スカイマークの負債は2000億超に?
スカイマークの最新ニュースです。
経営破綻したスカイマークの債権者が再生債権の金額と内訳を東京地方裁判所に届けたそうですが、エアバスや航空機リース会社などを合わせて総額は2000億を越したようだとのことです。これまで同社は負債総額の暫定額を約711億円としていたました。スカイマークは、負債の確定作業と並行して航空会社として支援を申し出たANAホールディングス、マレーシアのエアアジア、中国の海南航空を含む約20社から提案された支援内容を検討して、企業選定や共同事業の絞り込みを行い再建計画に反映させるとのことです。
やっぱり2000億以上でしたかぁ、JALに比べれば大した額じゃないけど、会社の規模が違いますからね。
あと海南航空も支援に申し出ていたんですね、これは知らなかった・・・。
by shackinbaby | 2015-03-20 00:10 | 旅行 | Comments(2)
Commented by Jun@SJC at 2015-03-20 04:25 x
エアバスは結局当初の違約金7億ドルをほぼそのまま申請したのですね。
A380のカタログ価格約3.5億ドルx2。
さて2000億が最終的にどういう形で落ち着くのか・・・
Commented by shackinbaby at 2015-03-20 12:05
>Junさん
メディアにより2500億程度とか3000億とかいろいろ書いてますね。
支援会社はその辺もよく調査しての申請だったんでしょうけど、実際にこういう数字が出てくると・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 4月オープンの成田空港第3ター... 「ヒルトン名古屋」のエグゼクテ... >>