ファーストクラスでジャカルタ弾丸 (7) 「グランドハイアットジャカルタ」にチェックイン
ジャカルタのスカルノハッタ国際空港に午後4時20分到着。
VISA不要の入国、待ち構えている「グランド・ハイアット・ジャカルタ」の空港担当者、両替えをして、「シルバーバード」の乗り場から迎えの車に乗ったのは午後4時40分でした。
通常のタクシー・スタンドに並ぶ人の列を横目で見ながら、実にスムースな出発。
400000ルピアと市価の倍以上の値段でしたが、その価値はある気がしました。
この送迎は宿泊する「グランド・ハイアット」の「Eコンシェルジュ」経由の予約。
予約をネットから入れると

Confirmed arrival pick up by Silverbird Taxi at IDR 400.000 net/car/way. Flight details by Jl-725 ETA 16:35 Hours. Upon arrival, kindly ask him to approach the Golden bird Limousine counter after baggage collection on the left side, or just approach our airport rep who is holding "HYATT" sign at the arrival hall. Cancellation policy is applied for arrival transfer that has been confirmed but the guest “no show” or cancels the car right before the departure. For Silver Bird Taxi, the no show fee is IDR 200.000 The charge for this will be charged to the hotel room account. In order to avoid cancellation charges, kindly notify the hotel of cancellations and changes at least three hours in advance. Hope the above arrangement is able to facilitate your inquiry, in the meantime we would be happy to assist you for further assistance or information. Thank you.

というメールが来て、すべてOK。
支払いも宿泊料金と一緒にチェックアウト時で良いのです。
便利です。
この日は土曜日、実は僕はジャカルタ市内を大きく移動する時にはこの週末を狙います。
ご存知のようにジャカルタはアジア有数の渋滞都市。
渋滞がひどい時には、数時間もタクシーの中ということも珍しくはありません。
ところが土曜日も午後になると、あと日曜日(午前中は「カー・フリー・デイ」)も、その渋滞がさほどでもないんです。
f0036857_19284398.png

(この写真だけは、ホテルのウェブから)
なので、この日は「グランド・ハイアット・ジャカルタ」のドアが開かれるまで、約50分弱。
(ちなみに空港とこの辺りのホテル間は約28キロ、僕の経験では最短で40分、最長90分です)
f0036857_21372062.jpg

ジャカルタではどこも警備は厳重で(でも形だけ??)、まずタクシー自体のセキュリティ・チェックがあり、タクシーを降りてホテル内に入るときも、またこのゲートをくぐります。
f0036857_21382828.jpg

この辺り、ドアマン、ベルは常時たくさんいます。
英語もOK、高級ホテルらしく対応もまずまずです。
f0036857_22454921.jpg

僕がドアを降りるや黒服の男性が満面の笑みで「Well come to Jakarta, Mr. Shackinbaby(本当は本名で)」と迎えてくれじゃないですか?
えっ、車の運転手は運転中どこへも連絡してなかったのに、何で僕が到着って分かるの?
これにはきっと何かの仕掛けがあるんでしょう。
でも嬉しいものですね、これ。
迎えてくれたのはこのホテルのゲスト・サービスの偉そうな人、J氏。
多少英語に癖はありますが、饒舌な人で、僕をホテル内に迎え入れてくれます。
f0036857_22464879.jpg

僕が以前レビューした「マンダリンオリエンタル・ジャカルタ」とロータリー、中央に建つ有名な「歓迎の塔」を挟んで真向かい、ジャカルタ最大のメインストリート「タムリン通り」に面した26階建て、ゲストルーム393室、スイートルームが36室ある5★ホテル。
f0036857_22502253.jpg

到着は2階、広がっているのはちょっと昔の「グランドハイアット」です。
(この階にはボールルーム、バンケットなどの他、高級バティックの「ビン・ハウス」が店を出しています)
ここが出来たのは1991年ですから、この吹き抜けのグランド感にも少しレトロさが入りますが、まだまだ充分ゴージャスです。
J氏に案内されてL階へ、通常はここでチェックイン。
ここでも彼にいろいろ偉そうな人を紹介され、名刺のコレクションみたいになってしまいます。
f0036857_22535293.jpg

L階レセプションを左に行くと、この「エルメス」があり・・・
f0036857_2254541.jpg

奥はインドネシア一の高級ショッピング・モール「プラザ・インドネシア」に続いています。
f0036857_22553437.jpg

(この奥は本当にすごいです、もうハイ・エンドなブランドの大集合、名門ブランドはほとんどここに店を出していると言っても過言じゃないくらいです)
エレベーター・ホールの照明。
f0036857_2257023.jpg

豪華ですが、「今の」ハイアットじゃないなぁって感じです。
J氏にアテンドされて、22階の「グランド・クラブ」のレセプションへ。
エレベーターはルームキーをセンサーにかざすスタイル、不要な階に停まりません。
f0036857_22575845.jpg

座るや、飲み物の注文を聞きに来たり、ラウンジの人的な配置は充分なようです。
f0036857_23205361.jpg

日本語で書かれた案内書ももらえます。
現在日本人スタッフはいないようですが、レセプションには「ミタ」さんという日本語ペラペラの女性がいて、何かにつけて助かります。
僕の予約はハイアットのウェブからでUS$216++(サービス料11%、消費税10%)で、最終的にはインドネシア・ルピアに換算しての支払いになります。
(僕にはこのUS$→インドネシア・ルピーの換算レートがちょっと疑問なんですけどね)
f0036857_22585519.jpg

レセプション・デスクの前の窓からは「マンダリンオリエンタル・ジャカルタ」が見えています。
朝食はラウンジの他、L階の「グランド・カフェ」でのフル・バフェに振り替えもOK、午後4時までのレイト・チェックアウトもOKと・・・。
チェックイン終了後、J氏自らが、僕の部屋まで案内してくれます。
f0036857_230197.jpg

僕の部屋は21階、ラウンジからこの階段を下りたところです。
f0036857_2313660.jpg

インドネシア情緒は少し出していますが、バリ島のホテルのように過度にではありません。
f0036857_2363291.jpg

このホテルの部屋はスイート以外基本的にすべて同じで50㎡、ベッドが1台か2台、クラブ・アクセスが付くか付かないか(18階以上)・・・だけの差だそうです。
そして僕の部屋は「マンダリンオリエンタル・ジャカルタ」や「歓迎の塔」とは逆側、プール・ガーデン・ビューといわれる方の部屋だと。
理由は「こちらの方が静かで、人気です」とのことでした。
f0036857_2372192.jpg

ここでもカードキーをドアのセンサーに当てて入るのですが、少しコツが要ります。
キーをセンサーに密着させるんじゃなくて、少し空間を空けて当てる必要があります。
f0036857_23173490.jpg

僕の部屋は入って左にウォークイン・クローゼット、右に浴室という作り。
f0036857_23242752.jpg

ご覧の通り、欲しいものは揃っています。
f0036857_2328014.jpg

f0036857_2329474.jpg

by shackinbaby | 2015-06-22 00:31 | 旅行 | Comments(10)
Commented by momo at 2015-06-21 22:26 x
2009年7月J.W.マリオットとリッツ・カールトンの連続爆弾テロから一年後にジャカルタを訪問した時にはホテルのセキュリティは非常に厳しく警備員もピリピリしてました。
現在はそうでもなさそうですね。
Commented by TOROZO at 2015-06-21 23:33 x
私は2011年末~2012年初の年越しでここに泊まりました。
部屋はロータリー側でしたが、12月31日23時を過ぎるとロータリーの
交通が遮断され、あの広いロータリーが人で埋め尽くされました。
0時を過ぎると花火が上がり、皆さん大騒ぎでした。遠くでも花火が上がっていたのが見えました。
でも1時を過ぎるころには人が散り、普通に車が走り始めたのは不思議でした^^

私は部屋からその様子を眺めて楽しんでいました。今でも良い思い出です。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-06-22 02:15 x
Shackinbabyさんの写真を見ていると、実際に行ったような気になれますね。
あ、ちゃんとパスポートと一緒にHGP-DIAのカードが!が個人的にツボです(笑)

USDからIDR(他の国も大抵ですが)への為替レート、私もいつもなんだかなーと思います。
すごく悪いレートが適用になってますよね。
USDでそのままチャージしてくれたら良いのに。
Commented by shackinbaby at 2015-06-22 10:58
>TOROZOさん
花火が上がるのでしたら、「歓迎の塔」方向の部屋の方が良いですよね。
あのロータリーに人が一杯は、日曜日朝の「カーフリーデイ」(車に乗らない日)の行進でも見ました。
もし部屋や施設の記載で、TOROZOさんが泊まられた数年前と変わっているところなどあったお教えくださいね。
いつも有難うございます。
Commented by shackinbaby at 2015-06-22 10:59
>ResortLoverJPNさん
「実際に行ったような気になれますね」は、本当に嬉しいお言葉です。
前にも書きましたように、僕はそれを目指しているんです。
それからハイアットのカードの件、全然気が付きませんでした。
番号とか見えちゃったらまずいと最大限にまでタブレットを拡大してみましたが、この解像度では見えなさそうです、あぁ、一安心です。
僕より読者の皆さんの方が良く見てくださっている・・・。
Commented by さんだーばーど at 2015-06-23 22:53 x
なぜか。。。VISA35ドルですよ。また。
機内でもVISAがない人はお金を払ってと言っていまして。
そして、日本人のすごくかわいらしい女性が赴任になっています。
いままでバリにいらした方で、こちらのうつられたそう。
その方と、J氏、トレイニーを引き連れてのチェックインでした。
Commented by shackinbaby at 2015-06-23 23:17
>さんだーばーどさん
何故?どうして??

【総領事館からのお知らせ:インドネシア観光目的査証免除開始について】
平成27年6月12日(総15第12号)
在デンパサール日本国総領事館
インドネシア政府関係当局に確認したところ、日本を含む30カ国の国民に対し、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、インドネシア入国査証の取得が免除されるという大統領令が発布され、本12日より実施されたとの情報がありました。
本件観光査証免除制度の概要は以下のとおりです。
○すべての日本の一般旅券所持者が対象です(IC旅券に限定されません。)
○インドネシアでの滞在期間は30日まで(入国日も含めて数えます)。延長はできません。
○観光目的に限定
○インドネシアの5大国際空港(ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港、デンパサールのングラライ空港、メダンのクアラナム空港、スラバヤのジュアンダ空港、バタム島のハン・ナディム空港)とバタム島海港のみで適用されます(その他の空港では、査証免除での入国はできません)。
○到着ビザ(VOA)制度は今までどおり存続されます。31日以上の観光目的(VOAで入国後1回延長可、有料。60日以内)の入国や、就労を伴わないビジネス目的等の入国の場合は、VOAをご利用下さい(手数料35ドル)。
査証免除による入国の場合も、旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄空白ページが十分あることが必要です。また帰路の航空券又は第三国への航空券の提示が求められることがあります。なお、旅券への入出国印の押印は必須ですので,入出国時には必ず押印されていること及びその内容(日付など)をご確認願います。
以上
在デンパサール日本国総領事館
Konsutal Jenderal Jepang di Denpasar
Commented by shackinbaby at 2015-06-23 23:18
>さんだーばーどさん
何で数日しか違わないのに、そんなきれいな女性が赴任してくるわけ?(プンプン)(笑)。
レセプションの日本語ペラペラの「ミタ」さんも面白い人でした。
Commented by さんだーばーど at 2015-06-24 00:40 x
あらためて拝見すると、面倒だから、きっと観光でもなんでも商用扱いのようにして35ドル行きになってるのかしらと感じました。
入国審査も、35ドル払ってる人が、ことごとく「ホリディー」と言うから、異常に審査に時間かかってるんですよね。
35ドルの領収書のイミグレーション用のものは返されたので、ちょっときいてみる価値ありますよね。聞いてみます。

ミタさんのことを言ってみたら、とても上手ですよねーってかわいらしい笑顔で話されていました。
お若い方ですよ、J氏とはこちらの言葉でお話しされていました。次回の楽しみで。
Commented by shackinbaby at 2015-06-24 11:42
>さんだーばーどさん
じゃ、US$35を用意していない人は、円をあそこで両替??
VOAのカウンターの後に、イミグレがあったのですか?
それじゃ、時間かかったでしょう。
インドネシアもこんな朝令暮改では困りますよね。
どうぞ今後の旅程もお元気で。
ものすごい旅程と聞いているので、お疲れが出ませんように・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「帝国ホテル」の男性向け「ミッ... これはどうでしょう、ワンワール... >>