サクッと香港 (9) 太子~深水埗~石硤尾を歩く
「ハイアット リージェンシー香港・尖沙咀」の「リージェンシークラブラウンジ」で朝食を済ませ、いよいよ一日の始まり。
f0036857_14365443.jpg

ホテルの入っている「K-11」の上の方は、雲の中に入っちゃいそうです。
起きた時より天気は悪化傾向、雨が降ってきそうな気配です。
「K-11」は高さ261m、地下4階地上64階建ての尖沙咀一超高層建築、ホテルより上の高層部分は「ザ・マスターピース」という高級コンドミニアムになっています。。
f0036857_1438136.jpg

さて、僕がこの日行ってみたかったのは「香港らしさのまだ残っている場所」。
尖沙咀の近くで探すと、太子~深水埗~石硤尾辺りがそういうエリアのよう。
何の計画もなし、何の前準備もなし、ただだらだらと街歩きの開始です。
僕、本当にそういうのが好きなんですよ。
まずは尖沙咀から4駅目の「太子」(英語名は「プリンスエドワード」)で地下鉄(MTR)を下ります。
駅前こそ多少は賑やかですが、少し歩くと横道はもうこんな風に・・・。
f0036857_14393156.jpg

しめしめ良い感じだ(笑)、僕はこういう風景を期待してたんですよ。
汝州街、基隆街等をぶらぶらし、ごちゃごちゃある小さな店を冷やかし、今度は太い茘枝角道に出ます。
すると、おっ、あれは何だ?
f0036857_14404066.jpg

素晴らしく美しい建物、しかも歴史ありそうな・・・。
見ると「雷生春」という名前があるようです。
f0036857_14415786.jpg

うわぁ、これはレトロ香港ですねぇ。
雨もぽつぽつ降ってきているので、この屋根の下でタブレットを操作、ここについて調べてみます。
ところが何も出てこない、日本のサイトにも香港のサイトに・・・。
そうすると助けてくれる人がいるもんですね。
僕が道に迷ってるのかと思ったらしいスーツ姿の男性がとてもきれいな英語で声をかけてくれます。
僕が「この建物に興味があるんですが、調べても何も出てなくて・・・」というと、彼は「何~~んだ」という表情で、早口に「ここは築100年はたっていないけど、古い有名な建物。いまはキリスト教系の大学が持っていて、中国医学の研究に使ってるんだ」(もしかしたら僕の聞き取り間違いもあるかも)と。
なるほど・・・。
有難うございました、あの時声をかけてくれた男性。
f0036857_14431240.jpg

今度は茘枝角道を深水埗(シャムスイポ)の方に向かって歩きます。
雨は降ったり止んだり、傘を慌てて買う程でもありません。
それに香港の人は、あまり傘をさしません。
店の前は屋根のあることも多いです。
f0036857_14444925.jpg

下町中の下町、深水埗に近づくにつれて店の数と活気がどんどんすごいことになって行きます。
f0036857_14462735.jpg

ドリアンにタイ産の龍眼(ロンガン)。
f0036857_14473992.jpg

でも果物の隣に肉とは!
f0036857_1449347.jpg

街頭の点心売り、結構売れていました。
f0036857_14503047.jpg

ここまでくればいよいよ深水埗の本丸が近いはず。
北河街、桂林街辺りで、深水埗の地下鉄駅の方に曲がります。
f0036857_14515938.jpg

するともうそこは庶民の町丸出しの、僕の好きな光景が・・・。
f0036857_1454030.jpg

軒を連ねる店、店、店。
その店に負けず劣らす行き交う人の数。
すごい活気をびんびん感じます。
f0036857_14552714.jpg

お総菜屋に焼味の店。
f0036857_145646100.jpg

横道にも、香港らしい中層のアパートの前にびっしりと、この辺りは衣料品の屋台が・・・。
f0036857_1458673.jpg

あ、ここにもドリアン、香港では人気なのかな。
f0036857_14594232.jpg

値段は128~138/份とあります。
份は1人前という意味でしょうから、ドリアン1個の値段なんでしょう、日本円だと2000円以上になりますから、ドリアンは香港でも高価な果物ということに・・・。
ここは中華菓子屋。
f0036857_151099.jpg

もう本当にありとあらゆる店が軒を連ねています。
買う客の数もすごい・・・。
僕はこういうところ見て歩くの、最高に好きですね。
ほとんど買いはしませんが。
まだまだ歩きますよ~。
by shackinbaby | 2015-05-24 00:13 | 旅行 | Comments(12)
Commented by HK at 2015-05-23 20:25 x
私も街歩きが好きで、足が棒になるまで歩いちゃいます。
特に市場を偶然見つけたりすると、嬉しくなって足を止めてしまいます。
肉がぶら下げてあるのが、いかにも香港ですね。
香港は、露天売りでも不思議と不衛生さを感じません。
上環などのように熟食中心内に移転する方針のようで、この光景もそのうち見られなくなるのでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2015-05-23 21:43
>HKさん
上環以西も歩いて面白いところはたくさん残っていそうですが、尖沙咀からはこのエリアが至近です。
おっしゃられるようにこれらの店も次第になくなるか、大きな建物の中に整理されておしこめられちゃうんでしょうね。
Commented by nagi at 2015-05-23 22:27 x
いいですねー。
このような景色は大好物ですw
香港は特に活気があるので歩いていても面白いですしね。

富生春のカーブしたガラスがすごく印象的。
歩いてきてこのビルが現れたら絶対その場で検索すると思います、ぼくもw
Commented by shackinbaby at 2015-05-23 22:48
>nagiさん
この建物、ご存知でした?
「雷生春」で調べても、出てこなかったんですよ。
でも最近英語ではLui Seng Chunと読むだろうと検索していたら、出てきました!
http://en.wikipedia.org/wiki/Lui_Seng_Chun
1931年の建築だそうです。
もともとは雷氏のChinese bone-setting medicine shopだったそう、2階以上は住居と・・・。
中式骨接ぎ医とでも訳すんでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2015-05-23 22:53
>nagiさん
日本語サイトも見つかりました。
http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=4191#.VWCF1rkw_IU
香港のあの場では、この辺は全然検索できませんでした。
焦ってたのかな?
Commented by HK at 2015-05-23 23:09 x
google mapsのインドアビューで、雷生春の内部が見えますね。
近くの添好運點心專門店へは行ったことがありますが、こちらは知りませんでした。
Commented by nagi at 2015-05-23 23:47 x
実はお恥ずかしながらモンコックからプリンスエドワードまで散歩したことはあるんですがそこから先に行ったことがないんですよ。
なのでこのような建物も完全ノーマークでした。

香港の巨大なビルができる一方でこのような歴史的建物や下町の景色が見えるのは昔の中野坂上の裏側から新宿新都心をみるような不思議なデジャヴが…
Commented by タイスキ2号 at 2015-05-24 10:03 x
アジアの市場や露店は一見同じように見えても、香港は香港ってすぐわかる。中国本土とも違うし、台湾とも違う、まして東南アジアのは全然違う。どこか豊かさのある市場ですね。
Commented by shackinbaby at 2015-05-24 11:13
>HKさん
さらに調べていくと、ここは予約制の公開ツアーもあるんだそうです。
僕が行った時は営業時間だったはずですが、閉まっていました
公開とかツアーはとりあえあず形だけ?
ここのことを全く知らず、歩いていてこれに出くわしたときには、本当にびっくりでした。
Commented by shackinbaby at 2015-05-24 11:13
>nagiさん
普通はそうですよね。
女性でビーズとかに興味ある人は問屋や小売店が並んでいるので、深水埗はよく行かれるかもしれませんが。
「昔の中野坂上の裏側から新宿新都心をみるような不思議なデジャヴが・・・」は、初台→新中野と移り住んだ僕にはよく分かる感覚です。
Commented by shackinbaby at 2015-05-24 11:31
>タイスキ2号さん
ですよね~。
書かれている看板の文字だけじゃなくて,雰囲気が国々で違いますよね。
ごちゃごちゃした中にも、ここは空気が澄んでいる(変な表現かも)感じがしました。
Commented by shackinbaby at 2015-05-24 21:39
自己レスです。
何で「雷生春」の建物の下で検索しても何もでてこず、今になっていくつか出てきたか・・・。
その理由がやっと分かりました。
僕はたぶん現地では「雷生春」ではなく、「富生春」で検索していんだと思います。
つまり見間違え、字の読み間違えですね。
失礼いたしました。
でも、分かって、すっきりしたぁ。
名前
URL
削除用パスワード


<< サクッと香港 (10) 太子~... 「スカイオーベルジュBEDD(... >>