世界で最も危険な航空会社10社
昨年末の話題でしたが、なかなか取り上げる機会がなくて、すっかり遅くなってしまいました。
アメリカの旅行サイトに発表された「Top 10 Most Dangerous Airlines」というランキングです。

     http://www.travelvivi.com/top-10-most-dangerous-airlines/

航空会社の事故件数、完了したフライトの総数をもとに算出した「世界で最も危険な航空会社10社」のトップに挙げられたのはキューバのクバーナ航空でした。
f0036857_138426.jpg

フライト数32万回のうち、事故件数は8、死者数404名とのことです。
2位以下は
中華航空
     完了フライト数91万、事故件数6、死者数763
★3位イラン航空
     完了フライト数97万、事故件数6、死者数708
★4位フィリピン航空
     完了フライト数118万、事故件数6、死者数107
★5位ケニア航空
     完了フライト数45万、事故件数2、死者数283
★6位エジプト航空
     完了フライト数107万、事故件数4、死者数402
★7位パキスタン国際航空
     完了フライト数143万、事故件数5、死者数440
★8位コロンビア・アビアンカ航空
     完了フライト数147万、事故件数4、死者数500
★9位タイ国際航空
     完了フライト数198万、事故件数4、死者数352
★10位ガルーダ・インドネシア航空
     完了フライト数200万、事故件数4、死者数431
となっていました。
クバーナ航空はキューバに行かないとなかなか乗るチャンスのないエアラインですが、あの有名な455便爆破事件は、僕もまだおぼろげにそれを伝えていたニュース映像を覚えています。
今ではフィリピン航空もガルーダ・インドネシア航空もEUに乗り入れられるようになりましたが、こうして数字だけ並べるランキングだと、まだベスト・テンに入ってしまうんですね。
来年の統計ではマレーシア航空がここに入ってしまうんでしょう、きっと。
年の初めに、今年こそ大きな航空事故が起こりませんよう祈るばかりです。
by shackinbaby | 2015-01-07 00:07 | 旅行 | Comments(14)
Commented by nagi at 2015-01-07 10:26 x
やはり中華航空強い!(違
いや、台湾のひとも落ちるからやだと言ってましたw

TGもまだ90年代747-400を椅子変えてとばしてたりして驚異です。
ずらーっと並んだギャレーが時代を感じさせて…落ちないかしらw
(流石にトラブル多くて遅延も多いみたいですが)
380にリプレイスするのかと思っていたんですけどね。

そういえば年末年始は6回も飛んだのに全部エアバスでした。
東南アジアでの330多くなりましたね。
Commented by momo at 2015-01-07 19:02 x
クバーナ航空はロシア製機体が主力ですから無理がかかっているのかもしれませんね。
オバマ大統領の制裁解除で技術的、資金的な支援も期待できます。
それと現在米国上空通過は禁止されていますがこれも解除されるかもしれません。

このランキング上位のエアラインは空軍との関係が強くパイロットも空軍出身者が主力です。
その辺りも影響しているかもしれませんね。
Commented by shackinbaby at 2015-01-07 23:22
>nagiさん
中華航空もいろいろありましたからね。
航空会社に限らず、悪い評判ってなかなか消えないです。
ここ10年の統計でやってくれよ、あの140便の名古屋の事故からもう20年以上たってるじゃないか、って中華航空側は言いそうですが。
でもあの数年後に676便も今の桃園空港に落ちたし、僕もあのころはこの会社はいくら安くても避けていましたね。
Commented by shackinbaby at 2015-01-07 23:24
>momoさん
保有機材を見てみるとエアバスもありますが、イリューシン、ツボレフ、アントノフ・・・とソ連~~ですね。
「空軍との関係が強くパイロットも空軍出身者が主力」はなるほど・・・。
Commented by hayate2011 at 2015-01-08 08:49
えーと、1位と4位以外は全て搭乗経験があり、なおかつ余命を保っている自分は、ラッキーと考えて良いのでしょうか?
チャイナエアラインは、4年に1回事故を起こしているイメージがありましたが、最近は平穏を保っています。
アライアンスに加盟すると、事故率低くなる傾向がありますので、身体検査厳しいんでしょうね(エアーインディアや今は亡きメキシカーナなど)。
Commented by shackinbaby at 2015-01-08 11:30
>hayate2011さん
おぉ、それはすごい。
フィリピン航空は乗ろうとすればすぐ乗れますから、ベスト10(?)制覇は、あとクバーナ航空だけですね。
僕個人でいえばイラン航空とかケニア航空はちょっとハードル高そうです。
大昔バックパッカーしてた頃にエジプト航空とパキスタン航空はお世話になりました。
「アライアンスに加盟すると、事故率低くなる傾向がありますので、身体検査厳しいんでしょうね」は実は僕もうすうす感じていました。
Commented by tyuba at 2015-01-08 12:01 x
フィリピン航空…以前、福岡支店長の方が「今日も(強制)送還の手続きで忙しかった…」と吐露されていたのを思い出しました。
此方に載っている他のエアライン、お国柄的な要因もあるのかしら?と思いました。
Commented by ホテラバ at 2015-01-08 17:16 x
AirlineRatingがWORLD'S 10 SAFEST AIRLINESを発表してますよ。エアニュージーランドがトップで、以下ブリティッシュエアウェイズ、キャセイ、エミレーツ、エティハド、エヴァ、フィンエアー、ルフトハンザ、シンガポール、カンタスが上位10位。注目はANAが去年の上位から落ちちゃったこと。
Commented by shackinbaby at 2015-01-08 21:29
>tyubaさん
あぁ、フィリピン航空はそれも大きな(?)仕事かもしれませんね。
よくそういうの、聞きますものね。
https://www.facebook.com/permalink.php?id=103167309721594&story_fbid=502876336417354
なんてところを読んだら、シンガポール航空も1便に10人なんてこともあると・・・。
ただ「一般的には流れ作業で折り返しの便で送還するだけの話です」とのことで、航空会社としてはそれほど手間はかからないんでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2015-01-08 21:31
>ホテラバさん
このサイトは権威あるようですね。
http://www.airlineratings.com/news/425/worlds-safest-airlines-for-2015
トップはカンタスなんですね。
ANAは残念でした。
去年の背面飛行とかが影響?
Commented at 2015-01-08 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さんだーばーど at 2015-01-08 23:44 x
ダスティン・ホフマンのレインマンで、
「カンタスじゃないと乗らない」
みたいなことを言うシーンがあって、それがあるから他の会社ではレインマンを機内上映しないとかなんとか聴いたことがあるように思います。
ええ、もちろん、カンガルー航空さんではヘビロテだったような気がします…(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-01-09 08:43
>tyubaさん
tyubaさんもお詳しいですね、いろいろなコネクションを持ちのようです。
Commented by shackinbaby at 2015-01-09 08:44
>さんだーばーどさん
「レインマン」にそんなセリフが出てくるんですか。
そりゃあカンタス、その映画は機内映画として永久上映だったりして(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 冬はどこでも寒かった (2) ... ホテルインターコンチネンタル東... >>