ファーストクラスでジャカルタ弾丸 (9) 「グランドクラブラウンジ」で一息、夜のプール
「グランドハイアットジャカルタ」の部屋を一回り見た後は、午後6時から始まっている、22階の「グランドクラブラウンジ」のイブニングカクテル・カナッペ・タイムに・・・。
f0036857_203226.jpg

レセプション・デスクの脇には自由に使えるPCが2台置いてあります。
f0036857_207124.jpg

デスク奥の窓からは、すっかり暗くなった「歓迎の塔」とその周囲のロータリー、そしてその向こうに「マンダリンオリエンタル・ジャカルタ」が見えています。
f0036857_2035263.jpg

ラウンジはかなり奥まで伸びていてかなり広いのに、それがほぼ満員。
このホテルは18階から26階までが「グランドクラブルーム」または「スイートルーム」、ラウンジ対象ゲストがとても多いホテルなのです。
f0036857_2093660.jpg

ラウンジは朝6時から夜11時まで、かなり長い時間オープンしています。
朝食は朝の6時から10時半まで、ウィークエンドは11時まで。
前にも書きましたが「グランド・カフェ」のフル・バフェへの振り替えも可能です。
f0036857_20101899.jpg

その他のクラブ特典としては、無料インターネット、1部屋に付き1着の無料プレスサービス、マッサージの25%OFFなども・・・。
f0036857_20111947.jpg

このラウンジの面白いところは一人だけですが、宿泊者以外の人もラウンジに招待出来ることですかね。
これは他ではあまり見ないシステムです。
f0036857_20121151.jpg

ラウンジの飲食は質はともかくとして(笑)、量、種類的には多い方です。
f0036857_20131291.jpg

ハンバーガーやミーゴレンのようなお腹に溜まるものもあるし、寿司など和洋中のおつまみがテーブル一杯に・・・。
f0036857_2014744.jpg

パンやチーズ、この辺りの質はインドネシアはまだちょっと・・・。
f0036857_20145573.jpg

スイーツは西洋風なものとインドネシア風なもの両方。
f0036857_20153979.jpg

窓際に席を見つけて、少しづつ味見します。
f0036857_20161814.jpg

ここでお腹を膨らましては駄目、夕食は夕食でちゃんと出かけるつもりですから。
なおこのラウンジにはドレスコードがあって、スリッパ、サンダル、運動着、バスローブでの入室は不可とのことです。
味見と喉を潤した後は、部屋に戻り、外出の準備をします。
f0036857_20333787.jpg

窓の外にはこれから出かけるジャカルタの街、真下にはプール。
f0036857_20352547.jpg

そうだ、夜のプールに行ってみようか・・・。
プールはホテルの5階にあります。
f0036857_20433380.jpg

ここはこんなインテリア。
フィットネス、スパ、プールなどがあるこのエリアはハイアット独特の名称「クラブ・オリンパス」をここでも使っています。
f0036857_20441279.jpg

プールという矢印の方に出ると、急にリゾート風、バリ風に・・・。
f0036857_20363820.jpg

かなり照度を落としていますが、効果的なライティングで大人のムードが出ています。
もうさすがに泳いでいる人はいませんが。
f0036857_20373385.jpg

プールの周りは緑多いガーデンになっていて、その中に・・・
f0036857_20383043.jpg

「シーフードテラス」(Seafood Terrace)というアジア・西洋料理レストランがあります。
このホテルはレストランも数多く、他に
     •バフェ「グランド カフェ」(Grand Cafe)
     •新鮮なシーフード、上質USAビーフ、ワイン「シーズ ステーキ&シーフード レストラン」(C's Steak and Seafood Restaurant)
     •日本料理「スミレ ジャパニーズ レストラン」(Sumire Japanese Restaurant)
     •麺類、パスタ、サンドイッチ、ペストリー「ラモダ」(Lamoda)
     •ワイン、スピリッツ、シャンパン、カクテル、シガー「バーガンディー」(burgundy)
     •ライブ演奏とハイティー・バフェ「ファウンテン ラウンジ」(Fountain Lounge)
などがあります。
f0036857_2039196.jpg

L階に下りて行きます。
f0036857_2040518.jpg

昼間はかなり賑やかだったロビーもだいぶ落ち着いてきています。
f0036857_2041598.jpg

レセプション・カウンターにちょうど日本語がペラペラの「ミタ」さんがいたので、今晩の予定のおさらいです。
大体の所要時間とか、危ない場所か?とか、帰るタクシーが拾えるか?とか・・・。
f0036857_20415467.jpg

そんなこんなでまず僕が出かけるのが「ファタヒラ広場」、周囲に博物館も多いので昼間でも良いのですが、この日は土曜日、「サタデイナイト・バザール」も開かれているはずだし、もしかすると何かイベントがあるかも・・・。
f0036857_20424693.jpg

「ミタ」さんからベルに電話が行き、僕が階段を下りドアのところまで行くと、もう僕の行き先は了解され、「シルバーバード」のタクシーがすぐにドア前に着くという早業。
本当は値段の高い「シルバーバード」(ブルーバード・グループの高級ブランド)でなくても良いのですが、ここまで早業だと仕方ありません。
ホテルでは安全のためにこのブランドを薦めているし・・・。
僕は今回ジャカルタでたくさんタクシーに乗りましたが、初乗り運賃が6500とか7500ルピアというタクシーでも全然問題はありませんでした。
「ジャカルタのタクシーは『ブルーバードグループ』に限る」というのは、僕には?です。
by shackinbaby | 2015-06-23 00:16 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ほまれ at 2015-06-23 23:03 x
ヒルトン福岡のエグゼクティブラウンジは、フードメニューがシアラからの提供品とのことで、
質的には良かったです。新しく変わったGMの方針とのことですが、変わりにソトコトクラブが
無料から有料に変わったとのことです。

Commented by shackinbaby at 2015-06-23 23:18
>ほまれさん
「ヒルトン福岡シーホーク」のGMはずっと日本人じゃないんですよ。
クリスチャン・ボーダー氏は今度「ヒルトンお台場東京」のGMに栄転なので、福岡を離れました。
新しいGMはボーダー氏の部下だった人のはずです。
最新情報を有難うございました。
どうぞお疲れをお取りください。
名前
URL
削除用パスワード


<< JAL便で「QuiC」すると「... ファーストクラスでジャカルタ弾... >>