ANAの羽田・シドニー線、10月就航に前倒し
予定されていたANA16年ぶりのシドニー線(羽田・シドニー)、当初は今年12月からの就航といわれていましたが、10月に前倒しされるようです。
予定機材はボーイング787-9型機。
オーストラリア人の間では近年、日本へのスキー旅行が人気を集めており、ANAが10月に運航を開始して日豪の旅行客にアピールすれば、両国の移動最盛期に当たる12~1月の利用者獲得拡大が期待できるとみられることと、規制当局や関係空港との調整が予定よりスムーズに進んだことからの、前倒しのようです。
オーストラリア統計局によれと、円安を背景に、LCC「ジェットスター」がメルボルン・成田便を就航したことなどから、5月までの12カ月間にオーストラリアから日本への訪問者数は、前年同期比22%増の26万7300人に上ったとのことです。
逆に日本からオーストラリアへの日本人客は減少の一途、以前シドニーにANAホテル(今はシャングリ・ラ・シドニー)があった時代に戻ると良いのですが。
f0036857_14503619.jpg
f0036857_14505075.jpg

(写真はともに旧ANAハーバーグランドホテル、現シャングリラ・シドニーです)
by shackinbaby | 2015-07-15 00:29 | 旅行 | Comments(4)
Commented by 12345 at 2015-07-15 07:27 x
ようやくですね。
やはり昔にくらべると、アジア方面の旅行が増えて、安近短なんでしょう。
日本は、バブル以降は、定番のハワイとアジア方面を除けば、その他の多くは
減っているのではないでしょうか?
欧州に比べれば、豪州の方が安いし、時差もほとんどないので、旅行先には良いと
思います・・・季節が逆、現地での物価高が問題でしょうか?
逆に豪州からのゲストはますます増えると思います。
スキー客だけではありません、豪州は高景気をずっと継続していますし、結構リッチ
ピープルが多いですから。


Commented by shackinbaby at 2015-07-15 08:29
>12345さん
コメントを有難うございます。
この円安の時代、やはり彼の地での滞在費が高くつくことが、観光、ワーキングホリデイ、語学研修など日本人には一番のネックでしょうか。
カンタス、JALとワンワールド便は日豪間は結構充実しているので、スターアライアンスとしてもANAには直行便を期待していたところもあるかもしれません。
ANAはオーストラリア国内線はどうするんでしょう。
ヴァージンオーストラリア辺りとコードシェア?
Commented at 2015-07-15 14:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-16 10:10
>さんだーばーどさん
地球のほぼ反対側 (違うか?)からのコメント、本当に有難うございます。
しかも長文、大丈夫でしたか ?
コメントいただいて嬉しいけど、その時間、もっと観光してください、っていうか町を歩いてくださいよ。
それからちょっとだけコメントに追加しておくと、その便、だからJALととりあえずコードシェアはしないそうです(それが隠れた条件?)。
福岡は曇りで、夜に雨が少し・・・らしいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今日の航空系面白ニュースは・・・ JALハッピージャーニーエクスプレス >>