弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (11) ソフィテルレジェンドメトロポールハノイでランチ
僕の「ヒルトンハノイオペラ」のチェックアウトは午後2時。
喧噪溢れるハノイ旧市街の散策から、今度は一転ハノイ最高級の場所へ、「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」にタクシーで移動です。
ここのレストランでゆっくりランチ、その後歩いて「ヒルトン」に帰り(約3~4分です)、シャワーを浴びてからチェックアウトというのが、僕の予定。
今のところ朝からすべてが順調に次々にこなせ、今回のタイトル通り、「もうこれ以上食べられません」驀進中です。
ここが「ソフィテル」のメイン・エントランス。
レタイントン通り側です。
f0036857_18292340.jpg

でもタクシーでこのホテルに行くと、この裏側のゴクエン通りのエントランスの方に着きます。
僕もそちらに着いたので、ここからの写真はその辺りの写真です。
f0036857_14545041.jpg

エントランスにいる制服制帽のドアマンからもうここは別格、「ヒルトン」のような緩い(カジュアルというのとも違う)感じはありません、すべてがピンと張ってる感じ。
f0036857_1456173.jpg

内部のインテリアも隅から隅まで決まっていて、コロニアル・スタイルとネオクラシカルな雰囲気が圧巻。
(ちょっと小規模、せせこましいけど)
f0036857_14571629.jpg

黒服やスタイリッシュなアオザイ姿の女性陣の立ち振る舞いも優雅、高級ホテルを絵にかいたようなホテルです。
階段から上へは宿泊者のみ可と・・・。
f0036857_14582821.jpg

ま、ハノイでは飛びぬけて高級ホテルといえるでしょう。
バンコクで例えれば「マンダリンオリエンタルホテルバンコク」みたいな立ち位置でしょうか。
f0036857_14594771.jpg

築100年以上のホテルと聞いてますが、もちろんリニューアル済み。
f0036857_1512342.jpg

インテリア小物もいかにもといったものばかりです。
f0036857_1522742.jpg

窓の奥に見えるカフェなども良い感じ。
f0036857_1535021.jpg

あ、これがレセプションかな。
f0036857_155114.jpg

印象的なインテリアですね。
f0036857_1563649.jpg

あとここのレセプション、採用基準が美人?というくらい美女揃いでしたよ(笑)。
f0036857_1575224.jpg

食事をする予定の「スパイシズガーデン」(SPICIES GARDEN)への行き方を美女軍団に聞き(本当は知ってるんだけど、笑)、このプール脇の緑あふれる道を歩いて行きます。
f0036857_1593596.jpg

ここでこのホテルのビデオクリップをyou tubeから。



では、いよいよ「スパイシズガーデン」というレストラン。
f0036857_14533875.jpg

ここはホテルではオールデイダイニング的位置付けのレストランですが、日本語のウェブには

「スパイシズガーデン」では、シェフのヴァンとそのチームが、さまざまなスパイス、ハーブ、調味料を使って独特の風味の郷土料理をご用意します。上質のベトナム料理をお求めのお客様に最適です。店内と中庭にお席があります。」

とあるので、朝食を別にすればベトナム料理店と言っても良い感じと僕は思ったのです。
f0036857_15104245.jpg

店内は上質感はあるものの、特別ベトナムを強調していません。
f0036857_18575076.jpg

フランスの影響も入ったベトナム・コロニアルをわずかに感じるくらいです。
f0036857_1901831.jpg

アウトドア席もありますが、この時期は暑過ぎ。
なのでこの窓際の席にしてもらいました。
f0036857_1913355.jpg

窓からはテラス越しにプールが見えています。
f0036857_1922647.jpg

マンゴジュース。
数時間前にはシェイクの方で飲みましたが、これは純粋生絞り。
f0036857_1931431.jpg

やはりベトナムのマンゴは舌にざらつきが残りますね。
味、香りは良いですけど・・・。
僕のランチは生春巻きからスタート。
f0036857_1944470.jpg

う~~ん、さすがに有名ホテルの生春巻き、具材も巻き方も、巻き立ての皮の状態、すべてがOKです。
f0036857_1910219.jpg

包まれているものも海老だったりサーモンだったりすべてが違い、皮ももちもち系のものとさらっとしたものまで、変化をつけてくれています。
f0036857_19111496.jpg

僕のは「ハノイ・コース」というセットメニューに色々注文を付けて変更してもらった、結局は自分だけのオリジナル・コースみたいになっちゃってます。
我儘を聞いてもらって有難うございました<「スパイシズガーデン」のウェイトレスさん。
オリジナルのコースでは「ブンタン」という麺料理からスタートだったんですが、まだ生春巻きを食べてないなと思い、早速麺からこれに替えてもらったのです。
by shackinbaby | 2015-07-30 00:27 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2015-07-29 21:58 x
何度か宿泊しましたが本当に別格ですね。
スタッフもプライドを持っていて他のホテルと違います。
歴史に裏打ちされた感じがホテル全体に漂ってます。
Commented by shackinbaby at 2015-07-29 22:47
>momoさん
リニューアルされていますが、クラシカル・ホテルの良いところが出たなかなか好印象のホテルだと思います。
すべてに質感があり、スタッフもエレガント、欧米からのゲストはそうでもないですが、ベトナム人のゲストは皆さんそれなりの感じのする人ばかりでした。
旧館と新館があり、いつかは泊まり較べてみたいですね。
Commented by HK at 2015-07-30 00:14 x
レセプション後ろの箱には、過去100年分の宿泊者名簿が入っているのでしょうか。
あと、美人の写真はもう少しアップでお願いします(笑)

こちらとは対照的に、shackinbabyさんも宿泊されたパークハイアットサイゴンのピアノラウンジは、改修されて重厚感が失われたとの宿泊記がありました。
リニューアルも難しいですね。
Commented by Jun@SJC at 2015-07-30 03:47 x
shackinbabyさんの胃袋力には脱帽です! 参りました m(_ _)m
フライトまでまだ何時間も・・・あと何食?(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-07-30 10:59
>HKさん
一部は引出しになってるみたいですけど、大部分は壁面の単なるインテリアみたいですよ。
向かって左側の一部は、同じインテリアながら奥(事務室?)へ開くドアになっていました。
Commented by shackinbaby at 2015-07-30 10:59
>Junさん
ははは、この日の僕はちょっと狂ってましたね。
でも本当のことを言うと、どの料理も完食してないんですよ。
僕はそういう事は普通しないんですけど、どこも値段の安さに(ホテルを除く)残しても良いか・・・という感覚で。
この後はさすがに夕食だけです。
あ、おやつは買いに行ったんですが、お目当てのものを売ってなかったんですよ。
その店が何とつぶれてたんで、美味しいベトナム・コーヒーだけになっちゃいました。
Commented by mimilani at 2015-07-30 20:24
shackinbabyさんこんばんは。
ハノイの記事、楽しく読ませて頂いております。
重厚感のある素敵なホテルでのランチ・・・!!
美しい生春巻きの前に
インテリアでまずはお腹いっぱいに目の保養をさせて頂き幸せです^^

そしてFour Seasons Hotel Seoulの記事を届けて下さり
ありがとうございます。
開業が遅れてらしたようで、ずっと気になっておりました。
秋に開業する事を知り、とても嬉しいです。

事後報告で申し訳ないのですが、
私の拙ブログの記事でリンクをさせて頂いたのですが、
もし不都合等ございましたら、ご遠慮なくおっしゃって下さいませ。

これからも引き続き楽しみにしています^^

Commented by shackinbaby at 2015-07-30 20:55
>mimilaniさん
僕の記事を取り上げていただいて有難うございます。
大したことは書いてないんですが、お役に立てれば嬉しいです。
オープニングオファーの値段でも、パークハイアット、新羅ホテルより高いですよね。
円安なので、総額を計算するのが怖いですが、僕もぜひ一度は行ってみたいと思ってるホテルです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ついに発見か、マレーシア航空M... ヒルトンの「Visa Doub... >>