奥さんの札幌 (5) 「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」でランチ
奥さんが札幌で食べたもの、そのランチ編です。
f0036857_1602160.jpg

彼女がランチに選んだのは円山にある「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」、以前の「ル・バエレンタル」。
「ひらまつ」グループのフレンチのファイン・レストランです。
f0036857_13515666.jpg

「オーベルジュ・ド・リル」はフランス・アルザスの地で40年以上ミシュランの3星を維持しているオーベルジュ(宿泊設備を備えたレストラン)で、日本にはこの札幌の他、東京や名古屋にも店があります。
雨~霙という悪天候だったからでしょうか、予約の時間にタクシーで到着すると、中から傘を持った女性が登場し、店内までエスコートしてくれたそうです。
名前を名乗らずとも丁寧に「お待ち申し上げておりました、shackinbabyの奥様(本当は本名で)」と・・・。
店の外観はアルザス風。
「オーベルジュ・ド・リル」の本店と似ていますが、こちらはホテル部分はなく、その代わりにというか、ウェディングやイヴェント用のホールを完備しているそうです。
入って左はウェイティング・ルーム、そして奥には2階への階段が。
f0036857_1435531.jpg

中央はこんな感じ。
窓の向こうは中庭になっています。
f0036857_14175732.jpg

右に行くとダイニングルームに・・・。
f0036857_1419459.jpg

シャンデリアや暖炉も雰囲気出していますし、質感も悪くなく、なかなかのエントランスです。
f0036857_14202830.jpg

燕尾服のメートルドテルに導かれて部屋の奥に・・・。
f0036857_14214832.jpg

この階だけでもかなりな席数ありそうです。
それが奥さんのランチ時はほぼ満席と、結構値段の高い店なのにさすが繁盛店。
f0036857_1423661.jpg

接遇は柔らかさと節度のあるもので、週末のランチは3400円、6000円、8000円のコース、ウィークデイならリーズナブルな1800円というのがあるそうです。
f0036857_1425812.jpg

奥さんは真ん中の6000円のコースを。
f0036857_14261091.jpg

カトラリーはクリストーフルだったと・・・。
f0036857_1428957.jpg

ドリンクは季節のフルーツのジュース。
甘くない(しょっぱい)マドレーヌやパイがまず出てきて・・・
f0036857_14292397.jpg

アミューズはジャガイモのピューレにスモークしたミルクのフレーバー、そしてレンズ豆とサーモンという皿。
f0036857_14304276.jpg

奥さんの印象は「優しい味だけど、力強さを感じた」とのことでした。
パンはパヴェ、フランス語で石畳の意味の四角いパンで、パリの「ひらまつ」と同じものと・・・。
f0036857_1433362.jpg

バターは有塩。
「エシレっぽかった」と奥さんは言ってましたが、詳細は不明。
パンはかなり美味しかったそうです。
by shackinbaby | 2015-02-17 00:27 | 旅行 | Comments(2)
Commented by 奥様、 at 2015-02-17 10:22 x
北海道を一人で旅行されたのですね。
男性が出張ついでに一人で行くならわかりますが、女性一人で食事やお祭りに行っても楽しめるものなのですね。
Commented by shackinbaby at 2015-02-17 11:48
>奥様、さん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
我が家では最近夫婦揃って家を空けることが出来ないので、夫婦別々での一人旅(奥さんの方は女友達だったり、実家の誰かなどと一緒が多いです)がほとんどになっているという寂しい状態です。
とりあえずうちの奥さんは「楽しかったぁ」と、お土産片手に笑顔で帰ってきていました。
本心がどうだったかは?ですが・・・。
コメントをいただき感謝しています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< スカイマーク、オリックスが支援検討? 夢の蛇口?(笑) >>