ジェットスター機緊急着陸映像 福岡発関空行き
ニュースではこの程度の配信でしたが

     http://www.asahi.com/articles/ASGCD4692GCDUTIL00X.html

さすが2014年、すぐに当該機に搭乗していた乗客による機内映像がyou tubeにアップされ、再生回数もすごいことになっています。



11月10日、福岡発関空行きのジェットスター機が、車輪がパンクしている恐れがあるとして、関空に緊急着陸時、強い衝撃に備える「安全姿勢」を乗客に指示、結局は無事着出来たという話なのですが、上記のリアルな映像から伝わる緊迫感は半端ないものでした。
20分にも上る映像で、緊急時のものですから画像は大きく乱れていますが、冷静な機長のアナウンス、これまた落ち着いて良く訓練されていると思われるFAのアナウンス、安全姿勢の説明、そして着陸時の「頭を下げて」の信じられないほどの連呼、彼らに安心を与えられたか取り乱すことのない乗客、画面上着陸がほとんど分からなかったスムーズな着陸、無事着陸に自然にわき上がる乗客の拍手、すかさず入るこれまた的確な機長のアナウンス・・・すごいです。
あぁ、でもすべてが上手くいって良かった!
この緊急時、機長とCA,本当に落ち着いていて、乗客の不安を最小限にするような必死の努力も感じられて、ジェットスターをこれで見直した感じです。
飛行機に多く乗るもの、この映像は一度見ておいても良いかもしれません。
by shackinbaby | 2014-11-13 00:12 | 旅行 | Comments(24)
Commented by bercy at 2014-11-12 21:49 x
こちら最近、メンテの欠航が結構あるみたいですから気持ち悪いですね。。。
Commented by momo at 2014-11-12 22:07 x
本当にパイロット、FAの皆さんが冷静に対応してますね。
気になったのはFAのアナウンスが日本語だけだったのは外国人乗客がいなかったのかも?
知り合いのFAは退職するまでこのような状況を経験しない人がほとんどだと言ってました。
それにしても保安要員の立場になった時のFAは普段とは真逆の話し方、毅然とした対応ですね。
FAの訓練ではサービス時と違って「腹からもっと声出して!」「声が小さい!」等など声が枯れるまでやらされるそうです(笑)。
私は普通の方よりも数多いフライトを経験していますが幸いにも「緊急時安全姿勢」を取るような事態には遭遇してません。
Commented by HK at 2014-11-12 22:19 x
離着陸時の電子機器使用の解禁に伴い、このような映像を目にする機会がこれから増えそうですね。
ジェットスターには年に2往復以上乗っていますが、このような場面に乗り合わせないことを祈るばかりです。
頻繁に飛行機にお乗りになるshackinbabyさんは、今までこのような場面に遭遇されたことはありますか?
Commented by ほまれ at 2014-11-12 23:15 x
デルタが硫黄島に緊急着陸とかもありましたし…ホント何も無くて良かったです。

乗務員的には訓練以上のイレギュラーが無かったので全てうまくいったのでしょうね。

私なんかはこの前CTS着陸直前の横揺れでさえもビビる訳でこういう事態の後は当分席を立てません(泣)
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 23:24
>bercyさん
ここの機材はすべて新しいものですよね。
何か問題点でも隠れているんでしょうか?それともたまたま?
今回のFAはきっと他社での経験豊富な人なんでしょう、すごく落ち着いていた、冷静・・・。
他のFAも良く息があって、最後まで大声で「頭を下げて・・・」を連呼していましたね。
滅多にない実戦での安全姿勢の徹底、僕は本当に良くやったと思っています。
ま、訓練以上の事態になると、どうなってたかは?ですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 23:25
>momoさん
おっ、出た、「知り合いのFA」情報(笑)。
もうmomoさん、「知り合い」が多過ぎです(笑)。
ちゃかしは置いといて、「知り合いのFAは退職するまでこのような状況を経験しない人がほとんどだと言ってました」はやはりそうなんですね。
それだけにいざという時に備えて、訓練は本当に超厳しく、骨の髄まで叩き込まれるんでしょう。
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 23:25
>HKさん
僕もmomoさんと同じく、幸いにして機内で安全姿勢を取るような状況は体験していないんです。
ジェットスターはこの映像のおかげで、一部の人にでしょうけど、株をあげたと思います。
Commented by shackinbaby at 2014-11-12 23:27
>ほまれさん
デルタ航空も大変でしたね。
日本を出国しているので、硫黄島には降りられないはず。
代替機が来るまで機内缶詰だったんでしょう。
どのくらい閉じ込められてたんでしょう。
食料は?水は?トイレは?
この機に乗っていた人の記録がネットにでもあればぜひ読んでみたいなんて、不謹慎にも思っちゃいました。
Commented by nagi at 2014-11-12 23:52 x
これは貴重な映像ですね。
やはりCAさんは基本保守要員だということがよく分かる映像でした。
http://www.aviationwire.jp/archives/49451
どうやらバード・ストライクで出た音がノーズギア付近から聞こえたため念のために関空に向かったみたいですね。
点検しても異常はなかったみたいです。
状況を考えて関空着陸したのは高評価です。


デルタの硫黄島着陸は9時間飛行機の中に閉じ込められたみたい。
エンジン交換が必要らしくエンジン運んで硫黄島で交換作業を行うニュースが流れてました。
http://www.aviationwire.jp/archives/49433

硫黄島の飛行機内で8.5h閉じ込められたら…辛いですね。
Commented by ほまれ at 2014-11-13 01:10 x
フライトレーダーでGK556のルートをみると徳島上空をくるっと2周(?)しているようで、完全に緊急着陸態勢を準備していたことがよくわかりますね。(Heip Pointさんのブログ記事を参照)

http://www.flightradar24.com/2014-11-10/12:45/12x/JJP556/
Commented at 2014-11-13 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さんだーばーど at 2014-11-13 08:56 x
恐怖のエマ訓で通らずやめちゃうひともいるとかいないとか。
これ見ると、braceは知っていたほうがよさそうな単語だなとしみじみ。
Commented by momo at 2014-11-13 10:26 x
「Brace Brace Head Down Grab Your Ankle!!」
海外での緊急着陸の様子です。

Wikipediaによると
客室乗務員は予め緊急事態を判別できるよう訓練を受けている(例えば離陸の様子がいつもと違っている等)。危険を察知した場合には「Bend over! Stay down! (体をかがめて、その場を動かないで!)」、「Brace for impact! Heads down! Stay down! (身構えて! 顔は下! 席を立たないで!)」、「Brace! Brace! Heads down! Grab your ankles! (構えて、構えて! 顔は下! 足首を握って!)」等と叫ぶ。
着地まで時間の余裕がある場合は、客室乗務員から乗客に向けて正しい姿勢のとり方を手短に説明する。着陸直前に、操縦室から予め決められた合図(「Brace for impact. (構えて)」などのアナウンスないしシートベルトサインを点滅させる等)が送られるので、それを受けた客室乗務員は乗客に「Brace, brace! Stay down! (構えて、構えて、席を立たないで!)」、「Get your heads down, stay down! (顔を下げて、そのままで!)」等と叫ぶ。これは飛行機が完全に停止するか緊急脱出の指示が出るまで続けられる。各航空会社とも独自の文言を定めている。

Commented by momo at 2014-11-13 12:05 x
さんだーばーどさんご指摘のエマ訓(Emergency訓練)とはFAが年一回必ず受けなければいけなくてこれに合格しないと乗務できません。
これが近づくと胃が痛くなるFAも珍しくないとか・・・(笑)。
緊急時対応なのでハイジャック、急病人発生、火災、緊急着陸等など盛り沢山だそうです。
パイロットも参加して合同で行われる訓練もあるそうです。
キムタクのドラマでこの訓練で足を怪我してパイロット生命の危機なんてのもありました。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:46
>nagiさん
これ、もともと関空行きなんじゃなかったかと・・・。
いずれにしても緊急時の体制の良く整ったところの方が安心ですよね。
デルタの硫黄島なんか、757-200の降りられるぎりぎりの、しかもパイロットにとって初めての、民間機はほとんど飛んでいない空港に緊急着陸ですからね、こっちも怖かったでしょう。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:47
>ほまれさん
おぉ、マニアックな分析!
ご紹介のサイトを見てきました。
LCCを中心にとてもきれいな、役に立ちそうなサイトでした。
ご紹介いただいて感謝です。
ジェットスターの激安チケットを取るためには・・・なんてところは真剣に読んじゃいました。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:47
>tyubaさん
おっしゃる通りですね。
そうでした、そうでした、あの時は横田にダイバートしたんですよね。
その次、横田にダイバートは2013年の大雪の時です。
ユナイテッドだったかな、そして翌日横田→成田を飛んだんですよね。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:48
>さんだーばーどさん
「エマ訓」って略すんですか(笑)。
保安要員として最大・最高の訓練でしょうから、あれだけはしっかりやっといてもらわないと・・・。
LCCなんかの新採用の人たちは、ああいう訓練、ちゃんとやってくれているんでしょうか。
他社経験のあるFAの多いジェットスターで良かったのかな、なんて思っちゃったりもします(言い過ぎ?)。
飛行機の中で「brace」という単語は聞きたくないです。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:48
>momoさん
解説いただいて有難うございます。
brace positionとかcrash positionという言葉は、まあたいていはいくら他言語中心の機内でもゼスチャーが伴うでしょうけど、覚えておいて良い旅行単語でしょうかね。
遭遇したくはないですけど・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-11-13 17:48
>momoさん
テレビで見たことのある訓練はなんか現実味のないおままごとのような感じもしましたけど、あれはテレビ用なのかな?
今回は訓練で想定内の状況ばかりだったから良いですが、これに更に何かイレギュラーなことでもプラスされれば、こんなに沈着冷静に行動出来たのか・・・。
僕らも指示に従いますから、FAもエマージェンシー対処方法には熟知しておいて欲しいです。
Commented by さんだーばーど at 2014-11-14 01:49 x
>shackinbabyさん
ハイ、そうやって略します(笑)内航の方からずーいぶん前に聴いているのでたぶん通じる業界用語かと(笑)

>momoさん
ほんとにどうしてなんでもご存知なんですか?(笑)
エマ訓、わたしの古巣は、着衣のままの水泳?みたいなのがあったみたいです。
Commented by momo at 2014-11-14 06:48 x
>さんだーばーどさん
エマ訓は日系エアライン共通の用語ですね。
海外エアラインではRecurrent Training。
お友達に各社のFAが多いので聞きかじりです・・・(笑)。
プロのさんだーばーどさんに比べたらお恥ずかしい限りの知識です(-_-;)
Commented by shackinbaby at 2014-11-14 12:55
>さんだーばーどさん
本当にmomoさんは物知りですよね。
その世界に「お友達」が多いそうです・・・と冷やかしておきます(笑)。
着衣で水泳?
そういうお国柄ですものね。
マンダリンオリエンタルの訓練にもそんなのがあったような・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-11-14 12:56
>momoさん
「Recurrent Training」は知りませんでした、勉強になります。
日系だけじゃなくて、外資の方にも「お友達」多そうですね・・・とまたまた冷やかしておきます(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< ゴールドパスポートのポイント購... 行きたかったから台北 (10)... >>