2015年初の国外は上海に (13) 「iapm」(環貿広場)でランチ
上海2日目、といっても上海滞在は実質この日1日だけ、翌日は早朝から帰国便に乗ります。
明日午後には出来れば成田から仕事場に寄れれば、なんて思ってるんです。
f0036857_14375630.jpg

「ハイアット・オン・ザ・バンド」で朝食、ラウンジ、プールと過ごし、いよいよ上海の街に突入です。
今回はどこを見てみよう、そこで思いついたのが最新の上海、上海の繁栄ぶりの象徴のようなショッピングモール、「iapm」(環貿広場)です。
f0036857_1439416.jpg

場所は繁華街の「淮海中路」でもひときわにぎやかな「陝西南路」との交差点。
入っているショップやレストランも、中流以上の20~30代上海人の人気を徹底リサーチしたようなラインナップで、すごい数のショップやレストランが入っています。。
f0036857_14422387.jpg

1~2階はブランド・ショップのオン・パレード、プラダ、グッチ、ヴェルサーチ、ヴァレンティノ、ドルチェ&ガッバーナ・・・目がくらむようなハイ・ブランドばかりですが、更に驚くのはどの店も相当なお客の入りだということ、ものすごい消費行動です。
3~4階はカジュアル系ブランドショップとレストラン。
マリメッコ、手帳のモレスキン、無印良品・・・などお馴染みの名前が並んでいます。
レストランはもう最近どこにでもある感じの「鼎泰豊」が出ていました。
f0036857_14535277.jpg
f0036857_14544371.jpg

これは人気の広東料理店「稲香」。
f0036857_1505617.jpg

上海料理では「新吉士」もここに店を出しています。
f0036857_1534759.jpg

どこもデザイン的に最新で、僕の頭の中の中国というイメージは全くありません。
f0036857_14565993.jpg

5~6階にはやや高級めのレストランやシネマコンプレックスが入っています。
右はシンガポールのチリクラブで有名な「ジャンボ」、左はタイから「グレイハウンド・カフェ」。
f0036857_14574970.jpg

日本からは「銀座梅林」が出てますし、このアウトドア・テラスのある「BANG」は人気のカフェです。
f0036857_14584538.jpg

あ、「麺屋武蔵」もすごい人気ですね。
f0036857_1459479.jpg

今度は地下1~2階を見てみます。
ここには「シティスーパー」のようなスーパーマーケット、カジュアル・ファッション、飲食店、雑貨店、コスメの店などがぎっしり。
「ビームス」や「ポーター」などの日本ブランドもあるし、飲食に日本の影響が強いのには驚きました。
「一風堂」には行列が出来てましたし・・・
f0036857_14503643.jpg

この通路看板を見てください。
日本を思わせる店ばかりです。
f0036857_14525053.jpg

何?この日本の浸透ぶり。
これは今回僕が最も驚いたことの一つです。
あとシンガポールの店も多かったですね。
「オーフリー・チョコレート」、僕もシンガポールでお世話になりました。
f0036857_14511798.jpg

「トーストボックス」もありました。
f0036857_1452482.jpg

で、そろそろお昼、どこかでランチしようと目を付けたのが地下2階のこの店、「金牌外婆家」というレストラン。
理由はここが一番行列が出来ていたから、です
整理券まで配られています。
店頭には待ち時間に自由に使えるMacなどもありいつでも混雑していますが、受付は左側。
f0036857_1443611.jpg

ここのオネーさん達、英語が片言も駄目、とにかく食べたいをアピールすると本当は整理券を渡されて順番が来るまで待つらしいのですが、外国人ということで面倒だったのでしょう、すぐに案内されちゃいました。
後で聞くとこれは例外なんだそうです。
f0036857_144433.jpg

中は今風のモダンできれいな作り、杭州料理チェーン店「外婆家」の「金牌」、つまりアップグレード版レストランで、杭州料理をベースにした「おばあちゃんの味」がコンセプトの店。
僕が以前杭州に行った時に入った「外婆家」がすごく美味しかったのでここにしたということもあるんですが、果たして両者の関係は?
同じチェーン店?
ただ名前が同じだけ?
f0036857_1444571.jpg

中国語オンリーながら、メニューに印をつけてオーダー、何とかなります。
f0036857_1447085.jpg

まずは「糖醋小排」(32元)、豚スペアリブの甘酢煮、杭州料理の定番です。
f0036857_1448734.jpg

濃いこってり感が杭州っぽいです。
もう一品、「外婆老法虾仁」(58元)もオーダー、川エビ炒めでこれは辛い味付け。
f0036857_1449231.jpg

2品で90元、ご飯は2元でした。
f0036857_1449465.jpg

杭州で食べた時のような感激はなかったですが、ま、こんなものでしょうか。
もちろんこれで2人前でも良いくらいですが、それにしても最近の中国は物価が高い、日本人にはそう思えちゃいます。
「シティースーパー」で少し買い物をしてホテルに戻ります。
by shackinbaby | 2015-01-26 00:27 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2015-01-25 23:13 x
私の中の中国のイメージと全く違っていてビックリです。
お客さんの服装も小綺麗に見えますし、フロアも綺麗です。
写真だけ見て、香港や台湾と言われたら、信じてしまいそうです。
このショッピングモールだけ特別なのでしょうか。
それとも上海はどこもこんな感じ?
中国は一度も行ったことがないのですが、興味が出てきました。
行かず嫌い?はダメですね。
Commented by shackinbaby at 2015-01-26 08:15
>HKさん
ですよね~。
中国は、ここ10年で、特に大都市は劇的に変わった感はあります。
上海のここはその最新・最高系、他にも似たようなショッピングモールはいくつもありますが、ここが一番洗練(?)されているようです。
モール内にあると本当にここはどこ?香港?シンガポール?と思っちゃいますが、やはり全体に見るとファッションは少し野暮ったいし、人々の行動には中国っぽさは丸出しです。
でも日本の影響の強さにはびっくりで、巷間伝えられる日本への敵意なんてまるで感じません、むしろ逆。
日本=格好良い・・・が溢れています。
ただこれは上海のような超大都市にまだまだ限るのかもしれませんが。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... あまり良いオファーが無いなぁ >>