弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (5) ザ・ルーフトップ・バー&レストラン
「ヒルトンハノイオペラ」には午後10時40分の到着でした。
すごいアップグレードがあったりし、部屋の中を見て回り、時間は午後11時過ぎ。
これがバンコクとかならこれから「夜の部活動」(笑)となるところですが、如何せんここはハノイ、夜がとても早いのです。
レストラン系は遅くても午後11時にはクローズ(たいていは午後9時ラストオーダー、午後10時クローズ)、ホテル内レストランでもう少し遅くまで開いているところもありますが、本気で何かを食べたいわけでもなし、屋台のようなものもあることにはあるようなのですが、あまりにローカル。
そんなこんなで、この後はどうしよう・・・。
飛行機の中で少し寝ているしまだまだ元気(笑)、寝るには早過ぎます。
そこでPCでいろいろチェックしていると、ここはどうでしょう、「The Rooftop Bar and Restaurant」というレストラン・バー。
rooftopという言葉が僕をくすぐります(僕は高いところ好き)。

     http://therooftop.vn/

少なくても午前2時までは営業してそうだし、場所もホアンキエム区ということはホテルからも近く、英語のウェブがあるということは外国人も客として想定しているはず。
昼間や早い夜の時間はレストランとして機能しているようですが、遅い時間はクラブ(今風の平坦な読み方をする方の「クラブ」笑)になっているようで、これは僕には好都合。
ジャカルタでも行きましたが、僕は「クラブ」、大好きなんです(笑)。
さっそくホテルのフロントにいるスタッフに聞きましたが(この時間コンシェルジュはもういない)「有名なところです」とはいうものの、個人的には「行ったことはありません」と口々に。
どうやら値段が(ベトナム人には)相当高い店のようなのです。
ホテルからはホテル待機のタクシー(ハノイ・タクシー)で約5分、料金は40000ドンでした。
日本円にして約200円、帰りは流しのタクシーだったので30000ドン、約150円。
ハノイではタクシーが常時この値段ですから、僕は今回の旅行でタクシーをかなり使いましたが、どのドライバーもとても真摯な運転と態度で、お釣りもちゃんとくれます。
以前のベトナムのイメージとは大違い。
着いたのはもうほとんど周囲に明かりのないエリアの高層(といっても19階建て)ビルの前でした。
えっ、こんなところ?
「パシフィックプレイス」というビルのようです。
(タクシーの運転手が分からなければ「モーベンピックホテルハノイ」Mövenpick Hotel Hanoiの隣といってください。ここはきれいなホテルです。「モーベンピック」がベトナムにもあるとは知りませんでした)
f0036857_95350100.jpg

どう見てもオフィスビル、エントランスは解放されているものの、ガードマンも誰もいず、がらんとしてる・・・。
本当にここかなぁ?
奥のエレベーターまで行くと、エレベーター脇に小さな表示が・・・。
最上階、19階まで上がって行き、ドアが開くともうこの感じ。
この時間は完全に「クラブ」ですね。
f0036857_072814.jpg

耳をつんざくビートとDJのあおり、派手すぎないですが効果的なライティング、結構良い感じです。
とてもここがハノイと思えない都会風な店。
(これは東京とかなら普通の店でしょうが・・・)
f0036857_09877.jpg

スタッフは英語が通じフレンドリー。
まずは席の好みを聞かれるので僕は冷房の効いたバー近くのソファ席に・・・。
f0036857_0105528.jpg

バーカウンター辺りの照明も凝っていて、いかにもです。
ドリンク・メニューには高級なシャンパンまで色々ですが、僕はモクテルを・・・。
アルコール抜きのモヒートのバリエーション、多分メニューの中で一番安くて確か170000ドン(約850円)くらいだったと思います。
店にはいろいろなスペースがあって、ちゃんとしたテーブルとイスのところ、僕が座ったソファ席、バーのカウンター、ダンス・エリア、もう一つの丸いバーカウンター、そしてテラス席。
今度は気分を変えてテラス席に・・・。
f0036857_016040.jpg

あぁ、良い感じです。
音楽も部屋の外なので小さくしか聞こえないし、生温かく湿気があるとはいえ、19階という高層、予想に反して雨も降っていないので、かなりな気分の良さです。
f0036857_0173654.jpg

もっと広いテラス部分もあるのですが、そこではベトナム人のグループがバースデイパーティー風なことをしていました。
f0036857_0192792.jpg

やはりハノイの町は明かりが少なく、暗いなぁ。
高いところならではのワクワク感はビュー的には少ないです。
一人でリラックスしているとびっくりするような超美女が「お一人ですか?」と声をかけてきます。
これはやばい(笑)、こういうのは気をつけなくちゃ。
適当にあしらおうとすると・・・
f0036857_0211291.jpg

何と彼女はここゲストリレーション、店のスタッフだというのです。
一人で来ている人の話し相手になるのが仕事と・・・。
でも僕の宿泊ホテル名を聞いたり、何か怪しい(笑)。
適当なところで切り上げて午前1時前にホテルに、この時間でもタクシーは普通に捕まりました。
「ヒルトンハノイオペラ」のスタッフが「いかがでした?」と声をかけてきたので、その女性のことも含め感想を話すと、「その女性はスタッフなんかじゃありませんよ、たぶん。お客を探していたんだと思いますよ」と・・・。
やっぱり(笑)。
by shackinbaby | 2015-07-25 00:11 | 旅行 | Comments(4)
Commented by HK at 2015-07-24 21:26 x
深夜に流しのタクシーに一人で乗るのは躊躇してしまいますが、それが約150円とは激安ですね。
それと比べると、モクテル約850円は地元の人から見るとビックリ価格で、外国人向けのお店なんでしょうね。
そして、それを目当てに夜の蝶も集まってくると(笑)
ジャカルにあるシャングリラホテルのバーも、それ目的の人が集まると聞いたことがあります。
夜のクラブ情報、これからも楽しみにしています。
Commented by shackinbaby at 2015-07-24 23:17
>HKさん
この店からは深夜2時まで客が出てくるので、しかも高級店、客の余裕のありそうな人が多いので、タクシーは何台も客待ちしています。
僕はこの時はまだハノイのタクシーのイメージがつかめてなくて、客待ちのタクシーにぼられると嫌だと思い、隣の「モーベンピックホテルハノイ」からベルマンに手伝ってもらい、乗りました。
Commented by momo at 2015-07-25 10:59 x
さすがshackinbabyさん!
私だったら「お誘いの誘惑」に乗ったかも?(笑)。
海外にはこの手の美女が出没するバーが珍しくないですね。
ラスベガス、ハワイの場合は絶対乗っちゃダメですよ。
女性警官のおとり捜査の可能性が高いですから(爆)!
Commented by shackinbaby at 2015-07-25 13:54
>momoさん
怪しかった、だってきれい過ぎるもの(笑)。
店のスタッフというのに、名刺はないというし、だからドリンクもおごらなかった・・・。
もしかするとベトナムの高級店ではそういう役目の人がいて、本当に店のスタッフだったのかもしれませんが、ま、自分の直感でアラームがつくような怪しいもの(人)には近寄らない方が。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「パークハイアットモルディブハ... 「GOETHE」9月号、これが... >>