奥さんの札幌 (1) 雪まつり
奥さんの旅行先は札幌、一度「雪まつり」を生で見て見たかったと・・・。
僕はもうだいぶ前に一度見に行きましたが、とにかく混雑しているし、往復のフライト料金も宿泊代もかなり高騰するので、最近は「テレビで見れば良いやぁ」になってしまっています。
f0036857_18343425.jpg

でも奥さん曰く、「たぶんパパ(僕のこと)が見た時とは全然違うよ」と。
それはこうしたライティング、そしてプロジェクション・マッピングなどのために、ただ雪像を見るだけの昔とは大きく変わってしまってるということ・・・なるほど。
この大通会場4丁目に建つ今年の目玉雪像は「雪のスターウォーズ」、これも昔なら「大きいねぇ、すごいねぇ」だけだったでしょうが、上のようにライトアップされると、この像も何通りにも楽しめますね。
さすが現代。
f0036857_18353148.jpg

これは台湾の「行天宮」。
f0036857_1842183.jpg

これまたすごいスケールとディテールですね。
ステージではロックのライブ。
7丁目にはフィリピンはマニラの「マニラ大聖堂」、これはマニアックなところを雪像にしたものですね。
f0036857_18425152.jpg

8丁目には「春日大社・中門」が・・・。
f0036857_18433965.jpg

ほぼ実物大で、説明によると使用した雪の量は5トン・トラック400台分にも上るそうです。
そのプロジェクション・マッピングがこれ。
f0036857_1845531.jpg

この出来栄え、「雪のスターウォース」と共に陸上自衛隊の力作です。
f0036857_18471590.jpg

開拓長官の「黒田清隆の像」の向こうには、サザエさん一家のステージ。
f0036857_184881.jpg

(奥さん、「黒田清隆」の頭が切れてますぜ。それにサザエさんが白過ぎちゃって良く見えない・・・)
11丁目辺りは「国際広場」で、「国際雪像コンクール」出品作品が並んでいます。
これはポーランドのチームと・・・。
f0036857_18491893.jpg

この雪像の意味を一生懸命英語で説明してくれたそうです。
f0036857_18501820.jpg

「雪まつり」は想像以上に外国人客が多くて、時にアジア系の人は本当に多く、英語の説明にもかなりな人が聞き入っていたとのことです。
f0036857_18511413.jpg

あと目立ったのがタイ人、至る所でタイ語が聞こえたそうです。
タイが上述のコンクールに参加したということもあるんでしょうか。
f0036857_18521394.jpg

12丁目には市民手作りの雪像が並びます。
f0036857_18532071.jpg

日の当たり方でしょうか、もう少し融けて形が崩れているものもあります。
奥さんは特に印象に残ったのがこれ。
f0036857_18563279.jpg

大泉羊!(笑)。
あまり似てないですけど、このウィットは良いですね。
奥さんは??だったようですが、一番人気の雪像はこの「雪ミク」だったと・・・。
f0036857_18572312.jpg

つまり「初音ミク」の冬の北海道ヴァージョンなんだとか、それじゃ奥さんにはこの人気は分からなかったはずですよね。
彼女の感想。
「とにかく寒かった、特に手がかじかんで、カメラのシャッターが押しづらかった」
「足元がかなり凸凹で、滑りやすかった」(これには彼女の対策が役立ったそうです、それは後述)
「飲食店のブースが多かった」
「そのブースや雪像などが整然と並んでいるのではなく、ごちゃごちゃしている感じがした」
「警備員やボランティアの人は多く、混雑していたけれど、混乱はなかった」
by shackinbaby | 2015-02-11 00:33 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ほまれ at 2015-02-11 19:13 x
メインの大雪像は自衛隊がCADを使って設計しているそうです。
瓦なんかも木型で枠で固めてからなど、一般人ではできない
技術をもっています。

ちなみに崩壊しそうなものは事前に壊すのも最近のルールに
ありますね。
Commented by shackinbaby at 2015-02-11 21:41
>ほまれさん
女房曰く「あの大雪像はやっぱりすごいスケールだよ~。テレビで見るのとは違う」と。
壊れそうなのあった?と聞くと、「かなり溶けちゃってるのはいくつもあったよ」とのこと、せっかく作ってもそれじゃちょっと報われませんね。
日の当たり方、温度の他にも、作り方にも工夫が要るんでしょう。
このあと昼間の写真をアップします。
何か追加訂正点などありましたら、よろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒルトンの「ライフタイムダイア... オークラプレステージプノンペン >>