サクッと香港 (1) キャセイパシフィックラウンジ@羽田空港国際線
前にもいくつかのところで書いたのですが、ゴールデンウィークの最後の数日に香港に行ってきました。
f0036857_21124159.jpg

その香港行きはひょんなことからたった10分でチケットを抑えたという衝動的なもの、最近は事前にあまり考え過ぎずに旅行先を決めている僕にしても、ほぼ最短の旅行決定でした。
f0036857_2113564.jpg

もともとゴールデンウィークの中頃にフィリピンのマニラに久しぶりに行ってみようと、JALの特典に申し込んでいたのです。
JALのマニラ線は最近767の、ビジネスクラスはフルフラットのスカイスイートになっている新仕様機(SS6)が入っているし、帰路は申込時ビジネスに空きがあったので、これはいずれ往路も落ちてくるだろうとタカをくくって、絶対行けると踏んでいたのですが・・・。
それが、往路がいつまでたっても落ちてこない。
f0036857_2115142.jpg

慌てた僕は往路のみエコノミーという旅程でもキャンセル待ちを入れましたが、旅行日1週間前という期限の日になっても駄目でした。
あ~~あ、駄目だったか、今年のゴールデンウィークはどう過ごそう・・・。
そう思っている時に、たにともさんやさんだーばーどさんなど当ブログの常連さん達から「羽田空港のキャセイパシフィック航空の新しいラウンジは良かったですよぉ」というコメントを次々に頂きました。
f0036857_21161743.jpg

キャセイかぁ、JALのマイルを使ってのキャセイパシフィック航空の特典航空券は何回かそれまでにシミュレーションしていたのですが、ゴールデンウィーク中の、特に羽田発などの便にはほとんど空きはありませんでした。
ま、もう一回見てみるかと検索してみると、じゃ~~~~ん、何と僕の希望する便に空きが出てるじゃないですか。
直前の放出ということでしょうか。
もうこうなると即クリックしかありません。
42000マイルで羽田発午後便で香港に、帰りは成田着早朝という僕の希望の旅程でビジネスクラスが瞬時に取れました。
思い立って10分での予約でした。
もちろんこの他に燃油サーチャージと諸税で9120円は必要。
キャセイパシフィック航空の特典券は、JALのマイルで4日前まで取れます。
今回の教訓は「特典航空券は直前の空席放出もある」でしょうか。
f0036857_21171922.jpg

何の前準備もしないまま、小さなボストンバッグ一つの僕は羽田空港国際線ターミナルに・・・。
ターミナルはゴールデンウィーク最後半とあって、もう出発する人は少なめ。
どこも驚くほど人が少なかったです。
f0036857_21181641.jpg

ま、もともと僕の乗るCX549便の出る午後4時40分辺りは出発便の少ない時間帯、キャセイのチェックイン・カウンターから近い北出国審査場はがらがら。
仕事の関係でお昼過ぎまでは仕事、なるべく早く新装なったキャセイパシフィックラウンジに行って、そのすべてを見届けようと思っていたのですが、そういう時に限って仕事がいつまでも終わらなかったりします(泣)。
f0036857_21192739.jpg

ラウンジは拡張された141~148番ゲートに行く途中、JALの「サクララウンジ・スカイビュー」のあるところの一つ上の階にあるはず。
この時間はクローズとは思いながら、JALの「スカイビュー」も覗いてみます(笑)。
やっぱり閉まっています。
f0036857_21203512.jpg

では・・・と最上階、6階に上がります。
おぉ、出ました、新しいキャセイのロゴの鮮やかに、キャセイパシフィックラウンジの登場です。
f0036857_21212421.jpg

この階にはこのラウンジだけ、もしこれからもこの階がキャセイのラウンジだけだったら、JALやANAよりすごい規模ということになります(もちろんJAL,NAは別に本格的なラウンジがありますが)。
f0036857_21222158.jpg

ビューローと呼ばれるレセプションから入るとすぐにラウンジが開け、実に様々なタイプの椅子が並び、自分の好みのところでくつろげるようになっています。
f0036857_21235713.jpg

僕がこのラウンジに着いたのは搭乗時間の1時間半くらい前。
ラウンジ内にはもうかなりな数のお客さんがくつろいでいます。
写真になるべく写り込まないように撮るのは、結構大変でした。
f0036857_21231092.jpg

なるべく人のいないところでパチパチと・・・。
f0036857_21342773.jpg

シャープなコンテンポラリティと温かみのあるレジデンシャルな雰囲気という相反する2つを上手く組み合わせたこのデザインは「スタジオイルゼ」の手になるもの。
ここが入って右に開ける一番人気(?)のエリアです。
f0036857_2125073.jpg

広く大きく取られた一面の窓からは羽田空港の景色が広がります。
f0036857_21255475.jpg

席と席との間隔も充分。
f0036857_21265176.jpg

最近のお約束、充電用コンセントも完備です。
f0036857_2127582.jpg

椅子はどれもたっぷり感があって座りやすいもの。
f0036857_21285896.jpg

お好きな席にどうぞ状態。
f0036857_2130540.jpg

新しいからまだどこもきれい・・・。
f0036857_21305970.jpg

カラー・スキームも良いですね。
f0036857_21321182.jpg

あれっ、この向こうのエリアは?
f0036857_2133785.jpg

あ、あっちが有名なヌードルバーか、後で行ってみよう。
その前にラウンジの方にある他の設備は・・・と。
まず、このバー・カウンター。
f0036857_21352594.jpg

愛想の良い女性が、好みのカクテルを作ってくれたりします。
f0036857_21363838.jpg

僕はフルーティーな、ちょっとだけラムを入れてもらったオリジナルというカクテルを・・・。
ちょっとした話も出来、良い雰囲気でしたよ、ここ。
もちろんPCコーナーもあって、ネットもサクサク繋がります。
Windows、MACだって選べますよ。
f0036857_21374180.jpg

じゃ、いよいよヌードルバーに行ってみましょうか。
もちろん、お昼は抜いてきてますからね、ここでしっかり食べる気充分です(笑)。

ということで、本当にさくっとたいした事前の準備もなく下着の替えを持っただけで出かけた香港のレポート、今回から始まります。
by shackinbaby | 2015-05-16 00:22 | 旅行 | Comments(12)
Commented by キテイジェット at 2015-05-16 00:12 x
「日本航空のFラウンジよりも良い!」 との評価(個人の感想です)を耳にしておりました。 成田のキャセイラウンジ名物?のアイスクリームやチャイのティーパックは羽田には有るんでしょうか??
Commented by たにとも at 2015-05-16 07:40 x
さすが、借金さん。細部までのレポート。大変によく見ていらっしゃいます。
解りやすいコメントと写真に感心しきりです。すごいなぁ。
Commented by shackinbaby at 2015-05-16 08:57
>キティジェットさん
何か忘れたと思ったら、キティジェットさんがおっしゃっていたチャイの存在ですね。
すみません、チェックし忘れました。
ハーゲンダッツはちゃんと3種類から選べました。
総合力ではまだJALのラウンジの方が上です。
あそこは本当にリキ入っています。
第一キャセイパシフィックのにはシャワー設備すらないんですもの。
参考までにこのラウンジの後にJALのラウンジの写真も載せますね。
Commented by shackinbaby at 2015-05-16 08:58
>たにともさん
Bonさんにご紹介いただき、たにともさんやさんだーばーどさんに刺激を受け・・・ですから、あまりラウンジのシートに座ることもなく、ぐるぐる回っては隅から隅まで見てきました。
トイレの写真まで一応撮ってあります(笑)。
本当に俺って何してるんだろうって思いながら・・・。
Commented by キテイジェット at 2015-05-16 09:27 x
“第一キャセイパシフィックのにはシャワー設備すらないんですもの。”
ああ、シャワーの有無は大きいですよね(特に男性にとっては)。
友人(女性)の「羽田のキャセイのラウンジの方がJLのFより良い」は、デザイン・雰囲気が彼女の個人的な好みって要素も大きいかと(あと、彼女はキャセイファン・・)。
ヌードルバーと、「置いてあるオードブル類が良かった」との感想でした。
キャセイの台北のラウンジ(あれ?成田も??)もそうだったと思いますが、「短距離路線用ラウンジ」と見做されている?キャセイのラウンジは、シャワーは作らないのかしら? (乗り継ぎのお客さんのシャワーニーズは黙殺?⇒ワンワールド資格者やJLコードシェア便のお客さんならシャワーはJLのラウンジで借りてってこと?)
張り切って?化粧してると、お風呂(シャワー)は寝る前にホテルで・・となって、「搭乗前のシャワーは、いい・・」と思えて(そのくせ、『トリートメントルームはこの時間帯は使えません』と言われると『きいいいい!』となる)

Commented by shackinbaby at 2015-05-16 10:40
>キティジェットさん
そうか、女性はお化粧のこともあるんで、僕等男性ほどシャワーを日中使わないか・・・、なるほど。
そういえばうちの奥さんも僕がラウンジのシャワー使っても、ラウンジで待ってますものね。
キャセイパシフィック航空のケータリングはホテル・オークラですが、品数は少ないものの、ヌードルバーの名に恥じない3種類の麺を提供しています。
味は悪くないです。
JALの方はたぶん3~40種はあるそれこそフル・バフェ状態なので、好きなものを好きなように食べることが出来ます。
飲食は総合するとCX<JLのような気がします。
インテリアなど雰囲気はほぼ同等で、これは好みかなぁ。
Commented by ugteku at 2015-05-16 15:59 x
思い立ったがなんとやら・・・の行動ですね。でも、確保には、えいやーの決断力が大切ですよね。

キャセイのラウンジ、話には聞いておりましたが、想像以上に良さそうなものでした。詳細、有難うございます。

弾丸を弾丸に見せぬ、旅行術、レポが楽しみです!
Commented by hayate2011 at 2015-05-16 16:53
HNDのCXラウンジは、F専用エリアやFラウンジありましたでしょうか?
LHRのラウンジみたいに、C/Fで区切ってくれると静かで良いのですが・・・。
シャンパンの画像もあれば、リクエストをお願いしても良いでしょうか?(笑)
最近QRもラウンジでのKRUG提供やめたり、VSもランソン⇒スパークリングに変更とアルコール好きには厳しくなりつつあります・・・。
よろしくお願いします。
Commented by shackinbaby at 2015-05-16 18:46
>ugtekuさん
今回は決めてから出発までに4日半の出発だったので、しかも慣れた街、全く何の準備もせずに出かけました。
お土産も何も買わず、あまりの軽装ぶりに、帰りの税関で「これだけですかぁ?」としばらくぶりにバッグを開けられ、靴底の検査までされちゃいました。
Commented by shackinbaby at 2015-05-16 18:48
>hayate2011さん
羽田はCとFの共用ラウンジで、F区画はなかったです。
でもとにかく客数に比して広いので、静かという点では静かでしたよ。
ここはアルコールはバー・カウンターで頼む形なので、写真は撮るとするとカウンター越しということになります。
シャンパンといえば、もちろん僕が詳しくないのはお許しいただくとして、香港のラウンジのシャンパン・バーのシャンパンがドゥーツでも「ブリュット・キュヴェ・ペニンシュラ」になっていましたよ。
「ザ・ペニンシュラ・ホテルズ」の公式シャンパン。
Commented by キテイジェット at 2015-05-16 21:27 x
そうすると、丸子金(キャセイファンの方々はマルコポーロクラブのゴールドをこう呼ぶらしく)=ワンワールド・エメラルド以上、キャセイのFクラスの方々は、日航Fラウンジへ・・・って方も多いのでしょうかね? 
FとCの混合ラウンジでこの雰囲気なら、普段Cのラウンジしか入れない私には♪です。(借金様の写真が素敵なだけ?)
Commented by shackinbaby at 2015-05-16 23:56
>キティジェットさん
ところが、この時JALのラウンジは全く無人でした。
次回(3)で取り上げます。
ちょうどこの時間は出発便の少ない時間帯なんですが、以前はCX549便搭乗者がJALラウンジにもいたのですが、この時はゼロ。
皆さん、今は全員キャセイ・ラウンジを使っているようです。
JALファーストクラスクラスラウンジ<キャセイパシフィックラウンジと考えられているのでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< サクッと香港 (2) 「キャセ... 羽田空港国際線ターミナルでの手... >>