プライベートジェットあれこれ
僕は音楽ファンですが、興味の中心はアメリカ黒人音楽、つまりR&B,ブルーズ、ゴスペル、そしてジャズを少しです。
なので音楽ファンの大半を占めるロック・ファンとは話題の合うことは少ないのですが、先日そんな人と話していて、有名ロックグループ「U2」(「U2」位になれば、僕でも知っています、笑)のボーカルのボノがプライベートジェット機でドイツに移動中、飛行機のドアが外れて落下するというトラブルに見舞われたという話で盛り上がりました。
そんなことがありうるのか?と帰宅後ネットをチェックしてみると、この11月に本当に起こったんだそうです。
高度8000フィートで機体後部のドアが落下、荷物が飛ばされる事態になったと・・・。
幸いドアが落下した数分後に、ベルリンのシューネフェルト国際空港に着陸することができたため大事には至らなかったそうです。
で、ボノたちは機体後部で大きな音がしたことには気付いたそうなのですが、到着するまでドアが落下したことに気付かなかったとのことです。
ドアがちゃんと閉まってなかったんでしょうか?
気圧の問題があるので気が付かないなんてことはない・・・などと、その時はロック・ファンと大いに語ってしまいましたが、音楽系の記事は飛行機専門サイトではないので、それ以上詳しくは出ていなかったです。
で、プライベートジェット、国交省の調べによると(2013年)、成田と羽田のプライベートジェット(ビジネスジェット)発着回数は3087回で、年々増加をしていると・・・。
今では両空港ともプライベートジェット専用機専用ターミナルも出来ましたし、今後も増加の一途でしょう。
そこで気になったのが2007年だったかA380をプライベートジェットとして買っちゃったロシアの大富豪ロマン・アブラモビッチ氏のことです。
ご存知、英国サッカー・プレミアリーグの「チェルシー」のオーナーさん。
全長73メートル、最大840人の乗客を運ぶことができるA380をどんなふうに使っているんでしょう。
ドナルド・トランプ氏の757のように、機内の映像が公開されているんでしょうか。
調べ切れませんでした。

ちょっと風邪を引いたかな?
今日はこれでもう寝ます。
by shackinbaby | 2014-12-07 00:10 | 旅行 | Comments(32)
Commented by muchikopapa at 2014-12-06 23:07 x
お疲れ様でした。お大事に。
Commented by momo at 2014-12-07 09:42 x
風邪の具合はいかがですか?
栄養のあるもの召し上がってゆっくりお休みください。

アブラモビッチ氏はA380購入否定しているそうですが・・・。
機内の写真ありましたのでお知らせいたします。
http://kikumasa.blog.eonet.jp/default/2007/11/flying-palace-d.html
Commented by momo at 2014-12-07 09:52 x
成田空港プライベートジェット専用ターミナル「ビジネスアビエーションターミナル プレミアゲート」の記事がありました。
「1回につき25万円ほど使用料がかかる」そうですよ。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120410/1040402/

私は欧州ではLHのプライベートジェットを使うことがあります。
数人で使えば便利で時間を有効に使えます。
Commented by shackinbaby at 2014-12-07 11:41
>muchikopapaさん
ご心配いただいてすみません。
やっぱりちょっと変です。
いつもの元気が出ません。
今日は休みなので、朝から何もしないでごろごろしています。
たぶん明日には大丈夫でしょう。
Commented by shackinbaby at 2014-12-07 11:57
>momoさん
ありましたね、僕は急いでいたせいか、探しきれませんでした。
有難うございます。
やはり「プライベートジェットもここに極まれり」的な内装ですね。
僕の風邪の方はまだ真っ最中のようで、ずっとごろごろしています。
皆さんへのお返事も少しづつ書いています。
たぶん明日には大丈夫と思うのですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-12-07 11:57
>momoさん
ルフトハンザのビジネスジェットは人気のようですが、今はエミレーツやエティハドなどの中東勢がすごい勢いで伸びていると聞きました。
Commented at 2014-12-07 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-12-08 18:56
>tyubaさん
今日は仕事に出ましたが、もう帰ろうと思います。
皆より早帰り。
だいぶ良いのですが、食欲も出てきたし(笑)、今一つですかね。
tyubaさんのお体にご留意を!
Commented by Octpussy at 2014-12-08 21:50 x
momoさん
おお、momoさんはLHのプライベートジェットで欧州を飛び回っておられるのですね!?
スゴい!
乗り継ぎ時間は短めで、定期便が就航していないような地方空港へ行くのには便利でしょうね〜。
フランスとかは思わぬところに地方空港があったりして、そういうところに行けたらいいのに、とよく思っておりました。
まあ、観光じゃ無理ですかね。(笑)

プライベートジェットだと巡航中にちょっと操縦してみたくなりませんか??
Commented by momo at 2014-12-08 22:15 x
>Octpussyさん
そうなんですよ(笑)。
ただ操縦室にはご招待していただけます。
豪華さで言えばエミレーツ、エティハドに軍配が上がります。
http://www.emirates-executive.com/english/index.asp
Commented by Octpussy at 2014-12-09 04:32 x
momoさん
やはり操縦室へのご招待あるのですね!
内装の豪勢さより、コクピットビューが気になります。
911の前は外資系のエアラインならけっこうコクピットに入れてくれたものですが遠い過去となりましたね。

中東系のエアラインはまだ利用したことないですが整備のレベルはどうなのでしょう。
リスク管理のサイト見てるとビジネスジェットのトラブルはやはり多いので、整備レベルは重要ですよね。
Commented by shackinbaby at 2014-12-09 12:48
>Octpussyさん
そうはいっても何せ値段が値段ですからね、一部の人の、本当にほんの一部の人だけの交通手段ですよね。
Commented by shackinbaby at 2014-12-09 12:50
>momoさん
プライベートジェットですから、コックピットへは機長の許可さえあれば入れるでしょうし、機長も拒まないでしょう。
でも1~2度コックピットも体験しちゃうと、もうそれほどの感激は・・・かも。
Commented by shackinbaby at 2014-12-09 12:57
>Octpussyさん
911の後もまだ米系はコックピットに入れてくれる確率はゼロじゃないみたいですよ。
これも前に書いたかもしれませんが、「ヒルトン成田」の大浴場で某米系航空会社の機長にナンパされ(?、笑)、彼にバーでドリンクをおごってもらったうえ、何やらカードに自分の名前と僕の名前を書き、自分が乗る以外の飛行機でもこれを見せてコックピットに入れてもらいなさい・・・と言われました。
もちろん僕はこういう話には乗らない人なので、偽名を名乗っておき、そのカードはすぐに捨てました。
状況から彼は本当に機長だった可能性があるので、いまでもその会社は規制緩いみたいですよ。
それから中東系のビジネスジェットは最新鋭機で固められています。
エミレーツなど今やA380を世界中に33路線も飛ばしています。
整備レベルなども世界有数なんじゃないでしょうか。
Commented by momo at 2014-12-09 22:05 x
「鳥の機内持ち込み可能に?  独ルフトハンザ」
LHは中東のお金持ちのニーズをよく研究していますね。
鷹狩の鷹や隼を連れてプライベートジェットを利用することはあちらでは普通ですから。
私のUAEの友人のお屋敷にある鷹小屋なんて日本の普通の家よりも豪華です(笑)。
鷹一羽がベンツより高いこともありますしドバイには鷹の専門病院、鷹のパスポートもあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000043-jij_afp-bus_all
Commented at 2014-12-09 22:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 00:04
>momoさん
今はお金持ちが集団でいるのは中東ですからね、中東の要望は聞くしかないでしょう。
中国の超お金持ちは、プライベートジェットを使うイメージがありません。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 00:05
>さXだXばXどさん
僕の上記のささやかなケイケンからそう思っただけです。
他に確たる証拠があるわけじゃないです。
お話から、じゃ、さXだXばXどさんは、離陸から着陸までコックピットにいたの?
それはすごい体験でしたね。
夜の着陸は僕もコックピットから体験してみたいです、きれいだろうなぁ。
僕の友人で大昔タイ国際航空に勤務していた女性はそうやってタイに何度も行ったと言ってました。
別の某外資系航空会社勤務の男性の奥さんはスタンバイでやっと乗れたんだけど、何とずっと離着陸の時にクルーが使うシートに座らされてたとか・・・。
そんなことありうるんですか?
本当にあったとしてもその奥さんと向い合せになってた前列のお客と目線が大変ですよね。
奥さんはマンチェスターの実家まで帰ったはずだけど、旦那さんはスターアライアンスの人だから、スタアラのどこかのキャリアだったんでしょう。
Commented at 2014-12-10 00:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さんだーばーど at 2014-12-10 00:40 x
>クルーシート

あると思います。ジャンプシートも昔は使った会社はあると思います。
クルー用にブロックしてある席の開放のほうが難しいキャリアもあるかもしれないです。(ユニオンとのからみ)
わたしは乗ったことがないですが、貨物機の客席がいたれりつくせりで良いというのは何回か聞きました。
Commented by momo at 2014-12-10 01:15 x
>shackinbabyさん、さんだーばーどさん
私の知り合いの米国人パイロットから聞いた話です。
パイロットライセンス、IDを提示して直接キャプテンに話をすると他社の操縦室に便乗させてもらえることがあるそうです。
日系はダメだそうですが米国系は珍しくないそうです。
これって本当なんでしょうか?
Commented by momo at 2014-12-10 01:52 x
中国もプライベートジェットを使うのがお金持ちの流行りだそうですよ。
そのためパイロットが不足して香港のパイロット派遣会社から日系パイロットにも引き抜きのオファーがきてると・・・。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 12:27
>さんだーばーどさん
好きですよ~、こういう内輪話(笑)。
それって自社の便ですよね、でもそんな感じなんだぁ。
良いなぁ、それも役得の一つ?
でも「得」とは思わない人もいるでしょうけどね。
次回のタイトルも刺激的(笑)。
もう待てません、よろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 12:28
>さんだーばーどさん
友人に聞くと当時のTGはいろいろな点で緩かったそうです。
今から考えるととんでもないことがあったと・・・。
最近彼女とは連絡を取っていませんが、今度会うチャンスがあったら、また詳しく当時の話を聞いてみたいと思っています。
クルー用のブロックシートは友人の会社では解放されないと僕も聞きました。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 12:28
>momoさん
「他社の操縦室に便乗」、これはすごいですね。
どういうシチュエーションなんでしょう。
Commented by shackinbaby at 2014-12-10 12:29
>momoさん
中国の大富豪って、中東のお金持ちに比べて、コストパフォーマンスを気にするかなって感じがするんです。
ファーストクラス搭乗は絶対で、特別扱いはされたいけど、プライベートジェットのような莫大なお金まではかけたくない、僕の(勝手な)イメージはそんなです。
Commented by さんだーばーど at 2014-12-10 15:04 x
>momoさん
誰から聴いたかうろおぼえなのですが、今は、操縦士以外が操縦室に入るには日本便は事前申請許可がいるみたいなことをききました。
ニュースではタブレットでマニュアルを見るとありましたが、昔は、あのぶあつい地図みたいな滑走路の見取り図マニュアル?を見ていて、地図好きなわたしにはそれが結構高ポイントでした。
Commented by momo at 2014-12-10 18:20 x
>さんだーばーどさん、shackinbabyさん、
操縦室への便乗は米国でもパイロット以外はダメだそうです。
パイロット同士の連帯感?でしょうか断られることはあまりないと聞きました。
知り合いはプライベート旅行でも使うそうですよ。
まず搭乗したい便のキャプテンに直接会って操縦ライセンス、会社発行のIDを提示して便乗の許可を貰うそうです。
これはあくまでもパイロット同士の話で搭乗カウンターでは受付してもらえない。
彼曰く「米国では運行に関してはキャプテンが全権限、責任を負っている。キャプテンが便乗許可を出せば会社が拒否することはない。それだけキャプテンの地位が高い」だそうです。
日系エアライン関係者に聞いたところ「日系エアラインでは有り得ない。便乗させたら大問題になる」らしいです。
Commented by shackinbaby at 2014-12-11 00:10
>さんだーばーどさん
いまとなっては貴重な体験ですね。
そんな状況じゃ、いまは体験しようと思っても無理っぽいですね。
僕が成田で熊機長に誘惑された(?)のはもう6年くらい前ですが、あの話は本当だったのかなぁ。
Commented by shackinbaby at 2014-12-11 00:11
>momoさん
詳しく有難うございます。
お知り合いの方に聞いていただいたようで、お手数を取らせました。
感謝です。
キャプテンの地位は本当に高いようですね、飛行機では。
Commented by momo at 2014-12-11 18:59 x
何かと話題になっている大韓航空ですがプライベートジェットもやってるんですね。
実際は「お騒がせの会長一族」が使っていない時しか利用できない?なんて考えてしまいました。
Commented by shackinbaby at 2014-12-11 21:11
>momoさん
大韓航空はしばらく冷やかされっぱなしかも?
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... 来年には燃油サーチャージ・ゼロ... >>