行きたかったから台北 (17) 「マンダリンオリエンタル台北」のプール・スパ・ビジネスセンター
「マンダリンオリエンタル台北」にチェックイン後、僕はホテル内の施設を見て回ります。
奥さんは・・・。
プールやフィットネス、スパはこのホテルの6階にあります。
プールはいつでも適温に暖められた温水プール。
f0036857_20354777.jpg

プール脇に見えるのは、ここがとても台北とは思えない景色。
もうこれはまるでヨーロッパですよね。
口悪く言うとテーマパーク?(笑)
f0036857_20571917.jpg

プール周囲はどこも本当にきれいに保たれています。
タオルの畳み方にもご注目を・・・。
f0036857_20373091.jpg

ただこれはプールサイドでくつろぐゲストがほとんどいないからで、混んできたりするとどうなるのかは分かりませんが・・・。
f0036857_204450100.jpg

プール・ボーイは日本語がペラペラ、前は日本人の多いホテルに働いていたので鍛えられたんだそうです。
f0036857_2046058.jpg

これもゲストが少なくて退屈していたからでしょうか、とにかく親切、サービスが濃かったです。
f0036857_20583274.jpg

少し泳げば「水温は大丈夫ですか?」と聞いてくるし、新しいタオルもどんどん持ってきてくれます。
f0036857_20594298.jpg

僕がカバナに寝転ぶと、新聞を進めてくれたり、冷たいおしぼりと何とマカロンのサービスまでありました。
f0036857_211175.jpg

このカバナといい、このホテルのデザイン感覚、ちょっと特別ですよね。
f0036857_212312.jpg

ここは真夏には取り合いになる席なんでしょう。
f0036857_21323.jpg

プールの奥を更に上に登って行くとチャペルがあります。
f0036857_21122462.jpg

その高いところから下を見たところ。
f0036857_21133078.jpg

この中庭風なところで、左側プールのある方がホテル、右側の方がレストラン、ショッピングアーケード、カンファレンスセンターなどパブリックな部分と、この建物が分かれているのがお分かりになるでしょうか。
宿泊者のプライバシーを守るポリシーはこのホテルでは徹底されていて、たとえばこんなドアでホテル部分とパブリック部分が隔たれている時には、ドアを開けるのにカードキーをセンサーに当てる必要があります。
f0036857_2148441.jpg

プールからちょうど対岸に見えるパブリック部分に立派なビジネスセンターもあります。
ゲストは30分まで無料でここを使うことが出来るとのことでしたが、実際には使い放題のようです。
コーヒーなどドリンクも無料。
深夜に使いたい時にもデューティマネージャーにこの部屋を開けてもらうことも出来ます。
f0036857_21142830.jpg

奥にこんなミーティングルームもあります。
f0036857_21151936.jpg

僕がプールやビジネスセンターで遊んでいる時に奥さんは?
f0036857_21163688.jpg

ここです、スパです。
パブリック・エリアからのドアとホテル側からのドア2つあります。
f0036857_21172167.jpg

こちらのホテル館内から行けるほうのドア横には「ジ・オリエンタル・クラブ」があります。
そう、このホテルのクラブラウンジは高層階ではなく、6階にあるのです。
f0036857_2118156.jpg

僕は奥さんをここまでエスコート、一緒にスパ・メニューを考えてあげてから、奥さんはセラピー・ルームに僕はプールにと分かれたのです。
彼女が受けたのは「シグネチャー・スパ・セラピー」という2時間のもので、奥さんの感想、「良かったよ~」とだけ。
奥さんにはブログは作れませんな、どう良いのかブログ的にはもう少し教えて欲しいんだけど・・・(笑)。
f0036857_2119311.jpg

by shackinbaby | 2014-11-19 00:22 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2014-11-18 23:32 x
>とにかく親切、サービスが濃かったです。
これは苦手な方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)。
Commented by HK at 2014-11-19 00:08 x
大きなプールですね。
寝転がって低空を飛び交う飛行機を眺めながら、物思いにふけってみたいです。
Commented by nagi at 2014-11-19 00:37 x
USD100のバウチャー貰ったので自分もスパを受けてみました。
スキルは流石でした。
ハードも素晴らしく文句なし…だと最高だったんですがw
連携不足でウェイティングルームで待ちぼうけたのは良い思いでです。

サウナもお風呂も空いてるし、ドリンクだけじゃなくドライフルーツもチョコもナッツも用意されているし。

でも、半年でここまで改善されるのは流石ですかね。
自分の時には日本語話せるスタッフに会いませんでしたし。

それでもスタッフはやる気に溢れていて一生懸命だったのでハードにソフトが追い付いてきたということですかね?
Commented by shackinbaby at 2014-11-19 12:36
>momoさん
あ、そうですね、そうも考えられますね。
でもあの濃さはゲストが少ない故でしょう。
夏のピーク時にあれじゃ大変過ぎますもの。
でも時によってサービスの質にムラがあるのも高級ホテルとしては△かもしれませんし、難しいですね。
Commented by shackinbaby at 2014-11-19 12:36
>HKさん
飛行機の騒音は大丈夫です、聞えません。
飛行ルートもこのホテルとは関係ないので、よほどの異変がない限りここの上空は飛ばないと思います。
音は別にして飛行機がもし低空で見られたら、それはそれで面白いでしょうが・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-11-19 12:36
>nagiさん
バウチャー良いな、US$100引けるとスパも行きやすくなりますね。
サウナは誰もいませんでしたけど、風呂ってありましたっけ?
僕の時はドライフルーツ、チョコ、ナッツは気が付きませんでした。
僕の見落としかもですが・・・。
ただあそこの刺繍入りガウンは素晴らしく高級だと思いました。
日本人スタッフはいないようですが、日本語の流暢な人は各所に配されていました。
「各所に配されていました」というより、僕らの時はたまたまだったのかなぁ。
Commented by キティジェット at 2014-11-19 21:20 x
「マカロンの提供」「刺繍入りガウン」 ちょっとしたところにも贅沢三昧なんですねえ。
お写真にある、白い鳥小屋風のあずまや(?) 台湾の女の子が、“ここで、ウェデングドレス着て写真撮りたい!”って思うんじゃないかと?
Commented by shackinbaby at 2014-11-19 21:26
>キティジェットさん
このホテルは細かいところに本当にお金をかけています。
ウェディングドレス写真の件は僕もそう思いました。
中国や香港、台湾、の人って野外でもなんでもえらくたくさんのウェディング写真撮りますものね、ここなどその最右翼だと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 行きたかったから台北 (18)... ヒルトンのオリジナル・ビデオの... >>