未来の飛行機トイレ
飛行機内のギャレーやトイレで圧倒的なシェアを誇る日本の「ジャムコ」(JAMCO)がハンブルグの「エアクラフト・インテリア・エクスポ」で発表したのが未来のトイレ「Lavatory X」です。

     http://www.jamco.co.jp/news/announcement/2743.html

f0036857_8531551.jpg

タッチレスや人感センサーなどの新技術を融合し、清潔でユニーク、かつ機能的にもインテリアとしても今までにない斬新さを追求したとのこと。
画像からはあまりに斬新でどこがどうなっているか分かりずらいですが、ウェブから見られる動画だと、クラス別に更に具体的にわかります。
ハイテク・トイレといえば日本のお家芸、きっと機内も将来はすごいことになるんでしょうね。
by shackinbaby | 2015-06-07 00:51 | 旅行 | Comments(6)
Commented by nyan at 2015-06-07 03:44 x
こんばんは。SPGへのステータスマッチ、興味ありありです。情報よろしくおねがいします。そういえば・・・パタヤもshackinbabyさんの真似しんごろーしました~因みに、3月のボラボラは、パタヤーオークランドータヒチーボラボラータヒチーオークランドーメルボルンーバンコクという行程でした。はい。お察しの通り、マイルで。全ビジネスはあり難いけれど、それにしても、飛行機に乗ってるばっかりの・・・しかも、タヒチからボラボラまでは、エアタヒチ5万もするのに、1泊しかできなかったという。。。あ~でも、メルボルンのパークハイアット、プレジデンシシャルスイートはすごかったです。一体、ナン部屋あるんだかって、会議室まであるし。ボラボラは、インターコンタラソに宿泊しました。
素晴らしいお部屋でしたが、朝食バフェに置かれた常温のマグロの刺身は。。。。
Commented by momo at 2015-06-07 09:29 x
JAMCOの製品はデザイン、機能性が優れていますね。
日本人らしい繊細な仕事が高い評価につながっていると思います。
特に現場で使う乗務員の評価が高いです。
Commented by muchikopapa at 2015-06-07 11:54 x
一瞬、手洗いが便器と思いました。
Commented by shackinbaby at 2015-06-07 17:54
>nyanさん
表立ってはステイタスマッチしていないと思うので、メールで他ホテル・プログラムでの実績アピールということになると思います。
まだ本当にどうするかは決めていませんが、ハイアットが辛いことは確かです。
もちろん僕のメインであるヒルトンは続けますが・・・。
それからその旅程、なんともすごいというか素晴らしいですが、パタヤ・オークランドという路線に興味ありです。
ウタパオからそんな線、飛んでましたっけ?
それからパークハイアットの部屋、まさかはじめからそこを予約なさったということもないでしょうし、アップグレードでそんな上級な部屋が使われるのは珍しいし、素晴らしい体験をなさいましたね。
うらやましいです。
Commented by shackinbaby at 2015-06-07 22:36
>momoさん
ギャレーといえばJAMCO製でしたが、今はトイレ部門も頑張ってシェアを伸ばしているみたいですね。
隠れた日本の有名会社です。
Commented by shackinbaby at 2015-06-07 22:37
>muchikopapaさん
確かに、これ、ちょっと分かりにくい写真ですよね。
斬新なんていうから、トイレがこういう感じで壁から出てくるのかと・・・そんなわけはないですよね(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< HISによる「一度は泊まりたい... SPG Sheraton Fr... >>