天気最悪だった釜山 (18) 海雲台海岸散歩道
「パークハイアット釜山」で朝食を食べた後はプールや大浴場でリラックス。
まだまだ時間はたっぷりあるので、朝の散歩と洒落こむことにしました。
f0036857_2032418.jpg

散歩?
どこへ?
「パークハイアット釜山」から歩いて30分くらいのところに広がる「海雲台海岸散歩道」がその候補です。
でも普通の道を30分はちょっと遠い、なのでそこは迷わずタクシーを・・・。
基本料金の2800ウォンで出発点としてちょうど良い「ウェスティン朝鮮釜山」まで5分で到着です。
ホテル前のこの道を左右どちらに行ってもOK(ここからは車進入禁止)、先で繋がっているのです。
僕はまず右の道に・・・。
f0036857_20335088.jpg

木々が生い茂り、緑の匂い、朝の匂いがはっきり分かり、確かに朝の散歩には絶好の道。
僕の他にも散歩をする人、ジョギングする人がかなりいます。
トイレなども完備しています。
5分ほど歩くと出てくるのが「APECヌリマルハウス」。
f0036857_2035635.jpg

もちろんここはかつてAPECが開かれたところ。
おぉ、海が見えてきました。
f0036857_20355951.jpg

何やら灯台のようなものがあり、展望台になっているようです。
f0036857_20381399.jpg

こんな韓国風東屋の展望台も・・・。
f0036857_2042253.jpg
f0036857_20433499.jpg

海が一望の下ですが、う~~ん残念、雨こそ降っていませんが、かなりどんよりした曇り空。
これが晴れた日なら・・・、あ、これはもう言わない約束でしたね(笑)。
f0036857_20442419.jpg

空と陸地と海がみんな同じようなグレー調に・・・。
f0036857_2045392.jpg

それでもこの展望台からは「広安大橋」が目の前です。
夜などもきっとライトアップがきれいに見えるでしょう(晴れたらですが、もうしつこ過ぎ?笑)。
f0036857_20463170.jpg
f0036857_20481182.jpg

反対側を見てみると、こちらには「海雲台ビーチ」が・・・。
f0036857_20491422.jpg

高層ビル群もかすんじゃっていますが、その高さはお分かりになるでしょう。
f0036857_20494976.jpg

このまま歩いて行けば「ウェスティン朝鮮釜山」の前まで一周することになりますが、ここで海の方に下りて、海岸散歩道を歩いてみます。
f0036857_20512015.jpg

かなり上下はしますが、よく整備されたウッド・デッキの散歩道がうねうねと続いています。
(もちろん「ウェスティン」方向から来ることも出来ます)
f0036857_20525871.jpg

潮風と木々の緑の香りを胸いっぱいに吸い込みながら、これは気持ち良い道です。
f0036857_2054398.jpg

階段の上下はハード過ぎないので、ご年配の方でも大丈夫です。
f0036857_20555573.jpg

何やら銅像が・・・。
f0036857_20572154.jpg

説明看板を見ると、韓国に残る人魚伝説(黄玉姫)のようなものの像のようです。
海方向から見る「海雲台ビーチ」。
f0036857_20582955.jpg

きれいなビーチですね。
あ、地図がありました。
この辺りは「冬柏公園」というようです。
f0036857_2101298.jpg

どうもこの看板辺りから僕とは逆方向に一周する方が普通だったみたいです。
f0036857_8492522.jpg

これは「ウェスティン」の真裏、このホテルはオン・ザ・ビーチなのです。
f0036857_8505879.jpg

また書いちゃいますが、これがもし天気の良い日だと、キラキラ光る海の美しさを十二分に堪能出来る、良い散歩道だったと思いますよ。
帰りのタクシーは「ウェスティン朝鮮釜山」からいくらでも乗れます。
by shackinbaby | 2015-05-13 00:12 | 旅行 | Comments(2)
Commented by muchikopapa at 2015-05-14 11:15 x
また、人魚伝説は韓国起源といいそうで。
Commented by shackinbaby at 2015-05-14 14:55
>muchikopapaさん
ははは、よく韓国は「XXの起源は韓国」って言ってますよね。
Wikipediaによると、韓国の人魚伝説は以下の様なもののようです。

浪奸(ナンガン) - 韓国・朝鮮に伝わる人魚伝説で、あるとき李鏡殊(イ・ジンスウ、이진수)という漁夫が、海上で美女に誘われ、龍宮へ行って一日を遊び、帰るときに、食すると不老長寿になるという高麗人参に似た土産(これを人参ではなく人魚と称する)をもらった。訝った李鏡殊はそのままにしておいたが、娘の浪奸がそれを食べてしまう。彼女は類い稀な変わらぬ美貌を得たが、数百年もの長寿を持て余し300歳を越えて山を彷徨い行方不明になったという(『韓国の民話と伝説(高句麗・ 百済編)』)。
名前
URL
削除用パスワード


<< ワンワールド・ユーザーのための... スターウッド・プラチナにチャレンジ? >>