2015年初の国外は上海に (3) 上海外灘茂悦大酒店
ハイアットが2007年の6月、発展著しい上海の北外灘地区にオープンさせた「上海外灘茂悦大酒店」が僕の宿泊ホテルです。
日本語では「ハイアット・オン・ザ・バンド」。
f0036857_20225548.jpg

「外白渡橋」を北に越えてすぐ、「黄浦路」に建つツイン・タワーのホテルです。
イーストタワーとウェストタワーの2つのタワーの間は2階でスカイブリッジによって繋がれ、ロワー・ロビー階には川が流れているなんて設計です。
昼間なら自然光がたっぷり入るだろうガラスを多用した開放的でダイナミックな設計は、「グランドハイアット東京」や「パークハイアット北京」などハイアットのホテルを多く手掛けているデザイン会社「レメディオス・シエンベーダ」によるもの。
まだクリスマスの延長のようなディスプレイがロビーを飾っていましたが、特に違和感はありませんでした。
f0036857_20253286.jpg

レセプショニストの英語は素晴らしく、これはさすがにハイアット。
チェックインはスムーズで、僕の予約、「ハイアットデイリーレート」の1150元+(15%)にハイアットから4回分もらった「スイートアップグレード」1回分を組み合わせて、スイートルームに。
f0036857_2027754.jpg

ただここで問題が・・・。
アップグレードによるスイートは、スイートはスイートでも「バンドスイート」というタイプのスイート。
低層階のスイートなんです。
つまりこのホテルの売りである外灘のリバー・ビュー、歴史的建築物が点在する街並み、河を行き交う船舶、その向こうに輝く「東方明珠塔」や高層建築、上海が誇るこの珠玉の絵画のような景色が充分楽しめない部屋になる可能性があるんです。
「バンドリバースイート」というカテゴリーにすれば中層階以上になるらしいのですが、僕のアサインされた部屋は6階と・・・。
客室は3階からありますから、一番低くはありませんが、それにしても下の方です。
このことは日本のハイアットの予約センターでもいわれていて了解はしているのですが、物は試しと、レセプショニストと交渉してみます。
「もっと高い階の部屋は空いてない?」
残念ながらこの日はスイートは満室、チェックインも僕が最後だったのでもう他に部屋はないと・・・。
「スイートでなければ高層階のリバービューも空いていますが」とか、レセプショニストもそれなりに頑張ってはくれます。
彼も僕も粘ってみましたが、本当に駄目なものは駄目なようです。
僕は交渉で何とかなるんじゃないかと思ってましたが、撃沈。
「ハイアットルーム」の値段が1150元+の日は「バンドスイート」は3150元+、「バンドリバースイート」は4150元+です。
まぁ、「スイートアップグレード」の使い道としては悪くないとは思いましたが、6階じゃぁなぁ。
差額の1000元を払うから「リバースイート」にどう?とまで言ってみたのですが、レセプショニストの彼は困惑するばかり。
ま、この辺で止めましょう。
6階のスイートでOKです。
11時までやっている「バンドクラブ」というウェストタワー3階にあるクラブ・ラウンジが閉まる直前に寄ってコーヒーとクッキーをテイクアウト、ホテル内を案内してもらいながらイーストタワー6階にある僕のスイートに連れて行ってもらいます。
f0036857_20295599.jpg

通常はこのホテルは部屋までのエスコートはないようですが、僕には話し上手なインドネシアとドイツのハーフという女性が付いてきてくれました。
f0036857_20303917.jpg

エレベーターも部屋もすべてカードキーをセンサーにかざしてアクセスする方式です。
f0036857_2032441.jpg

スイートは建物の角部屋。
ドアが開けられます。
f0036857_21502073.jpg

おぉ、さすがに広そう、何でも80㎡はあるんだそうです。
後で昼間写した明るい部屋の写真を載せますので、夜の写真は参考までと思ってください。
f0036857_2151158.jpg

照明は暗め。
備品はどれもモダンさと質感が兼ね備わったもので、豪華とまではいきませんが悪くありません。
f0036857_21514692.jpg

スイートだけにゆったりしたソファ配置。
f0036857_21522581.jpg

窓際に置かれているテレビとの間隔もスイートならではです。
f0036857_2153545.jpg

カーテンはダブル、ブラインドの方は電動で動きます。
f0036857_21534969.jpg

カーテンをすべて開けると外灘の夜景が一面に・・・、確かに低層階ながらそうなのですが、この日は夜になるにつれて雲がどんどん濃くなってきているようで、この頃には視界がだいぶ悪くなってきています。
「東方明珠塔」だってかすんでいます。
f0036857_21542573.jpg

ということはもし僕が「バンドリバースイート」にダブルアップグレードされたとしても、景色は全然良くなかった、ぼんやり見えるだけだった?
それを知ると現金な僕、さっきまでのイライラがどんどん消えていきます。
もし空きがあって差額の1000元払って高層の部屋にしてもらったら、それこそもっとイライラしちゃったでしょう、これじゃ。
本当に個人旅は良いこともあったり悪いこともあったり、小さなジェットコースターみたいで本当に面白いです。
f0036857_2155966.jpg

スライドドアの向こうがベッドルーム。
f0036857_2156585.jpg

スイッチ類が数多く、慣れるまでちょっと時間がかかります。
ベッドルーム周囲はいつものハイアット。
f0036857_21572898.jpg

ベッド自体は標準より上、リネン類は標準、よく眠れるベッドでしたよ。
by shackinbaby | 2015-01-15 00:26 | 旅行 | Comments(2)
Commented at 2015-01-15 18:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2015-01-15 23:57
>UADLママさん
お帰りなさい。
僕もあと1日休めるのなら、バンコクも候補でした。
最近そのあと1日がどうにもならないんです(泣)。
フォーシーズンズの件はタイスキ2号さんに教えてもらいました。
あそこのオウナーはアナンタラをやっているので、いつかそうなるんだろうとは噂されていましたが、いよいよですね。
アナンタラのフラッグシップ・ホテルとするようです。
アイコンは豪華で大規模なものになるようですね。
名前だけ聞きかじっているだけで、僕は最新情報は全く知らないんです。
あぁ、行きたいなぁ。
その他思い出されたことがあれば、また教えてくださいね。
最新情報を有難うございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< スカイマーク、JAL・ANAと... コンラッド・ウォルドルフアスト... >>