天気最悪だった釜山 (6) チャガルチ→ナンポドン、ホットッも食べたよ
釜山はチャガルチの「新東亜市場」を出て「ナンポドン」(南浦洞)に向かおうとすると、近くに大きな建物が・・・。
宿泊施設まであるというこの建物は「チャガルチ市場」、「新東亜市場」に変わって2006年にオープンした「チャガルチ」を代表する水産市場とのことです。
「新東亜市場」と同じかもしれませんが、とりあえず入ってみます。
f0036857_1346039.jpg

中は通路も広く、「新東亜市場」より新しいだけあって清潔そう、きれいそうな印象。
f0036857_1347147.jpg

基本的なシステムはここも全く同じで、1階で買った鮮魚を上の食堂で調理してもらうことが出来ます。
f0036857_1350596.jpg

レストランにはそれぞれのメニューもあって、1階で魚を選ばなくても大丈夫です。
f0036857_1351657.jpg

片言の日本語をしゃべるアジュマ(おばちゃん)は多いです。
f0036857_1352662.jpg

どうもこういうメニューを見ても、刺身はコチュジャンで食べたり、海鮮鍋は一人では大きいし、焼き魚は臭いがtoo muchだし、どうにも注文する勇気が出ません。
ま、朝から寿司だの機内食だのいろいろ食べちゃってるからかもしれません。
それに僕、基本的に「魚<肉」派だし・・・。
f0036857_1353296.jpg

「チャガルチ市場」を出て地下鉄「ナンポドン」駅の方に向かって行っても相変わらず海鮮料理屋のオン・パレード。
中には鯨料理の店なんてのもありました。
韓国にもそんな店があるなんて、ちょっとびっくり。
いよいよ「ナンポドン」の方へ向かいます。
f0036857_1354778.jpg

「BIFF広場」(ビプクァンジャン)。
BIFFとは映画ファンにはお馴染みの「釜山国際映画」(Busan International Film Festival)の頭文字をとったもので、毎年秋にはこの通りにある映画館や特設会場で映画上映やイベントが行われるそうです。
この日は雨でそれほどでもなかったですが、普段は若者や観光客で賑わう繁華街。
f0036857_13553055.jpg

この辺りはスイーツやスナックの屋台が多いとのことでしたが、この日は土砂降りの雨、それでもこのホットッ(ホットク)やワッフルの屋台数軒は出ていました。
f0036857_1415923.jpg

ホットッはシナモン入りの黒砂糖をパン生地で包んで焼いた屋台スイーツの代表格。
ここ釜山のホットッは油ではなくマーガリンで揚げているようです。
多分それに少し塩を入れてますね。
f0036857_143015.jpg

それに大量のひまわりの種やピーナットなどのミックス・ナッツを乗せるのが、最近の釜山の流行なんだそうです。
一つ1000ウォン。
f0036857_1441283.jpg

うん、スイーツ好きの僕には口福ですね、これ。
甘さの中にわずかな塩気、種も食感が楽しく、合っています。
ナッツを乗せた状態の写真がなくて済みません。
傘をさしながら写真撮るのは難しかったんですよ。
冬の寒い時に食べたらこれは本当に最高でしょうね。
そうそう、同じ屋台でおでんも売ってました。
by shackinbaby | 2015-05-06 00:43 | 旅行 | Comments(12)
Commented by momo at 2015-05-05 12:51 x
鯨料理は意外でしょう~!
実は調査捕鯨をやってない韓国ですが日本の2倍以上も捕獲しているんです。
「他の魚を取る網に勝手に鯨が入った」と言う建前です(笑)。
因みに国際捕鯨委員会加盟国の韓国は「捕鯨国日本の調査捕鯨はケシカラン!」と反対の急先鋒です
Commented by Bon at 2015-05-05 14:38 x
たしか釜山の北東にある蔚山(現代財閥の城下町)は昔から捕鯨が盛んで鯨料理が名物です。蔚山出身の友人に私が補身湯食べたいというと物好きなと言いますが、鯨を食べたいと言えばニコニコしてましたね。
Commented by shackinbaby at 2015-05-05 18:24
>momoさん
はい、ものすごく不思議でした。
ハングルは読めないので、鯨の絵とか日本語で「くじら料理」と書いてあって、やっと了解した次第です。
そういう事情があったのですね。
よく分かりました。
こういう時、ブログをやってて良かったなぁと、詳しい方にいろいろお教えいただく、ブログの醍醐味の一つです。
有難うございました。
Commented by shackinbaby at 2015-05-05 18:25
>Bonさん
またまた知識を授けてくださって、もう皆さんに感謝感謝です。
そうなんですね、なるほど・・・。
僕はもうだいぶ前、ソウルでポシンタンを食べたことがあります。
その人は「夏だからポシンタン」とか言ってましたけど、あれは滋養強壮効果があるんでしょうか。
確かオリンピックで一挙に店が少なくなったんですよね。
Commented by ugteku at 2015-05-05 21:10 x
私も、この水産市場、行きましたよ。すごい活気でびっくりしました。2階には、確かに、 shackinbabyのおっしゃる通り、けっこうな数のアジュマがいました(汗) でも、とてもフレンドリーでよかったです。

ホットッは、ノーマークでした。
次に行ったときには、ぜひ、食べてみようと思っています!
Commented by shoji at 2015-05-05 22:17 x
あれー、気が付きませんでした、いつの間にかBIFF広場になっているのですね、PIFF広場かと思っていましたが、これもさっき書いたようにPusanという表記からBusanという表記に統一した際に広場の名前もBIFFに変えたようですね。発音はP(ピ)です(笑)

釜山のホットク(発音はパッチムのフ(ティグ)は発音しないのでクと書くのは正しくないのですが習慣でホットクと書いちゃいます、このあたりはケンチャナヨです)は、韓国で一番美味しいと思います。大好きです。
Commented by nagi at 2015-05-05 23:15 x
海外の海鮮モノってちょっと身構えちゃいますよねw
日本のパラノイヤ的な鮮度が当たり前だと。

肉より御衣貝類が好きなわたくし、色々挑戦してしまうんですが(^_^;;;
感動したのはやっぱりサンフランシスコで食べたクマモトオイスターかなー?
Commented by shackinbaby at 2015-05-05 23:44
>ugtekuさん
冬にホットッを食べると更に美味しい気が・・・。
釜山のはマーガリンで揚げています。
ヒマワリの種などと食べるのは、昔からではなく最近の流行だそうです。
もし行かれるのなら「スンギ・ホットッ」が有名のようですよ。
韓流スターのイ・スンギが美味しいといったというので、一躍有名になった屋台だそうです。
僕は大雨の中だったので、それを探さずに、とりあえず出ていた屋台で食べちゃいました。
Commented by shackinbaby at 2015-05-05 23:44
>shojiさん
あ、なるほど、shojiさんのこれまでの説明で「BIFF広場」の「B」も了解です。
英語表記のものはすべてBUSANに統一されたんですね。
ウェブを見るとたとえば「Paradise Hotel Pusan in Busan」なんて表記も出てくるのであれっと思いParadise Hotelのウェブを改めて見てみると、今はもうすべて「Paradise Hotel Busan」に統一されていました。
混乱期、混在期の表記がウェブにキャッシュとして残っていたんですね。
Commented by shackinbaby at 2015-05-05 23:45
>nagiさん
僕もサンフランシスコのスワンオイスターデポとかまた行ってみたいな。
nagiさん、今度はシドニーなどオーストラリアは?
シドニーは牡蠣も魚も美味しかったですよ(って肉>魚派の僕が言うんですから、ちょっとあやしいですが)。
Commented by Bon at 2015-05-06 12:35 x
はい、補身湯は精力強壮の為に食べるようです。詳しくは知りませんが、肉と一緒にエゴマ、ニラなどをたっぷり入れて煮込み、これまたエゴマたっぷり、にんにくたっぷりのコチュジャンだれでいただきますから栄養価は高いと思います。
オリンピックの際に西欧の価値観では「野蛮」ということで狗肉を出すお店の看板表通りから撤去されたそうですが、一本通りを入れば緑字(赤?)ハングルでその手のお店はいっぱいあります。私が行ったお店は明洞ロッテから徒歩3分、サムソン火災海上保険本社ビルの裏手にありまさにソウルのど真ん中にありました。コンシェルジュに聞けばいくらでも知っていますよ。
 あとほとんど観光客は行きませんが、ソウル市の南にある城南市(ソンナムシ)に牡丹市場(食用○の市場)があります。地下鉄8号線で牡丹(モラン)駅下車、徒歩で行けます。次回訪れてみては??
Commented by shackinbaby at 2015-05-06 17:38
>Bonさん
Bonさんは韓国もお詳しいですね、またまたお教えいただいて有難うございます。
今では食べたいとは思いませんが、当時は興味津々で・・・。
タイも初期の頃は虫とかイサーン料理の蟻とか、いろいろ冒険したものです。
最近ではラオスでタランチュラをと思いましたが、季節が合わなかったようで、出会えませんでした。
食用の犬肉はタランチュラとは同列に扱えませんが、僕の気持ち的には(ごめんなさい)肝試し的要素が強いです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 天気最悪だった釜山 (7) ラ... JAL「こいのぼりフライト」 >>