行きたかったから台北 (10) 出発は羽田からJAL99便
僕の旅行報告はいつもならこれから書き始めるんですが、今回は順番がぐちゃぐちゃです。
お許しください。
あまりにいつも同じな旅立ち風景なので、今回は最近あまり取り上げてないところの写真のみアップします。
f0036857_23581517.jpg

僕ら夫婦の今回の台湾旅行はJALのマイルを使った特典旅行。
その理由は最近マイルを長距離の特典旅行などに使っていないのでやたら余っていること、来年度のステイタスは(僕の場合)もう確定しているので、無理してお金を出して乗る必要もなかったことなど、からです。
f0036857_23593682.jpg

(↑は冬用のイルミネーションのために去年に続いて竹が設置されたところ、この時はまだ準備中の段階でした、この数日後に点灯式がありました)
f0036857_023086.jpg

(↑は奥さんの希望で食べたターミナル内「江戸小路」にある半蔵門「一心堂本舗」のきなこ餅。テレビで見て食べたかったんだそうです。250円也)
さて、東京(羽田・成田)から台北(桃園・松山)までの必要マイルはエコノミーで19000マイル、ビジネスで39000マイル(共にJALカード割引後)です。
もちろん僕らは出来れば2人分羽田発松山行きビジネスクラスで取れれば最高と思っていたのですが、なかなかそう上手くは行きません。
いくつものパターンのキャンセル待ちを入れ、時を待ちました。
僕の分は比較的すぐにOKが出たのですが、奥さんの分がなかなか確定出来ません。
出来れば今回は夫婦で行きたい・・・。
僕らが夫婦揃って家を空けられない最大の理由であるおふくろさんの世話は、1日だけなら僕の妹が来てくれることになっています。
なので「なんとか・・・」と結構JALには電話をして状況を聞きまくりました。
結局、期限ぎりぎりになって出発便を往路を夕方便のJAL99便
     羽田 17:55 → 松山 21:00
帰路を午前便のJAL96便
     松山  9:45 → 羽田 13:30
にすることで、2人分のビジネスクラスの特典券がGET出来たのです。
形の上では2泊3日ですが、実質的には中1日の、相変わらずの弾丸旅行。
f0036857_031118.jpg

出国してから「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」のトランジット・ホテル部分のエントランスに・・・。
f0036857_042887.jpg

入ってすぐはラウンジになっていました。
ラウンジには無料のドリンク(と軽食?)、新聞、雑誌などが用意され、ホテル宿泊者、あるいはリフレッシュルーム利用の人が、搭乗までここでくつろげるんだそうです。
今回出発は143番ゲートと新しく拡張された方の遠いゲートだったので、やっていないとは分かりながらJALでいえば「サクララウンジ スカイビュー」のある方まで行ってみました。
表示を見ても4階のANAのラウンジと「スカイラウンジアネックス」、5階のJALの「スカイビュー」と「TIATラウンジ」以外の表示はなく、6階はいまだ未オープンのようでした。
f0036857_052050.jpg

(↑は誰もいない、本当に客が僕らだけだった「スカイラウンジアネックス」。クレジットカード提示で入れます)
f0036857_061245.jpg

羽田空港国際線の夕方は出発便が少なく、こんな感じです。
がらがら。
f0036857_071039.jpg

JAL99便は17:55分の出発、ボーディング・アナウンスは17:35分頃。
そしてこの便はチャイナ・エアラインとのコードシェア便のようです。
f0036857_08241.jpg

器材は767-300のスカイリクライナー。
f0036857_0101226.jpg

2011年にグッドデザイン賞をもらっているシートですが、まぁ中途半端でしたね、このシートも。
ただテレビモニターは10.6インチあり、タッチスクリーン方式、画像が鮮明なのは嬉しいことです。
MAGICはV。
センター・ディバイダーとスライド式のテーブルなんかも、この前のスカイラックスよりは良い感じですが・・・。
f0036857_0131768.jpg

シート・コントロールはこれくらいしか出来ないし、各所経年の傷も目立ってきています。
f0036857_015755.jpg

サービスはいつものJALビジネス、新聞、入国カード、歯ブラシやマスクなどのアメニティ配布、チーフの挨拶など卒はありません。
台湾人と思われるFAも、日本語がとても上手。
席はこの日エコノミーもビジネスも満席だったようです。
よくうちの奥さんの分、席が取れたものです。
f0036857_016011.jpg

この日見た映画は「シェフ」。
有名レストランのシェフだった男がオウナーと対立して、首に・・・。
次の仕事を探しにマイアミに出かけた時に絶品のキューバ風サンドイッチと出会います。
その美味しさを伝えるために彼はキューバ風サンドイッチの移動販売を開始、譲り受けたぼろぼろのフードトラックを改造して、マイアミ~オースチン~ニューオーリンズ~L.A.と旅をする・・・というストーリーです。
これが僕にはめっぽう面白かった・・・。
僕の好きなグルメもののストーリーに加えて、次々に出てくるアメリカの南部都市の風景、監督の好みなのかそこここにちりばめられた古いR&B。
アル・グリーンなんかの歌が流れてきたときにはもう僕は大興奮でした。
R&Bだけではなく、キューバン・ミュージックやC&W、ブラスバンドなどその町に合った音楽がたくさん出てきて、僕の3大好物、グルメに音楽にそして旅行、この3つがうまく展開するこの映画を僕が気に入らないはずがありません。
もちろん一般的な映画批評ではB級に位置付けられてしまう映画かもしれませんが・・・。



機内食は和食が「東北御膳」、洋食が「街の洋食屋さん」。
f0036857_0164667.jpg

夫婦ともに洋食のチョイスで、メインディッシュにはロールキャベツのグラタンとスパゲッティナポリタン、チキンのピカタ添え。
f0036857_0173313.jpg

前菜の箱にはカマンベール&コンテ・チーズ、ほっき貝と小ヤリイカのハーブマリネ、無花果とチキンのテリーヌ、ヴィシソワーズ、柚子釜カニサラダ風、軽く燻製↓サーモンとジェノバソース、鴨のロースト・粒マスタード白味噌風味、フルーツ盛り合わせが入っていました。。
その他水菜と大根のサラダに、パンはメゾンカイザーのもの。
デザートにはハーゲンダッツのアイスクリームという内容でした。
f0036857_0182684.jpg

台北までの飛行時間は3時間40分、食事をしたり映画を見たりしていると本当にあっという間です。
台湾到着時の気温は25度、時々雨も降っていたらしくどんよりした曇り空の松山空港でした。
f0036857_0193981.jpg

松山空港の国際線はコンパクトな作り、イミグレも何もかもがほぼ素通り状態、すべてに待ち時間なし。
前にも書きましたが、JAL99便の松山航空着陸が現地時間の午後8時40分(日本との時差1時間)。
f0036857_0203052.jpg

がらがらのイミグレーションを通過、とりあえず1万円分だけ両替、1元は約3.6円でした。
f0036857_0214159.jpg

タクシーに乗り、運転手にはあらかじめ書き留めておいたホテルの漢字名を見せ、タクシーはスムーズに発車。
これが午後8時55分でした。
f0036857_0222933.jpg

タクシーは約15分で僕らの泊る「グランドハイアット台北」に到着。
この時で午後9時10分、何と飛行機が着陸してから正味30分で宿泊ホテルの玄関まで到着です。
台北に行くならこれはもう松山空港発着便、少しくらい値段が高くても(僕らは特典券ですが)こちらを選ぶべきなのは自明の理ですね。
by shackinbaby | 2014-11-12 00:13 | 旅行 | Comments(6)
Commented by momo at 2014-11-12 11:26 x
「ロイヤルパークホテル・ザ羽田」のトランジット・ホテルのレビューありがとうございます。
さすがツボを外さないshackinbabyさんですね(笑)。

一度使うとここ松山空港の便利さにハマっちゃいますね。
Commented by Triomphe at 2014-11-12 20:40 x
今度は台北に行きたくなっちゃいました。
有給を工夫してみようかな♪
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 21:04
>momoさん
東京から台北行くには、羽田・松山線に限りますね。
もう僕は桃園は遠くて使う気になれません。
松山空港の国際線はまだまだ路線数、増やせると思うんですけど、どうなんでしょう。
いまは1日40便くらいなので・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 21:05
>Triompheさん
そういっていただけるのは旅行系のブログをやっているものには、最高に嬉しいです。
台北は日本各地から便数も多いし、LCCも飛んでます。
本当に美味しくて、楽しくて、安全なところなので、ぜひご計画ください。
10年前は考えられなかった高級ホテルも今は数が多く、エコノミーなホテルもいくつもあります。
レストランなんか選り取り見取りですよ~。
Commented by momo at 2014-11-12 22:58 x
松山空港は軍民共用空港です。
それと中心部に近いので騒音問題も抱えてます。
政府としてはキャパシティ、管制状況を考えると桃園空港から松山空港への路線移管には消極的ではないでしょうかね。
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 23:26
>momoさん
そうですか、確かにそうした点はありますね、なるほど。
僕の考えが浅かったです。
国際線再開時、結構貧弱だった空港内のファシリティもどんどんきれいに整備されたものになってきていますね。
大きさもコンパクトで、僕は気に入っています、松山空港。
名前
URL
削除用パスワード


<< ジェットスター機緊急着陸映像 ... 日本の高級ホテルを舞台にサイバ... >>