サクッと香港 (7) 深夜の「文英街」食べ歩き~重慶焼焼烤専門店
ディープな「文英街」を深夜うろついています。
思わず衝動的に入ってしまった「點點心」で夜飲茶。
まずまず満足して、またも「文英街」をうろうろ。
f0036857_22115829.jpg

この通りは海鮮料理店が多いです。
それも安そうな、絶対生簀なんかはないような・・・。
うまい!安い!早い!って感じかも、印象として。
深夜営業のタクシー運転手御用達なんて通りといってもいいかもしれません。
f0036857_22124928.jpg

こんな大きな店は少なく、小さな店が多いです。
f0036857_22134866.jpg

その中でひときわ活気があったのがこの店。
f0036857_22144544.jpg

「重慶焼焼烤専門店」という店で、近くにも似たような「重慶焼」の文字がいくつも並んでいます。
すべて系列店?
それに重慶焼って何?
f0036857_22155674.jpg

店の内外に貼られている感じから、重慶スタイルの焼き海鮮・焼き野菜屋のよう。
店頭にいた絶対英語が分からなそうなニーちゃんに「What's Chungking style?」とあえて聞いてみると、しばらく考えた後「spicy BBQ」と・・・。
あれ、英語分かるじゃん。
でもそれ以上の英語は無理でした。
spicy?
そういえば店内からは強烈な大蒜の匂いが漂ってきます。
f0036857_22165558.jpg

かなりガツ~~~ンと来る匂い。
飲茶とはまた別の香港らしい匂いです。
うん、ここで〆ていくか(笑)。
もうだいぶお腹はいっぱいですが、この匂いは堪りません。
メニューを見ると、これまたかなり安い。
f0036857_2218367.jpg

注文の仕方は「點點心」と同じです。
料理はあっという間に運ばれてきて、まずこれが芝士牛油焗海中蝦(HK$60)というもの。
f0036857_22185811.jpg

海老7尾(!)が塩、大蒜、クミンのようなスパイスで焼かれ、上からチーズをかけ、更に焼いてあります。
味は濃く、ビールのお好きな方なら、ビールが進むこと請け合いの味。
海老がもう少し質が良ければ高級店なんでしょうけど、7匹で900円ちょっとでは、この程度でしょうか。
f0036857_22194644.jpg

次は個人的にここの白眉、燒原條茄子(HK$26)、焼き茄子です。
この異常なまでの大蒜の量を見てください。
f0036857_22204563.jpg

これが本当にB級に旨い、塩味、葱の薬味も効いています。
ただしこの大蒜、歯をいくら磨いても翌日まで残っちゃいます。
f0036857_22214037.jpg

最後はアスパラガス、燒鮮露筍(HK$18)、
f0036857_22223980.jpg

これも味付け最高、味は濃いですが。
もう少し太いアスパラならと悔やまれますが、300円もしないのでは仕方ありません。
ま、ここは酒飲み用の店でしょうか?
大蒜にまみれたい方、ガツ~~~ンとくる味に浸りたい方、面白いチョイスかもしれませんよ、ここ。
少し出ればタクシーは簡単に拾えます。
ホテルの人がいう程には怪しいところに感じませんでした。
ということで僕のホテル帰室は午前2時前、日本時間だと午前3時前。
明日もあるのでこの日はこれにて終了に・・・。
by shackinbaby | 2015-05-21 00:05 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2015-05-21 00:20 x
サンミゲルのポスターもありますし、グループで行って居酒屋のように使えそうです。
焼き茄子に乗っているのは、生姜かと思ったら大蒜なんですね。
お皿においしいと書いてあるので、きっとおいしいのでしょう(笑)
お腹いっぱいなのに、1人で3品も頼んじゃうなんて(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-05-21 12:16
>HKさん
深夜のこの異常な食欲については、僕も書いててちょっと恥ずかしいです。
旅先ならではの興奮ということでご了解ください。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「食の軍師」、見てますか? アリタリア航空、エールフランス... >>