まっていると聞いた「Neo19」というビルに・・・。
f0036857_17523690.jpg

閉まりかけている店もありますが、タイ料理の店などは午前3時頃まで開いているようです。
僕らは建物の裏に回り「in house」という店に・・・。
ここには人気のクラブやバーが並んでいます。
f0036857_17533296.jpg

「in house」は台北でもhipな人が集まるというDJラウンジ&レストラン、昼はレストラン、夜はダンス・ビートがんがんのダイニング・バーになっています。
僕らは台北のちょっと気取った人たち専用のこの店でカクテルを1杯ずつ、店内はあまりに暗かったので写真は撮りませんでした。
取りあえずその雰囲気を体験するだけして、すぐに外へ・・・。
「うるさい、暗い、日本より洗練されてない感じ」と最近のクラブ・シーンも知らないくせに、うちの奥さん、分かったようなことを言ってました。
ま、要は気に入らなかったんでしょう。
お隣にはトレンディーなホテル「HOME HOTEL」が・・・。
f0036857_17543573.jpg

お洒落系ブティックホテルで、日本で言えば目黒の「CLASKA」(クラスカ)みたいなホテルです。
これは人気クラブ「ROOM 18」の入場を待つ人の列。
ものすごい人数で2~300人は並んでいたでしょうか。
f0036857_17554065.jpg

台北でというか台湾で一番有名なクラブだそうです。
以上新しいというか若い台北を楽しんだ(?)ので、今度は古いというか昔からある夜市へ・・・。
f0036857_1756393.jpg

「グランドハイアット台北」から歩いて12~3分の「通化街夜市(臨江街観光夜市)」です。
「Neo 19」から行ったので行きはタクシーで、帰りはホテルまで歩きました。
道はほぼ1本道で分かりやすいです。
深夜近くなると途中の人通りは少なくなりますが、ここは台湾、危ないという感じはありません。
この夜市は僕ら夫婦、10年以上前に歩いた覚えがあります。
その時もこの辺りに臭豆腐の店があった気がします
f0036857_17574745.jpg

この看板のタコ焼きの店は他の夜市にもありました。
チェーン店ということでしょうか。
f0036857_17584947.jpg

色々な店が密集していますが、以前より飲食系の店が減って、洋服、小物系の店が増えている印象です。
f0036857_180225.jpg

「一休みしようよぉ」の奥さんの一言で、近くの豆腐花の店に・・・。
f0036857_1812340.jpg

何も言われなかったので夫婦でこれ一つを注文、「総合」と名が付いていて中には金時豆、落花生などが入っていました。
温かいのと冷たいのが選べます。
f0036857_182171.jpg

奥さんは、「前来た時にこんな店、この辺にあったよね~」と彼女も思い出したマッサージ屋で足マッサージ。
1時間400元だったようです。
マッサージしている奥さんと別れて、僕はまたも夜市をぶらぶら。
で、僕一人の時に、これを発見。
f0036857_1833943.jpg

ピーナッツの塊をカンナで削って・・・
f0036857_1844174.jpg

クレープ生地の上に敷きます。
それに何とパクチーを散らします。
f0036857_1861035.jpg

そしてそれにアイスクリームを3スクープ。
f0036857_1872092.jpg

それをクレープで包んで、食べやすいようにビニールの袋に入れてくれて40元というスイーツ。
アイスクリーム無しだと30元だそうです。
これが僕にはかなり美味しかった・・・。
パクチーが以外にも相性良く、ピーナッツのカリカリ感も口に心地良く、これは好きだなぁ。
作ってくれたお兄さんの怪しい英語によるとイラン発祥のスイーツだとか?
半分ほど食べたところで、マッサージしている奥さんのところに残り半分を持って行ってあげたほど。
f0036857_18104093.jpg

そんなこんなで深夜1時前(日本時間の午前2時前)、ホテルに帰還。
奥さんは風呂に入ったようですが、僕はもう即爆睡で、台北1日目は終了です。
by shackinbaby | 2014-11-07 12:50 | 旅行 | Comments(2)
Commented by Bon at 2014-11-08 10:56 x
おお、通化街夜市じゃないですか。
ワールドトレードセンターで仕事があった時に毎晩のように晩御飯とマッサージに通ったのが懐かしいです。
最近では士林夜市がかなりきれいになってしまったので、こちらの方が夜市らしい?親しみやすい?感じがします。
Commented by shackinbaby at 2014-11-08 20:27
>Bonさん
あそこから歩いて10分ちょっとですものね。
マッサージ屋は多分うちの奥さんが行ったところと同じかもです。
この夜市では前に来た時たしか割包を食べたよねと、奥さんも以前ここに来たことをよく覚えていました。
この夜市はもうちょっと寂しくて観光客向けではなくなりつつある感じです。
そこが良いといえば良いのかもしれませんが。
名前
URL
削除用パスワード


<< 中国のヒルトン、50%OFFタ... 行きたかったから台北 (3) ... >>