2015年初の国外は上海に (15) 「ヒルトン上海」にチェックイン
僕の新春上海弾丸2日目、午後2時に外灘の「ハイアット・オン・ザ・バンド」をチェックアウト。
今度はホテルを「ヒルトン上海」に変えます。
f0036857_0244799.jpg

上海のタクシーは使いやすく、値段も他の物価に比べれば安めです。
基本料金は14元(280円)、行き先さえ中国語できちんと書いてあれば(伝えられれば)、何の問題もなく、ぼられることも全くありません。
一度だけお釣りの1元だか2元を意図的に渡されない時もありましたが、ま、許容範囲です。
で、「ヒルトン上海」。
中国語で書くと「上海希爾頓酒店」ですが、ヒルトンは今では上海に2軒あるので、地名の「静安」を頭に付け、「上海静安希爾頓酒店」といった方が分かりやすいようです。
f0036857_0254056.jpg

場所は、上海の大動脈「延安中路」と、お洒落なバーやカフェが並ぶ「華山路」の交差点というなかなかのロケーション。
空港からのリムジンバス2号線(機場二線)が停車する「上海シティターミナル」(上海機場城市航駅楼)からは徒歩10分ほど、近くの名跡「静安寺」のすぐ横には地下鉄2号線「静安寺」駅もあるので、市内ならどこへもアクセスは楽です。
f0036857_0263033.jpg

ただ問題は「ハイアット」から来ると、この「ヒルトン」の全体的な古さはいかんともしがたく・・・。
何しろオープンが1989年と上海の外資系ホテルでは最老舗の一つに数えられるホテル。
もちろんリニューアルもしているようですが、モダンさはなく、ラグジャリーさもほどほど、スタッフのホスピタりティも英語の通用度はすごいものの、イマイチといったところでした。
ここを選んだのはちょっと失敗だったかも・・・。
選んだ理由はヒルトンのメンバーであるということと値段です。
普通にヒルトンのウェブから事前支払の料金ではありましたが、KING HILTON GUESTROOMが639元+、総額で796元、日本円に直すと16000円と低価格だったからです。
チェックイン時、当然のようにKING HILTON EXECUTIVE ROOM にアップグレード、でもパノラマルームやスイートへは無理のようでした。
ここはロビー奥の「アトリウムカフェ」。
朝食はエグゼクティブラウンジでも、ここでもOKと言われます
f0036857_0273949.jpg

このホテルは地下1階地上40階のホテル。
     40階   采雲軒会議室
     39階   バー「Penthouse Bar On 39」、レストラン(四川料理)「天府楼」
     38階   エグゼクティブラウンジ
     5~37階  客室
4階    スパ (ヘアサロン、室内プール、テニスコート、スカッシュコート、サウナ、スチームルーム、ジムを併設)、カフェレストラン「Spa Bar」
     3階   会議室
     2階   レストラン(広東料理)「Sui Yuan」、会議室
     1階   レセプション、ロビー、ビュッフェレストラン「Atrium Café」、レストラン(鉄板焼き、地中海料理)「Leonardo’s & Teppan Grill」、レストラン(寧波料理「People On The Water」、ラウンジ「Lobby Pavilion」、ボールルーム、ビジネスセンター、ギフトショップ、デリ
     地下1階   駐車場
という構成です。
f0036857_028326.jpg

館内の清掃・メンテナンスはまずまずで、金色を多く使った内装も悪くはないのでしょうが、どこか古臭く感じるところばかりです。
48階のエグゼクティブラウンジもしかりです。
f0036857_0295464.jpg

リニューアルはしているんでしょうが、天井も低く、すべてにあか抜けてません。
レセプショニストの男性はだらしなく椅子に座り、僕が行った時には何と彼の手元には囲碁の本のようなものが置かれていました。
ある時は大あくびをしているのを見た時もあります。
f0036857_0303962.jpg

英語はとても上手でやることは迅速にやってくれますが、こちらもにこっとしてしまう雰囲気ではありませんでした。
なおこのホテルでは部屋への、ラウンジへのアテンドは基本ありません。
f0036857_0312597.jpg

ラウンジはとても広く、ホテルの38階、ほぼ3方すべてがあてられています。
f0036857_0321378.jpg

色々なタイプの席があって、例えばこの辺りはバー・カウンターの近く。
f0036857_0331184.jpg

窓は大きく取られていて、窓際の席からは高いところから見る上海のシティビューが楽しめますが、この日の午後はこんな具合。
上海は本当にクリアによく見える日が少なそうです。
f0036857_047359.jpg

ラウンジのオープンは朝の6時半から夜の10時まで。
朝食が朝6時半から10時まで、アフタヌーンティーが昼3時から夕方6時まで、イブニングカクテルが夕方6時から夜の8時半までとなっています。
インターネット接続は無料、ここにもPCは2台置いてあり自由に使えます。
あと滞在中1回スーツのプレスが無料というサービスもあったはずです。
f0036857_039825.jpg

チェックイン時はちょうどアフタヌーンティーの時間、バフェ・テーブルにはスイーツがたくさん並んでいます。
f0036857_034996.jpg

サンドイッチも各種。
f0036857_03514.jpg
f0036857_0361245.jpg

フォッカッチャのサンドイッチがかなり美味しく、味見程度と思ったら、全部食べちゃってました。
駄目々、今夜は高級なレストランに行く予定です。
お腹をしっかり空かしておかなければ、
もちろんそのレストランの予約のリコンファームもお願いしておきます。
f0036857_0411793.jpg

by shackinbaby | 2015-01-28 00:07 | 旅行 | Comments(16)
Commented by HK at 2015-01-27 23:38 x
イブニングカクテルが遅めの時間なので、ディナーの予約時間を悩んでしまいそうです。
私の場合、レストランだけにしておけばいいのに、スルーは何だかもったいなくて、無理してラウンジも行ってしまうんですよね。
話は変わりますが、今日のセブパシフィック100円セール買いそびれました。
Commented by shackinbaby at 2015-01-27 23:52
>HKさん
そのお気持ちよ~く分かります。
me tooですよ、僕も同じです。
セブパシフィックはまた少し待てば同じようなことやりますよ。
僕は経験ないのですが、あの会社、ネットでの予約が少しはスムーズになったのでしょうか?
Commented by タイスキ2号 at 2015-01-28 00:08 x
中国のタクシーってこうして運転手はプラスチックの囲いで覆われてますよね。お金のやり取りとか不便だと思うんだけど。あれは防犯用なんですかね。
Commented by Octpussy at 2015-01-28 01:07 x
タイスキ2号さん
東莞のタクシーは、プラスチックどころか、檻のような鉄(アルミ?)格子で
がっしり守られてました。やはり防犯対策でしょうね。
Commented by shackinbaby at 2015-01-28 08:47
>タイスキ2号さん
あれは最初、日本との違いにびっくりしますよね。
聞くところによると、運転手が客から襲われないようにあれが出来たようです。
でも最近はあの囲いのない、つまり日本のと同じようなタクシーが、出てきたそうですよ。
僕はまだお目にかかってないですけど・・・。
Commented by shackinbaby at 2015-01-28 08:48
>Octpussyさん
僕は上海や北京、杭州くらいしか知らないのですが、どれも薄汚れたプラスチックの囲いだったような気がします。
そんな更に頑丈なのもあるんですね。
運転手はやはり現金を持っているから狙われるって発想からなんでしょうか。
Commented by Octpussy at 2015-01-28 20:37 x
駐在の人が言うには、東莞は中国各地から出稼ぎに来る人の多い街だそうで
地元民が少ない分、治安もそれなり、とか。
街をふらついてる人も十代とか若い人が多かった印象です。
やはりタクシーには現金がそれなりにあるから手っ取り早いのではないでしょうか。

鄭州では、現地採用の中国人も一緒に行動してたのですが、空港から市街地への
タクシーではメーターを全く使ってもらえませんでした。
乗る前に交渉で、現地中国人でもタジタジになってました。
その後で上海に入ったら天国に感じました。(笑)
Commented by momo at 2015-01-28 21:22 x
東莞は「世界の工場」である以外に「性都」としての顔を持っていました。
昨年2月の中央政府直々の性風俗取り締まりで毎年の成長率20%だったのが半減。
そんな東莞では愛人を住まわせていたマンションの借り手が無くなり価格が大暴落。
摘発による経済的損失は約500億元(約8350億円)に上るとみられるそうですよ。
地元政府、警察、党幹部を巻き込んで中国でもUntouchableだったんですが今後がある意味心配です(笑)。
Commented by shackinbaby at 2015-01-28 21:45
>Octpussyさん
東莞って僕は行ったことはなく、工場の多い町、風俗産業が盛んな町・・・くらいしかイメージがありません。
あと出稼ぎの若者が多くて、老人の少ない町なんてのも聞いたこともあります。
ハイアットもシェラトンもあるんですよね、ここ。
Commented by shackinbaby at 2015-01-28 21:46
>momoさん
僕も東莞は性都ってイメージです。
ネットで東莞を調べると、そんな情報ばかりでてきます。
Commented by HK at 2015-01-28 22:22 x
セブパシフィックですが、私もまだ未経験です。
12月定時運行率55.2%という表示とマニラの治安が不安で、少し躊躇してしまいました。
しかし、「Help Point」で見ましたが、マニラ経由でドバイ往復総額1万円以下は非常に魅力的です。
Commented by Octpussy at 2015-01-28 23:14 x
え〜、東莞って性都だったんですか!?
全然知りませんでした。
仕事の都合上、街の中心部にも行かずに終わりましたが、
駐在の人、その辺のことは何も語らずでしたね…。
性都といえばバンコクだとばかり思ってました。(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-01-29 00:16
>HKさん
セブパシフィックの乗継はちょっと怖い気がします。
それとマニラは今年僕はぜひ行こうと思ってますが、女性にはお勧めしない街の一つですね。
Commented by shackinbaby at 2015-01-29 00:17
>Octpussyさん
もちろん製造業の一大拠点なことは知ってますが、それより東莞とか珠海というと、「夜はお遊び」ってイメージです。
Commented by HK at 2015-01-30 20:25 x
マニラ旅行記楽しみにしています。
Commented by shackinbaby at 2015-01-30 22:16
>HKさん
行けるかどうかわかりませんけど・・・。
まだまだ予定の段階です。
名前
URL
削除用パスワード


<< 緊急速報 : スカイマーク破綻!! 首都圏のカレー専門店番付 >>