ファーストクラスでジャカルタ弾丸 (5) JAL725便ファーストクラス機内食
JAL725便ジャカルタ行きのファーストクラスに(アップグレードで)乗っています。
僕の席は2K、窓際の一人席です。
隣の席もこの程度には見えちゃいますが、座ってる人までは見えません。
f0036857_19542727.jpg

僕は「サロン」から「ロイヤル・ブルーティー・クイーンオブブルー」に替えます。
「お茶の宝石」ともいわれるこの究極のストレートティー、とても買って飲む気にはなりません(高い)。
でもこのブランドにはもっと高いのもありますが・・・。
ファーストクラスで飲めるお酒を書いておくと、シャンパンが「シャンパーニュ・サロン2002」の他に「ドゥーツ・キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ2002」、白ワインが「ムルソー・プルミエ・クリュ・レ・シャルム2013」、「ブリュンデルマイヤー・グリューナー・フェルトリーナー・アルテ・レーベン2012」、「ギュスターブ・ロレンツ・リースリング・グラン・クリュ・カンツェラーベルグ2007」、「アルガブランカ・ヴィニャル・イセハラ2011」、赤ワインが「シャトー・ダルマイヤック・ポイヤック2007」、「ヴージョ・プルミエ・クリュ・レ・プティ・ヴージョ2012」、「ケンゾーエステート紫鈴2012」、「クスダ・マーティンボロー・ピノ・ロワール2013」、日本酒は「飛露喜・純米大吟醸」、「醸し人九平次・純米大吟醸・彼の地」・・・と揃っています。
(ふぅ、書き写すの大変だった、酒って何でこんなに名前が長いの、笑)
f0036857_2051040.jpg

JALファーストクラスの和食はかの「龍吟」の山本征治シェフの手になるもの、これも実に美味しそうなのですが、今回はジョエル・ロブションのお弟子さん、「SUGALABO」の須賀洋介シェフによる洋食の方にしてみました。
エシレのバターや粒胡椒入りの塩、オーリーブオイルなどファーストクラス洋食のいつものセッティング。
まずアミューズに「北海道産毛ガニ、酸味を利かせたトマトとアヴォカドのフォンダン」が出てきました
f0036857_2011245.jpg

毛ガニの方はエスニックな風味もあって、さわやかで味わい深いフォンダンと共にいうことなし、美味しかったです。
f0036857_20133228.jpg

籠に盛られたパンも盛りだくさんでいかにもファーストクラス。
f0036857_20151848.jpg

ライフィセル、白ワインのパン、エクメック、ハーブのパン・・・。
「メゾンカイザー」製のパンも入っているようです。
f0036857_2016442.jpg

アペタイザーは3種類からの選択。
キャビアか、鮪か、この牛頬肉か・・・。
f0036857_20165123.jpg

「牛頬肉の冷製、山椒風味の人参ピュレ、ゆるいコンソメジュレ」というのが正式の料理名。
これもジュレの味が良く、ホロホロに崩れる牛肉と、山椒など複雑なスパイスも効いて、夏向きの〇な皿でした。
メインも3種類からの選択。
和牛か、村越シャムロックか、この「オマール海老、アーティチョークとトリュフのバリグール」か・・・。
f0036857_2018227.jpg

バリグールとはフォアグラやキノコなどをアーティチョークの花芯に詰めた料理をいいます。
これはさすがにメインの皿、オマール海老がこの状態で機内で食べられるとは・・・の一皿で、白トリュフもやや香りは薄いもののこうしてここで食べられるとは・・・。
f0036857_20192464.jpg

これも〇といっても良いでしょう。
ちなみにMAGIC Vですから[、コントローラーにこういう画面もありますが、これは機能していないようでした。
f0036857_20202177.jpg

チーズの取り合わせ。
f0036857_20205985.jpg

ブルーチーズが一番美味しく、ラベンダーの蜂蜜との相性もピッタリです。
アーモンド、マンゴ、チャツネなど付けわせもどれも良く考えられています。
チーズを食べながら、ふと、キャビアと一緒に食べてみたい・・・と。
そこで聞いてみます。
「もしまだキャビアが余っていたら、ください」
f0036857_20221684.jpg

「もちろんでございます、まだご用意がございます」とすぐに運んできてくれたのが、アペタイザーでも出されるキャビア。
f0036857_20235672.jpg

滑らかなエッグミモザとマセドワーヌサラダと一緒に、瓶で出てきます。
f0036857_2026661.jpg

マセドワーヌサラダとはジャガイモやニンジンなど数種の野菜をさいの目切りにして混ぜ たサラダのこと。
須賀シェフはキャビアをこれを一緒に食べるスタイルを推奨しているということでしたが、僕には良さがちょっと・・・。
デザートは「ココナツと南国フルーツのクープ、香草のソルベとシャトルリューズのサバイヨン」。
f0036857_20273185.jpg

これも夏っぽくて、複雑な味のハーモニーが舌に心地良く、口福でしたよ~。
by shackinbaby | 2015-06-20 00:32 | 旅行 | Comments(16)
Commented by nagi at 2015-06-20 01:00 x
きゃー!
この時間に見てしまった…
Commented by moldvan at 2015-06-20 02:08
うわぁ〜
いいな、いいな〜。
目の毒です。
キャビアを後からでもしっかり追加。
素晴らしい(笑)
Commented by momo at 2015-06-20 09:53 x
須賀洋介シェフのメニューはお気に召したようですね。
写真だけでも美味しさが伝わってきました。
シェフの交代には色々あったようですが結果的には成功でしょうかね。
Commented by shackinbaby at 2015-06-20 12:31
>nagiさん
ですよね~、夜にこれを見ちゃうと・・・。
失礼しました。
ピントのあってない写真もあって、お見苦しい点、お許しください。
この時飛行機が揺れたのかな?
Commented by shackinbaby at 2015-06-20 12:31
>moldvanさん
今は飛行機の中でこういうのが食べられるんですからね、すごいです。
アルコール好きな方には、名酒も揃ってますし。
キャビアといってもベルーガじゃないし質がね~とちょっと贅沢を。
もし良かったら目の保養に伊勢丹の「キャビアハウス&プルニエ・シーフードバー」に行ってみて。
僕が行った時は1缶100万円なんてのもありましたよ。
場所はひどいところにあるけど。
Commented by shackinbaby at 2015-06-20 12:32
>momoさん
和食の方もメニュー名からはとても美味しそうだったんですが、須賀シェフの方にしてみました。
どのくらいの積み込みなのか分かりませんが、チーフに聞いたところこの日は洋食を選ぶ人が多かったそうです。
Commented by moldvan at 2015-06-21 01:40
キャビアハウス&プルニエ・シーフードバー」。
分かります、お客さんが1人もいないと超気が引けます。
周囲は生鮮食品売り場だしね。

作年末に除いたら、時期がら、激混みでお客様は中国の方でした。

ベルーガはお高くなってるから厳しいかな〜
でもオシェトラでいいから食べたい〜
国産養殖にエールを送ります。
Commented by キテイジェット at 2015-06-21 09:58 x
偶にしかFに乗れない上に、ほとんど飲み食いできないので今頃きがついましたが・・・
紅茶のポット。。。。多くの食器類を新しくしている中で、随分長い間同じのを大切にJALさんは使っているんですねえ。
Commented by shackinbaby at 2015-06-21 15:31
>moldvanさん
そうなんですよね、あそこ、ちょっと面白いというか変な場所にあるんです。
僕は買ってまでして食べたいとは思いませんが(高いから、笑)、こうして出てくるとついつい・・・。
帰りはいくらキャビア丼にして食いました。
Commented by shackinbaby at 2015-06-21 15:40
>キティジェットさん
そうですね、そういえば、この形、このデザイン、もう長く続いている感じです。
飛行機にしてもホテルにしてもレストランにしても、とりあえず使う食器の何倍くらいをストックしておくのでしょうね。
紅茶のポットを現在1日当たり50個使ってるとしたら、購入するときはその10倍くらいの500個くらい?
Commented by TOROZO at 2015-06-21 23:24 x
私が昨夏乗ったNY線でも、私が「ノーアルコール」と分かると
ロイヤル・ブルーティーを勧められて、何度も注がれて嫌というほど
飲まされました^^;

またその時から「エシレ」のバターに嵌まり、わざわざ丸の内まで買いに行ってます。
Commented by shackinbaby at 2015-06-22 10:58
>TOROZOさん
エシレのバターは本当に旨いです。
丸の内の「エシレ・メゾン・デュ・ブール」は世界唯一のエシレ専門店なんですよ。
フランスにもないんです。
あそこに行くとついつい何でも欲しくなってしまいますが、お値段が・・・。
トホホ状態で店を出ることしきりです。
Commented by UADLママ at 2015-06-22 13:08 x
機内食でのキャビア、UAのファーストで食べてからもうずいぶんお目にかかっていません。
JALのお食事、やはり良いですねぇ。
ティーポットの中の茶葉が気になっています。
私もエシレにはまっている一人です。
Commented by shackinbaby at 2015-06-22 17:48 x
>UADLママさん
米系よりは良いと思いますよ、シンガポール航空や中東系エアラインと較べるとビミョーですが、味付けは日本人にピッタリです。
和食を選べば、当然のことながら世界一です。
JALファーストクラスの紅茶は「マリアージュ・フレール」、確か5~6種類の中から選べたと思います。
Commented by hayate2011 at 2015-08-28 18:55
亀レス相済みません。
Trickルートではありませんが、JLのFでJFK-NRT-CGKを乗継しました。
私は借金さんやmoldvanさんほどグルメではありませんが、CGK線のキャビアの食べ方は自分には合いませんでした。

キャビア好きの自分としては、JFK線のようなオーソドックスな食べ方(ブリニ/レモン/オニオン/エッグ)が好みでしたが・・・。
一方で、エミレーツはイラン産及び最高級のベルーガを出してくれまして、苦手なウオッカと一緒に半強制的に食べさせられました(苦笑)。
また、ANAは「コンディメントを挟んだスモークサーモン」と一緒に食べるという斬新な食べ方で、またチーフパーサー一瓶丸ごと載せてくださり、質量共に満足でした。

なお、現在JALのファーストクラスでは、期間限定で市価6万円のローランペリエグランシエクルアレクサンドラ2004を出しているそうです。
ああーー、6月上旬の帰国を半月遅らせるべきでしたorz
http://store.shopping.yahoo.co.jp/wineuki/0103002008545.html
Commented by shackinbaby at 2015-08-28 20:39
>hayate2011さん
本文中に書いたように僕もどうもピンときませんでした。
エミレーツなどの中東系エアラインの豪華食座はすごそうですね。
羨ましい限りです。
シャンパンは僕はよく分かりませんが、セールス・サイトの形容詞がすごいですね。
さぞかし美味しいのでしょうが、僕にはたぶん1本1000円程度のシャンパンとの差も分からないかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード


<< SATURDAY NIGHT ... 「LOTポーランド航空」がつい... >>