「トラベル+レジャー」の人気観光都市&ホテル・ランキング
アメリカの旅行誌「トラベル+レジャー」が発表した2015年版の旅行ランキングで、京都が世界の人気観光都市部門で2年連続1位に選ばれました。
発表されたランキングは以下の通り。
     1.京都 (日本)
     2.チャールストン (サウスカロライナ、アメリカ)
     3.シェムリアップ (カンボジア)
     4.フィレンツェ (イタリア)
     5.ローマ (イタリア)
     6.バンコク (タイ)
     7.クラクフ (ポーランド)
     8.バルセロナ (スペイン)
     9.ケープタウン (南アフリカ)
     10.エルサレム (イスラエル)
私的には「LOTポーランド航空」の日本就航が決定した7位のクラクフが一番興味あるでしょうか。
2位のチャールソトンというのにもちょっとびっくり、僕が昔行った時(だいぶ前ですが)、古い町並み、教会とかプランテーション・ハウス、橋、海辺辺りだけが印象に残ってる町で、どうしてこんな上位なのか僕には?です。
世界の人気ホテルの方のランキングも出ています。
      1.ジ・オベロイ・ウダイヴィラス (ジャイプール、インド)
f0036857_1251622.jpg

      2.カステッロ・ディ・カーゾレ (トスカーナ、イタリア)
f0036857_12504436.jpg

      3.トリプル・クリーク・ロッジ (モンタナ、アメリカ)
      3.アシュフォード・キャッスル (コング、アイルランド)
      5.ジ・オベロイ・ラージヴィラス (ジャイプール、インド)
f0036857_12512842.jpg

      6.フォーシーズンズホテル・イスタンブール・スルタンアフメット (イスタンブール、トルコ)
      7.シンギタ・サビ・サンド (クルーガー、南アフリカ)
f0036857_12515180.jpg

      8.サンセット・キー・ゲスト・コテッジズ (キーウェスト、アメリカ)
      8.ザ・ペニンシュラ上海 (上海、中国)
      8.ファーム・ハウス・イン (フォレストヴィル、アメリカ)
が今年のトップ10です。
日本のホテルでは「ザ・ペニンシュラ東京」が39位に入っていました。
このベスト10で行ったことがあるのはわずかに2軒、ホテル・ファンとしてはお恥ずかしい次第です。
でもこれもたくさんあるランキングの一つ、いつもいうように人気雑誌のランキングとはいえ、絶対的な万人向けのものではないことはご承知おきくださいね。
アメリカ・ベースの比較的富裕層が読む雑誌の投票です。
by shackinbaby | 2015-07-09 00:47 | 旅行 | Comments(22)
Commented by momo at 2015-07-09 09:13 x
クラクフは「ポーランドの京都」で日本との関係も深くヤギェウォ大学(クラクフ大学)は日本語教育、日本学の拠点です。
「日本美術技術博物館 Manggha マンガ」は欧州でも有数の日本美術コレクションです。
マンガは葛飾北斎の北斎漫画から名付けられました。
また映画「シンドラーのリスト」の舞台にもなった街です。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-07-09 10:01 x
このホテル10軒の中で2軒に行かれているのは、
すごいと思います。僕は0です。
インドのジャイプールが10軒中2軒なのですね。

しかし、僕は都市は7/10都市制覇!しているので、
なんとかトラベラーとしては合格かな???
旅慣れた方の集うこちらの読者には
全都市制覇の方もおられそうですが・・・。
私はケープタウンに行ってみたいですが・・・遠いなぁ。

>momoさん
はじめまして、いつもコメントでの深い造詣に感服いたしております。
クラクフ、昔行ったことがあるのですが、
クラクフ大学が日本語教育等の拠点とは知りませんでした。
私は、アウシュビッツ・ビルケナウの日帰りツアーを申し込んで、
当日あやうくヴィエリチカ塩山に連れて行かれそうになって慌てたり、
1月に行って、マイナス30℃の極寒で道に迷って、
親切な地元の方にタクシー乗り場まで連れて行ってもらったり、
空港から乗ったバスで、偽の検札員にぼったくられたり・・・
いろいろ思い出があります。
Commented by shackinbaby at 2015-07-09 10:20
>momoさん
僕のクラクフへの興味は、やはり「シンドラーのリスト」のロケ地のユダヤ人地区の昔と今ですね。
昔のシナゴークが残っていたり、最新のお洒落スポットに変身していたり・・・。
まだ見ぬ街をいろいろ想像しています。
確かコスメのヘレナ・ルビンスタインもこのユダヤ人地区の出身だったような・・・。
Commented by momo at 2015-07-09 10:25 x
>ResortLoverJPN さん
クラクフは趣きのある街ですね。
ワルシャワよりも首都としては古くまた戦災に合っていないので昔と変わらないままの町並みが残っています。
またクラクフの人たちは京都人と同じようなプライドを持っています。
クラクフはアウシュビッツ・ビルケナウ、ヴィエリチカ塩山への観光拠点でどちらも行く価値有りだと思います。

>偽の検札員にぼったくられたり・・・
このトラブル多いですよね。それと偽警官に騙されたりも。
Commented by shackinbaby at 2015-07-09 10:45
>ResortLoverJPNさん
ResortLoverJPNさんも世界中たくさんご旅行されているようですね。
僕は都市でいえば、クラクフ、ケープタウン、エルサレムが未訪です。
いつか行ってみたい街とは思うものの、どこも遠そうで時間が・・・です。
「マイナス30℃の極寒で道に迷って、親切な地元の方にタクシー乗り場まで連れて行ってもらったり、空港から乗ったバスで、偽の検札員にぼったくられたり・・・」
僕はこういう話が大好物なんです(笑)。
ぜひまた機会がありましたら色々な体験談をお聞かせください。
こういうリアルな体験を知ることは、特に個人旅行をする者には、とても役立つことだと思うんです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-09 10:46
>momoさん
「クラクフの人たちは京都人と同じようなプライドを持っています」、なるほど・・・。
探せばクラクフが含まれたツアーなんかもいろいろありそうですね。
おかげさまでポーランドという国、クラクフなどの町に関する興味が、増してきました。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-07-10 00:43 x
>momoさん
お返事ありがとうございます。
ヴィエリチカ塩山、
愛・地球博のポーランド館で
たしか大がかりな展示があったように記憶してます。
時間があれば行きたかったのですが、
一週間でロンドン、クラクフ、プラハ、ブダペストと欲張りなコースで・・・(汗)
今度機会があれば、「夏(絶対)」にワルシャワと併せて行きたいです。

偽の検札員、やはり常習なのですね。
(警察官まで・・・)
僕の場合、運転手から切符を購入して、うっかり打刻機で打刻するのを忘れていたので、
まあ、仕方ないかと思ったものの、
言われた罰金額がかなりの高額で(忘れましたが、1万円くらいだったかと)、
「そんなの今現金の持ち合わせがないので払えない」というと、
すぐに1/3位の値段になって(この時点でおかしいと思わないと駄目ですよね)、
それならばと支払い、領収書(ちゃんとプリントした、複写式の本物らしいもの)までもらって、
あとでホテルに戻ってその鉄道警備隊らしきマークを見てみると、
ニヤついた警備員のマークで「何かおかしいなあ・・・」と後で調べて判明、って感じでした。
だまされて悔しい思い出というより、にやついた警備員のマークが憎めない、
という、なんとなく良い思い出です(苦笑)

こうして話をしていると、また行きたくなってくるから不思議ですね。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-07-10 01:00 x
>Shackinbabyさん
travelの語源はtroubleとか言いますものね(笑)
楽しんでいただければ、いつもいろいろ情報をいただいている身としては
嬉しいです。

実は、僕が最初に海外で行った都市は、
アメリカでも、ヨーロッパでも、アジアでもなく
「エルサレム」なんです。
3つの宗教がそれぞれにエリアに分かれて共存(??)している都市は
非常に印象的だったのですが、
なにせ初めての海外で、しかも個人旅行、
今から考えれば「ああしておけば良かった」と
悔いの残る滞在でした。
いつかリベンジを、と思い続けて早10年以上、
政治情勢を考えると、なかなか踏み出せず、
かろうじて数年前に隣国ヨルダンで
死海リゾートだけはリベンジしましたが・・・。

あ、イスラエル、入国に15分、出国は別室で30分みっちり絞られました(笑)
危うい英語、宿泊先未定に加えて、
一週間でエルサレム、死海、エイラット(エジプト国境近くのリゾート)、
ハイファ(北部)、ティベリア(キリスト宣教地)、テルアビブと、
男一人、鞄一つで北に南に、東に西に歩き回ったのですから、
今から考えれば至極当たり前です(苦笑)
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 01:00
>ResortLoverJPNさん
罰金が約1万円で、交渉で3分の1に?
怪しいなぁ、それ。
でも僕も同じシチュエイションだったら、変だなと思っても多分払っちゃうでしょう。
覚えておきたい注意事項ですね。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 01:10
>ResortLoverJPNさん
貴重な体験談を有難うございます。
昔はイスラエルの入国スタンプがあると他の中東諸国に入れませんでしたが、今はもうスタンプそのものがないそうですね。
エイラット、ハイファ、ティベリアなどと聞きしても全然知識がなく・・・、旅行として面白い国だったでしょうか?
ま、僕は宗教にも歴史にも特別の関心がないので、イスラエルの優先順位は低いです。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-07-10 01:53 x
私は思いっきりスタンプを押されてしまったので、
初めてマレーシアに行くときに
「え、もしかしてイスラム圏???大丈夫かな。入国拒否されたらどうしよう」などど、
飛行機が到着する前になって焦ってました。
もちろん、何の問題もありませんでしたが。
今はスタンプなくなったのですね。

イスラエル、私は聖書に出てくる「パンの教会」や、
キリストが十字架を背負って歩いた「苦難の道」「ゴルゴダの丘」、
「嘆きの壁」など興味深かったのですが、
確かに聖書物語や歴史に興味がないと面白くないかもです。
(私も、それほど詳しくないのですが)

・・・とはいえ、最近の私は昔ほどハングリーさがなくなって、
海外はもっぱら楽してリゾートか、街中でダラダラ滞在に偏りがちです(苦笑)
Commented by momo at 2015-07-10 10:34 x
>ResortLoverJPN さん、shackinbabyさん
旅で起こるトラブルも前向きに楽しむようにしています。
私は仕事の関係で皆さんが行かれないような国にも行っています。
例えば北朝鮮、コートジボワール、ルワンダ、モーリタニア、キルギスにも行きました。
私もイスラエルに行きましたが昔は一回だけしか使えない「一次旅券」を使いました。
「一次旅券」の発行が出来なくなってからは別の紙に入国スタンプを押してもらいました。
アメリカの入国審査でイランのスタンプがあったために別室で1時間以上詰問されたこともあります。
逆にイスラエルではイランのスタンプあったのに何も問題なく入国できました。
ある国際会議に行く時に該当国の入国許可に必要な旅券の有効期限が足りないことが直前で分かり申請の翌日に新しいパスポートを発行してもらい受け取ったその足で成田へ向かったことも。。。
他にも「公用旅券」で旅をしたこともあります。

>・・・とはいえ、最近の私は昔ほどハングリーさがなくなって、
海外はもっぱら楽してリゾートか、街中でダラダラ滞在に偏りがちです(苦笑)

私ももう若くないので最近はもっぱら同じような旅になりました(笑)。
Commented by momo at 2015-07-10 11:35 x
トラブル豆知識をひとつご紹介します。
アムステルダムには「Coffeeshop」と看板がある場所があります。
よく日本人が間違って「Coffee shop」と思って入ってしまいます。
ここは合法の大麻販売、喫煙のお店です。
間違いに気づいて出ても後の祭りで服などに大麻の匂いがついてしまいます。
成田空港へ着いて荷物が出てくるのを待っていると麻薬探知犬が足元に伏せてじっと見つめられ、そのまま別室へ。。。
私の友人がこれを経験してますのでご用心ください(笑)。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 12:33
>ResortLoverJPNさん、momoさん
ここでこういう旅の雑談が出来るのは、僕にとって本望です。
イスラエルのスタンプが駄目だったのは中東諸国だけだったみたいですね。
スタンプを押さないでもらう方法とか、いろいろ旅行者の知恵と実践がネットの初期の時代の旅行系サイトや掲示板をにぎあわせていたこともありました。
momoさんは北朝鮮にも?
コートジボワール、ルワンダ、モーリタニア、キルギスだって国名は知っていても、地図上で正しくここと特定できる人も多くはないと思います。
お仕事とはいえ、すごい経験をなさっていますね。
「・・・とはいえ、最近の私は昔ほどハングリーさがなくなって、」はまさに僕もその通りで、でもこれはもう誰しもでしょう、たぶん。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 12:35
>momoさん
アムステルダムのコーヒーショップについては僕もそう聞いていましたが、入店しただけでも服に臭いが付き、後日犬に感知されるというのは、びっくりというか、探知犬、すご~い・・・です。
アムステルダムだけじゃなくて、アメリカ帰りなどでもありそうなケースですね。
Commented by momo at 2015-07-10 13:40 x
搭乗時に預けた荷物はコンベアから出てくる前に裏で麻薬探知犬による検査が行われています。
また麻薬を持っている人を見つけた時には吠えずに黙ってその人のそばで伏せるように訓練されています。
「Coffeeshop」に入ったのを麻薬探知犬に見つかっても「ブツ」を持っていない限りは逮捕されたり罰せられることはありません(笑)。
検査では大麻の葉や種を持っていないかを調べられます。
ただ無駄な時間を取られるので海外では気をつけて行動しましょう。

北朝鮮には拉致問題が公になる前(金日成時代)に1週間滞在しました。
すべてガイド同伴で勝手に行動できませんし店員、運転手など北朝鮮の人たちとの会話も禁止でした。
またどんな言いがかりをつけてスパイ容疑で逮捕されるか分からないのでカメラは持って行きませんでした。
外国人、党幹部専用の店では日本製のビール、ウィスキー、タバコ、カップ麺が置いてあり日本円での支払いOKでした。
平壌は時代が二十年くらい昔に戻った感じで暗い印象を受けました。
一緒に行った中国人は地方はもっと酷いと言ってました。
またホテルは停電が当たり前で突然予告なしで起こりました。
特権階級の一握りの人しか住めない平壌でこんな状況でした。
ただ名物の北朝鮮式冷麺は絶品の美味しさでしたよ。
また行きたいかと言われれば遠慮したいですね(笑)。
Commented by ホテラバ at 2015-07-10 17:38 x
イスラエルの話題が出てきたので、shackinbabyさんはご存知とは思いますが、今日日本とイスラエルの航空交渉が合意したそうです。コードシェアについても、第三国の航空会社との共同運航も可能とし、完全自由化とのことです。面白かったのは両国の人的流動で、2013年はイスラエルから日本が1万4000人。日本から1万4000人がイスラエルに入国していて、2014年はイスラエルから日本は1万9000人で、日本からの渡航者数は公表していないそうです。自分の予想よりすごく多い数字です。この交渉妥結を予想して、この話題が盛り上がっていたら、スレ主のshackinbabyさん、すごい。
www.aviationwire.jp/archives/64769
Commented by HK at 2015-07-10 20:07 x
北朝鮮式冷麺といえば、クアラルンプールにある北朝鮮レストランで食べました。
今年の春からバンコクの北朝鮮レストランも復活したみたいですね。
ただ、リピートするかと問われたら、しないかな。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 20:37
>momoさん
詳しく有難うございました。
きっとmomoさんが行かれた頃と、基本的にはほとんど変わっていないのでは?
いくつかのきれいな最新の建物・施設は出来たようですが。
停電は国の首都クラスの都市でも時々起るところがあるようですね。
アジアで一番感じるのは、僕の経験では、ハノイです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 20:37
>ホテラバさん
たまたまですよぉ、たまたま話題が重なった・・・。
人的交流ですけど、その内訳はイスラエル人>>日本人だと思いますよ。
日本からイスラエルに・・・は、イスラエル人の帰国がほとんどなんじゃないでしょうか。
イスラエル人て兵役が終わるとたいてい長期の世界旅行に出るっていうじゃないですか、そういう人たちの日本組。
Commented by shackinbaby at 2015-07-10 20:38
>HKさん
その収益は、政府に入るんでしょうし、僕は興味ありますけど、何となく嫌だなぁ・・・って感じで、僕は未体験です<北朝鮮冷麺。
Commented by ResortLoverJPN at 2015-07-11 01:30 x
>momoさん
公用旅券、申請翌日にパスポート受領で海外、コートジボワール、ルワンダ・・・ですか!?
やはり、ただ者ではおられませんでしたね(笑)
オランダ、実は行ったことがありません。
コーヒー好きの私は、間違えて入って、帰国時面倒に巻き込まれるに違いないので、
いつか訪問するときまでしっかと覚えておきます。
北朝鮮・・・やっぱりすごい国ですね。私も遠慮したいです。
(興味はなくもないですが・・・)

>shackinbabyさん
もちろん、私もコートジボワール、ルワンダ・・・を地図で正確に指す自信はありません・・・(笑)
ハノイも停電が多いのですね。数年前私が2泊したときは特に問題なく、
運が良かったのかも。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ハイアットリージェンシー那覇... ピーチの羽田・台北線就航で妄想... >>