サクッと香港 (6) 深夜の「文英街」食べ歩き~點點心
「ハイアットリージェンシー香港・尖沙咀」にチェックインしたのが午後10時前。
23階の「リージェンシークラブラウンジ」で一息入れ、今夜の作戦を練ります。
何しろ「サクッと香港」、何の予定も入れないで、ほとんど何も考えずに香港まで来ています。
この日はまずまずの天気、それなら夜景を堪能?
何処かのルーフトップ・バー?
それは前回、あるいは前々回に何軒も試しました。
やっぱり香港にいるんだし深夜のB級グルメかなぁと、いろいろPCを叩いてみます。
そこで浮かんできたのが「文英街」という通り。
f0036857_21465820.jpg

ここは深夜1時2時までほとんどの店が開いているというnight owl族には嬉しい通り、しかも値段の安いローカル店ばかりと・・・。
ラウンジのレセプションの女性に聞くと「あんなところ私は行かないわ」と超渋い顔。
これは相当ディープにローカルなところのよう。
f0036857_21475560.jpg

ロケーションを詳しく調べてみると住所は「佐敦」なのですが、エアポートエクスプレスの「九龍」駅に近いところです。
これはホテルから意外に近い、もしかすると歩いてだって行けるかも(30~40分?)。
もちろんそんな馬鹿なことはせずに、タクシーを利用します。
レセプションのオネーさんは「本当に行くの?」と飽きれ顔でしたが・・・。
「文英街」で下りてみると全然怪しくない(笑)、これは大丈夫です。
僕、東南アジアでもっと怪しいところ、一杯行ってますから。
確かに通りの両側には海鮮料理屋を中心に、飲食店がまだまだ盛業中です。
お客も結構いますが、中環や尖沙咀にいる人たちとは明らかに違う人たち。
そういう意味ではド・ローカルなエリア。
さぁ、どの店に・・・と歩いていると、あれっ、ここにも「點點心」がありました。
f0036857_21495468.jpg

安くて美味しい、そして深夜までずっと飲茶をやっている飲茶の専門店。
以前に行って大いにその味と値段に満足した店でした。
なので、ここにふらふらと・・・。
f0036857_21504346.jpg

なるべく同じ店は避けるようにしたいのですが、やはり香港=飲茶です。
もうここのシステムはよく分かっているので、テーブルの上のオーダー表に印と数を・・・。
お茶はわざわざ注文しなくても、自動的にポットで運ばれてきます(HK$3)。
つまりここはお茶では勝負していない店です。
f0036857_21514459.jpg

注文に広東語をしゃべる必要は全くなく、料理名さえ理解出来てスムーズに印を付ければ、周囲から好奇の目で見られることもなく、まるで自分がこの場に溶け込んでいるかように感じられると思います。
f0036857_2153732.jpg

まずは以前も食べて本当に美味しいと思った脆皮鮮蝦腸(HK$28)から。
f0036857_21542941.jpg

腸粉の中にサクサクに揚がった海老フライが入ってるんですよ。
ウスターソースで食べます。
ここの点心はこういう新しさはありますが、作り方は全然気をてらってないと思います。
すごく全うな点心。
これが深夜1時・2時までこの値段で食べられるんですから、ここは僕はお奨めの店ですね。
f0036857_21554875.jpg

次は蒸し物。
黒松露小龍包(HK$22)、トリュフ乗せという小龍包ですが、残念、ここのはトリュフがあまり香りませんでした。
以前食べた旺角の店は香るだけは香ってましたが・・・。
f0036857_2213453.jpg

甘いものも食べたかったので香港といえばパイナップル・パン、真係菠蘿包(HK$19)もオーダー。
f0036857_2223268.jpg

これも焼きたて熱々で運ばれてきます。
作り置きではありません。
日本のメロンパンの香港ヴァージョンです。
これらすべてでHK$69、日本円にして約1050円です。
充分2人分はありますからね、この3品で。
安い!
まだ何か食えるかも(笑)、このローカルなグルメ通りをもう少しぶらついてみます。
by shackinbaby | 2015-05-20 00:35 | 旅行 | Comments(6)
Commented by たにとも at 2015-05-20 07:27 x
一人でも気軽に入れそうなお店ですね。
以前の記事でも気になっていました。
私は気に入ると一滞在でも数回同じお店に行ってしまうので
>なるべく同じ店は避けるようにしたいのですが
とおっしゃる借金さんの食に対する探究心に頭が下がります。
あ~~飲茶行きたい❗
Commented by shackinbaby at 2015-05-20 08:42
>たにともさん
ここは一人で全然無問題です。
外国人には慣れていませんが、このオーダーの流れが分かっていれば、一言も広東語は要りません。
点心そのものは悪くないです、値段も安いし、1~2品のオーダーだってかまいません。
ただお茶は本当に味もそっけもない質感の少ないお茶です。
値段はHK$3、これは強制的にとられます。
Commented by HK at 2015-05-20 20:55 x
22時にチェックインしてから、土地勘のない場所へ食べに行くなんて、流石です。
私はシャワー浴びて寝る準備を始めてしまうので、少し反省しました
それにしても、ラウンジや機内食を食べた後にこれだけ食べられるのは完敗です(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-05-20 23:43
>HKさん
まだまだ食べたんですよ~(笑)。
Commented by hayate2011 at 2015-05-21 16:29
自分も、一年程前にshackinbabyさんがUPしてくださった記事を参考に、旺角店で飲茶して参りました。
欧米系の白人グループや地元の香港人の方々に混じって、一人飲茶しましたが、注文は英語とカタコトの広東語で簡単にできた記憶が・・・?!
特に、お勧めの脆皮鮮蝦腸が美味しかったですし、マーラーカオやシューマイなども美味しかったと記憶しています(ちょっと油っこかったですがw)。
香港大好きなので、次回の飲茶特集に期待しちゃいます(笑)。
いつも面白くかつ美味しい情報をご教示頂き感謝申し上げます。
Commented by shackinbaby at 2015-05-21 21:50
>hayate2011さん
旺角店の方が行きやすくて、繁華街にありますね。
マーラーカオはちゃんと「古法」とタイトルが付いてますからね、伝統的な作り方の自信作なんでしょう。
いずれにしても僕の記事が参考になったなんて嬉しいです。
翌日も飲茶しましたが、店としてはここと正反対、高級店での飲茶なのでお気にいっていただけるかどうか・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 羽田発着3路線の昼間就航で日中合意 エアアジアの50%割引キャンペーン >>