弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (8) ぼられたライチ、「ナムフォン」でまたも麺、プール
ハノイのレヴァンフー通りにある名店「フォーガーマイアイン」でフォーガー(鶏のフォー)を食べ大満足。
f0036857_20553561.jpg

本場のフォーはやはり旨いなぁと、なおもその辺りをぶらついていると、あっ、ライチを伝統的なスタイルで売っているオバさんを発見です。
ライチはベトナムでは5~6月、そして7月の前半くらいまでがシーズン。
生の新鮮なライチが食べられるのは、ベトナムでも意外に短い期間と聞きます。
f0036857_20562649.jpg

まるまるとした果実の皮をむくと張りのある白い果肉が出てきて、果汁は指をしたたり、とにかくみずみずしい・・・。
その上品で優しい甘さの生ライチは、今回の僕のハノイ旅行の目的の1つでもあったのです。
あ、オバさんが止まった、ベトナム人らしい女性がライチを買おうとしています。
ベトナム人が買うんだからローカルプライスだろうと、僕もオバさんから買うと意思表示。
そして写真を撮らせて・・・とお願い。
僕のそのゼスチャーに曖昧に頷くオバさん。
古いタイプのはかりで計って1キロ、50000ドンといいます。
さっきのフォーと同じ値段、8年前の値段に比して随分高い気もしましたが、日本円にすればたかだか約250円。
菅笠、天秤棒スタイルのオバさんを写真に撮りたかったので、50000ドンで了承。
f0036857_20574897.jpg

するとオバさん、売るだけ売ってしまうと、さっさと行ってしまう・・・。
あれっ、写真は?
すると何と首を振って駄目だというのです。
なんだ、それ。
f0036857_210119.jpg

なんか悔しいので、ホテルに戻ってきた時、その話をすると
「ライチは1キロ15000~17000ドンくらいですよ、外国人だと思って吹っかけてるわ」
と、ホテルのフロントにいた女性。
何と彼女は重さまで計ってくれて
「1キロっていうけど800gしかないわよ」
とも・・・。
え~~っ、しっかりぼられてんじゃん、この僕が(涙)。
がっくりです。
後でネットを見ると、値段は皆さん色々で、現地在住らしい人に限っても20000ドンだったり40000ドンだったりしているみたいなので、僕だけ特別じゃなさそうですが、でもやられた~~~。
写真撮りたい一心で値段まで気が行かなかったんですね。
反省。
そうそう、ライチはベトナム語で「クゥア ヴァァイ」(Quả vải)と言います。
あとライチには体を温める効果があって、ライチを食べ過ぎると、身体がのぼせた状態になって、発熱、吹き出物などの症状が出ることがあるんだそうです。
これを「ライチ病」というと・・・(本当?)。
1日5粒くらいまでなら問題ないと言われているようですが、僕は一人で15粒くらい食べちゃいました(笑)。
でも何ともなかったです(と思ってます)。
ファンチューチン通りを「ヒルトンハノイオペラ」の方に戻る途中、何か感じの良い建物を発見。
f0036857_21234262.jpg

前庭にパラソルを張り、その下で食事を出しているようです。
ここはブティックホテルか何か?
名前を見てみると「ナムフォン」(Nam Phuong )と・・・。
f0036857_2111444.jpg

あっ、ここ知ってる、日本人ご用達の人気高級レストランのはず。
フランス統治時代の邸宅をリニューアルした、いかにもの店、朝食までやっているとは知りませんでした。
f0036857_2121336.jpg

メニューを見せてもらうと、麺などを中心に、いかにもベトナムらしいもの。
わっ、ここも試してみたい・・・。
f0036857_2135975.jpg

店員たちはさすが高級レストランのスタッフらしく礼儀正しく英語も理解でき良い感じ、お絞りから出てくるテーブルセッティングもさながら高級ホテルのレストランのようです。
箸の置き方もスタイリッシュ。
僕の後ろから扇風機も回してくれます。
で、僕の注文は麺は麺でも、ここではフォーにせず、ブンボーフエにしてみました。
ブンは麺の種類、ボーは何度も書いたように牛を意味していて、フエは中部ベトナムの地名。
ハノイのような北部中心の平打ち麺であるフォーに比べて、太い麺の料理です。
f0036857_2144898.jpg

そしてスープの味付けにはレモングラスと赤唐辛子を炒めて作った調味料サテやニョクマム(魚醤)を使っていて、酸っぱくてピリッと辛いのが特徴。
さっきのフォーガーとは全然違う味の麺料理ですが、これまたベトナムを代表するもの。
高級レストランらしく薬味や野菜も別皿できれいに出てきます。
f0036857_2175417.jpg

僕は思い切って赤唐辛子もかなり追加します。
野菜もこういう店のは安心でしょうと、一杯入れちゃいます。
f0036857_219451.jpg

ライム、もやし、香菜、ドクダミ、バジル・・・。
f0036857_2195150.jpg

フォーガーの優しい味とは打って変わった、このスパイシーな味がまた堪りません。
f0036857_21111120.jpg

するする麺が胃に入って行き、スープの刺激で胃もどんどん開いていく・・・。
2杯目の麺なのに・・・です。
食べ終わると英語に堪能なスタッフが
「このレストランには日本人客は多いけれど、朝食時は珍しいです」と。
そして「中を見ていきませんか?」とも。
中に入ると、小泉元首相や安倍首相の写真が・・・。
f0036857_21122346.jpg

びっくりしていると、その2人が食べたメニューが今では名物コースになっていて、多くの日本人がそれを頼んでいると・・・。
中のインテリアもベトナム・コロニアルで良い感じでした。
f0036857_21133811.jpg

ここのお会計は71500ドン、日本円にすると約360円くらい。
こんなちゃんとしたレストランで申し訳ないような値段です。
この後は「ヒルトンハノイオペラ」に戻り、その2階のプールサイドで、しばし休憩。
f0036857_21595743.jpg

小さ目のプールですが、オペラハウスとそれに合わせたかのようなホテルの合間で、感じは悪くありません。
f0036857_221666.jpg

泳いでいるのはベトナム人の子供一人。
f0036857_222416.jpg

こちらがオペラハウスです。
f0036857_2243598.jpg

この日は起きてから軽くですが7階のエグゼクティブラウンジ、「フォーガーマイアイン」でフォーガー、「ナムフォン」でブンボーフエともう3回も朝食を食べていますが、この後4回目、オールデイダイニングの「バーミエン」でもどんなものが出ているか行ってみようと思います。
何しろ今回のタイトルは「もうこれ以上は食べられません」ですから(笑)。

追記:皆さんにお教えいただいて、僕がぼられたと書いたライチは、ロンガン(竜眼)だったことが分かりました。失礼いたしました。(7月27日)
by shackinbaby | 2015-07-27 00:16 | 旅行 | Comments(8)
Commented by HK at 2015-07-26 22:52 x
私ならボラれても少額ならまあいいかと思ってしまうので、反省です。
それにしても、ホテルのスタッフも同情して重さまで量ってくれるなんてフレンドリーですね。
私の中でヒルトン・ハノイ・オペラの評価が上がっております。
でも、このヒルトンより次のヒルトンの方が、スタッフの融通が利いたんですよね。
ベトナムは社会主義なのでサービスはどうかなと思っていたのですが、心配いらないみたいですね。
最後のレストランも、行く予定リストに加えました。
Commented at 2015-07-27 06:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-27 08:57
>HKさん
そうなんですけど、悔しいじゃないですか。
こういう事には気を付けてるはずなのに、写真を撮らせてもらいたいのスケベ心もあって、気を許しちゃったんですよね。
融通がきくというか機転がきくスタッフはヒルトンの方に多かったです。
ガーデンインの方は本当にフレンドリー・サービス。
ヒルトンは高級ですよ~路線、ガーデンインはカジュアル感満載、そんなイメージです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-27 10:43
>一読者ですさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
返信はご不要ということでしたが、貴重なコメントで、僕もコメントを読んで「あっ」と思いましたので、お返事させていただきます。
おっしゃられるように、改めてこの写真をよく見ると、これはライチ(荔枝、茘枝)ではなくロンガン(竜眼)だったみたいですね。
後出しになってしまいますが、確かにライチにしては赤みが少ないなあぁ、粒が小さ目だなぁとは思ってました。
ネットで見ると
「ライチににているリュウガンは、外皮で違いがわかります。ライチの外皮はボコボコと割れたようなザラザラ感があって、少し赤っぽい色をしていますが、リュウガンはボコボコしておらず、褐色の外皮です」
とあり、まさにぴったりです。
これはロンガンでしたね。
となると値段のこともすべて前提が崩れてしまうので、今回の話はとてもおかしいことになってしまいます。
恥ずかしいのですが、本文は直さず、訂正だけ最後に入れておくことにします。
お教えいただいて本当に感謝しています。
それにしても僕の買った実物を見ているホテルのオネーさんにも「これはロンガンよ」とはいわなかったし、今の今までそう思っていました・・・。
前回は沖縄のハイビスカスとブーゲンビリアを間違えるし、でもこうして皆さんに教えていただき、間違ったところが訂正でき僕の新たな知識となるのは、本当に嬉しいことです。
一読者ですさん、皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by うらら at 2015-07-27 18:00 x
龍眼やライチも美味しいですが、ランブータン(ベトナム語=チョムチョム)もかなり美味しいですよ。
Commented by shackinbaby at 2015-07-27 19:47
>うららさん
はい、食べてみました。
今晩アップする回にちょこっと出てきます。
タイやインドネシアで食べたのと、ほとんど同じでした。
外見は大きく違いますがライチやロンガンと同じ仲間みたいですね。
Commented at 2015-07-27 19:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2015-07-27 21:49
>Travel Massiveさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
管理者だけに読めるコメント、拝読させていただきました。
せっかくのお誘いですが、残念ながら参加することが出ません。
貴会のご盛会をお祈りしております。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「週刊ダイアモンド」の「プロが... ハイアットのスイートアップグレ... >>