お土産はカシウェアのブランケット
1999年、ロサンゼルスで創業されたカシウェア(KASHWERE)。
100%ポリエステル製らしいのですが、抜群の肌触り、まるでカシミアのようです。
最近ベビー用品を差し上げる機会にはたいていここのものを選びますし、我が家でもいろいろなところにカシウェア製品があります。
米倉涼子さんみたいに年間2000万円もこのブランドに使いはしませんが(これは本当の話?)、ブランケット、クッションカバーなどで愛用しています。
我が家的にはいつかはここのバスローブをと思っているのですが、あまりの値段の高さゆえに(本当は自宅でバスローブを着るような生活していない、笑)、ずっと憧れだけで終わっています。
JALの機内販売に、JALオリジナルの「カシウェア」製ブランケットがあったので、今回これをお土産としました。
今回、友人たちへは「森伊蔵」を買ったり宅配のマンゴを手配したりしましたが、家用にはこれといつものタイ風のナッツなど普通にスーパーで買える食料品いくつかだけ。
以前は小山薫堂・JAL特別企画「JALスカイ ビスポーク」として出ていたものが、今は普通に機内販売で買えます。
色は選べず、この色だけ。
こんな同じ素材で出来たポーチに入っています。
f0036857_16124144.jpg

真冬にはこれでは無理ですが、今くらいの時期のちょっと肌寒い時、ひざ掛けにも、肩掛けにもとても重宝します。
肌触りだけではなく、これ、かなり暖かいです。
畳んでポーチの中に入れると、ポーチは枕に変身もします。
f0036857_16134031.jpg

一度使うと離せなくなるちょっと麻薬的商品(?)というと言い過ぎでしょうが、とにかくこの肌触りはかなりなものでした。
毎日何かしらの形で愛用しています。
14400円のJALカード割引10%でした。
by shackinbaby | 2015-04-07 00:29 | 旅行 | Comments(2)
Commented by leroy at 2015-04-07 08:47 x
おはようございます。
カシウェアは私の憧れのブランド、カシウェアに包まれて朝起られたらなんていつも夢見ています。
ハワイなどでもお値段見てみるのですが、そこそこお高くて、ずっと憧れは憧れのままです。
色やデザインが選べないのは機内販売だからでしょうか。
免税価格だし、素敵なお土産だと思います。
Commented by shackinbaby at 2015-04-07 16:42 x
>leroyさん
カシウェアの肌触りは本当に良いですね。
僕が今回買ったのはトラベル・ブランケットでサイズが小さめですが、ダマスクのような2枚仕立てのブランケットは冬には手放せなくなります。
肌触りだけじゃなく、暖かいし・・・。
ベッド周りをカシウェアで固めると、ベッドにもぐりこむのが嬉しくなりますよ(言い過ぎかな?)。
leroyさんもぜひどこかでグッドプライスをゲットしてください。
名前
URL
削除用パスワード


<< 2015春・タイ弾丸 (13)... ANAの羽田・那覇線ギャラクシ... >>