弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (3) ヒルトンハノイオペラ
僕のハノイ行きはJAL751便で現地時間の午後9時40分に着陸。
それから15分でイミグレーション、カスタムを抜け(今回は受託荷物なし、両替えなしでした)、ノイバイ空港第2ターミナルの外に出たのは9時55分でした。
f0036857_1226070.jpg

外に出ると30度の気温とかなりの湿気が・・・。
どこにも分かりやすい英語の併記もある案内板があるので、初めてでもほぼ迷うことはありません。
空港から市内への交通手段はいくつかありますが、まずはタクシーでしょう。
空港出口を出て、表示通り左の方に歩いていくと、あ、見えました、タクシーの列。
f0036857_122659100.jpg

ハノイのタクシーは以前のような交渉性ではなく、今は完全にメーター制です。
(ただし復路、市内ホテルから空港は統一値段で370000ドンのようです)
タクシー乗り場にはNoibai Taxi、Airport Taxi、Hanoi Taxi、ホーチミンシティでも大手だったMai Linh Taxiなどが並んでいます。
乗る人の列が出来ている時には前の車から順に乗るようですが、僕の時のように誰も並んでいない時などは、どの車に乗っても良いそうです。
ハノイもホーチミンシティ同様、タクシー会社によって信頼度が違い、料金も違うのです。
なので自分の好みの会社のタクシーを選ぶことが出来るんです。
(前述の会社が信頼度が高いといわれている会社です)
f0036857_12273349.jpg

僕は一番手前に停まっていたタクシーがNoibai Taxiだったので、迷わず乗車。
車は左ハンドルのトヨタ製でかなり新しい車、冷房もばっちりで、運転手は英語は単語程度ですが、とても丁寧な運転で好感が持てました。
ハノイでは随分な回数タクシーに乗りましたが、以前のイメージとは違い、どのタクシーも丁寧、狡賢いところなど全くなくて、細かいお釣りも必ずくれたりします。
これは驚きでしたね。
あと最初戸惑うのが、タクシーの料金表示。
例えばメーターに「10.0」と出たら「.」は小数点じゃなくて単なる区切り、ベトナム・ドンは桁数が多いので後ろ2桁の00がこれには省略されているんです。
つまり「10.0」は10000ドン、僕の簡易換算では約50円です。
前述のように初乗り料金はタクシーによって違いましたが、前述の信頼性の高いとわれている会社は10.0、10.2、10.4くらいでした。
ノイバイ空港からハノイ中心部までは距離にして40数キロ、時間にして約40~45分です。
2014年に日本のODAで「ニャッタン橋」が出来、ずいぶん時間が短縮されたとのこと。
ハノイの市内に入ると、確かにかなり田舎町っぽいですが、車やバイク、人も増えてきます。
灯りは他のアジアの大都市に比べてかなり少ないです。
お、見えてきた「オペラハウス」(ハノイ大劇場)。
f0036857_12475415.jpg

築100年を超えるハノイを象徴する コロニアル建築です。
ライトアップでもすれば良いのに、こういうところがハノイはまだまだ地味です。
そしてこのオペラハウスの隣が僕が泊まる「ヒルトンハノイオペラ」。
f0036857_1910517.jpg

(これはホテル前に停まっていたHanoi Taxi、ホテルでタクシーを呼ぶとすべてこの会社のになります。参考までに載せておきます)
親切で笑顔のベルがタクシーのドアを開けてくれます。
タクシー料金は366000ドン(簡易計算で約1900円弱)、桁数が多いし、ベトナムは紙幣の種類が多いので、支払いに戸惑っていると、これもとても親切に・・・。
f0036857_12283393.jpg

僕はここに8年前にも泊まったことがあり、おぼろげに覚えていますが、その時の印象とほとんど同じです。
英語が堪能なレセプショニスト(今は日本人スタッフはいないそうです、コンシェルジュの一人が日本語可能とのこと)、高い天井とコロニアル風のインテリア、清掃も行き届いていてどこもとてもきれい。
f0036857_12291952.jpg

今となっては相当に古めかしい作りですが、質感がそこそこあるので、ベトナムのホテルとしてまずまず及第の高級ホテルといえるでしょう。
(ただし「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」などに行くと、その格の違いに愕然とはしますが。あそこは素晴らしいホテルでした)
f0036857_12302538.jpg

僕の予約は「discover Asia」という返金不可のレートで1泊1室US$59.50++、総額US$68.73、部屋タイプは一番普通のking hilton deluxe roomです。
ハノイは旅行者物価指数で世界有数の安さを誇路だけあって、ヒルトンといえども、とんでもない安さです。
ただ支払いはベトナム・ドンに換算され、総額1482290ドン。
この辺りの換算率の悪さは、インドネシア同様、僕らにはちょっと嫌なところです。
f0036857_1231929.jpg

しかも来たぁ~~~!
「king executive suiteにアップグレードさせていただきました」と・・・。
f0036857_1231476.jpg

え~、日本円で約7000円ちょっとでスイートぉ?
嬉しいけど、あまり良いことがあると、この後の旅行が怖い気もする・・・(笑)。
あ、そうか往路のフライトの機材変更の残念ぶりを神様が見ていてくれたのかな。
ま、とにかくにやにやが止まりません。
f0036857_12325368.jpg

レセプションから部屋までのアテンドはなし。
f0036857_12334778.jpg

このホテルは10階建て、ロビーがG階、レストランが並ぶR階、ミーティングルームやビジネスセンターのM階、そしてその上が客室階で1階から7階までの全287室。
もうこの時間は閉まっていますが最上階7階にエグゼクティブラウンジがあり、エグゼクティブフロアは6・7階(表示によっては5・6・7階と書いてあるところもあります)だそうです。
f0036857_12343246.jpg

天井は低く、古典的なホテルインテリアですが、ベトナムという地には合っている気もします。
ただ全体の質感は高く、特に質の良い木材がふんだんに使われ、重厚な印象です。
僕のアサインされたスイートは3階(下から数えると6階)の301号室、ここだけはドアまで大きいです。
ルームキーを差し込み、重い木製のドアを開けます。
f0036857_12353082.jpg

おぉ、こんな感じですか。
さすがに広~~い(75㎡)、すべての家具配置に余裕があります。
f0036857_12362143.jpg

ホテルのウェブには

Park views, separate living room, Executive benefits, LCD HDTV, marble bathroom
This elegant suite stretching 75 sq. m.with traditional Vietnamese touches has an impressive park/city view. Enjoy Executive Lounge access with complimentary breakfast and refreshments.
Unwind on the sofa in the stylish living space or watch movies on the LCD HDTV. Refresh in the marble bathroom with separate bathtub and walk-in shower. This suite has a large desk and WiFi access for guests who want to catch up on work or stay connected. Sleeps 2 adults, 1 child.

とあります。
窓はかなり小さいのですが、ここは「オペラハウス」とは逆のビューのようです。
あ、デスクに筆返しが付いています。
f0036857_12371182.jpg

お若い方には筆返しはもう分かりずらい言葉になっているでしょうか。
文机・違い棚などの端につけて筆などがころげ落ちるのを防ぐ化粧縁のことです。
コンセント類はデスクの脇に付いています。
テレビはサムスン製。
f0036857_12375956.jpg

NHKも映ります。
テレビの下の物入れは印象的な色と図柄のベトナム風なもの、絨毯も同系(ブルー、グリーン&グレー)のものを使っています。
f0036857_12394560.jpg

良い感じなんですけど、こういうところがね・・・。
スイートなのでトイレは2か所あって、これはドア近くのもの。
f0036857_12385118.jpg

木材使いが贅沢で、今ではこういう作りはもうできないでしょうね。
木に質感があるんです。
by shackinbaby | 2015-07-23 00:08 | 旅行 | Comments(8)
Commented by HK at 2015-07-22 23:29 x
空港アクセスを詳しくありがとうございます。
7000円ちょっとでこんなにも広い部屋は、すごすぎます。
Commented by shackinbaby at 2015-07-23 00:01
>HKさん
この部屋に関しては今回ラッキー過ぎですね。
オリジナルの予約もディスカウントされたレートでしたが、それにアップグレードが加わって、もうとんでもないことに・・・。
こういう事があると、またヒルトンに忠誠を誓ってしまうのです(笑)。
空港からのタクシーに関しては、知っていることをすべて書いてみました。
Commented by ホテラバ at 2015-07-23 08:58 x
機材変更でがっくり、アップグレードでにっこり、shackinbabyさんの旅行記はいつも山あり谷あり。この後の展開にも注目。食べ過ぎてどうかなっちゃったとか。冗談はさておきいつものshackinbaby的イントロで、続きを楽しみにしています。
Commented by momo at 2015-07-23 10:09 x
この値段でこのお部屋!
Hiltonから他に浮気出来なくなっちゃいますね(笑)。

以前はベトナムのタクシーはボッタクリが珍しくなかったんですよね。
少しは改善されたんでしょうか?
Commented by shackinbaby at 2015-07-23 11:14
>ホテラバさん
いつもコメントをいただき有難うございます。
誇張して書いているわけではなく、事実のみですから、そんなにいつもいつも波乱万丈じゃありません。
小さい山や谷があるだけです。
この後は大きなことはなく、ただただ食うのみです(笑)。
Commented by shackinbaby at 2015-07-23 11:15
>momoさん
ベトナムの観光業に対する僕のイメージの一つにsleazyという言葉があったのですが、前回のホーチミンシティ旅行辺りからそれをあまり感じず、今回のハノイでは、特にタクシーは本当にきちんとしたものでした。
以前の交渉制だった頃と違い、メーターに忠実で、お釣りもしっかりくれます。
あまり少額だとこちらの方が「いいよ、とっといて」というほどです。
ジャカルタもそんな感じでしたので、ネットに載っている情報とは、現実はもう変わってきていると思います。
あ、そうそう、ぼられたのは1件ありました。
ライチ売りのオバさんです。
Commented by momo at 2015-07-23 11:57 x
ボッタクリ、騙しは発展途上国だけではないですものね。
そんなトラブルに合うのも旅の思い出だと割りきってます。
日本が海外の人達に人気があるのも安全度の高さが大きいのかもしれません。
先日来日した友人が東京の地下鉄で携帯電話を置き忘れ、すぐに見つかったことにびっくりしていました。
その際に見つかった駅まで取りに行くのに無料の乗車券が発行されたことにも非常に驚き感激してました。
Commented by shackinbaby at 2015-07-23 14:19
>momoさん
「見つかった駅まで取りに行くのに無料の乗車券が発行」、これはやり過ぎのような・・・。
本当に日本は安全、かつ国民が全体に親切、これは確かですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< スカイマークの行方、ANAがエ... ソニー「SmartWatch ... >>