弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (12) スパイシズガーデン
僕のこの日7食目となるランチ2食目(!)はハノイ一の高級ホテル「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」の「スパイシズガーデン」でハノイ料理をコースで・・・。
コースといっても、これをあれに替えられる?これは嫌・・・とかわがまま言い放題で、オリジナルのコースとはかなり違ったのになっています。
f0036857_19151736.jpg

生春巻きに次いで出てきたのがこれ、グリーンパパイヤのサラダ(ゴーイ・ドゥードゥ)、揚げ春巻き付きです。
f0036857_19163166.jpg

タイにも同様な料理がありますが、ベトナムのはすごくマイルド。
まだ若い青いパパイヤをサラダとして食べるのですが、その新鮮なシャキシャキ感と、豊富な他の野菜、上質な牛肉、ベトナム特有のニュクマムのドレッシング (ニュクチャムというようです)のブレンドは、かなり魅力的。
もちろんライム、砂糖、チリ、大蒜、揚げ葱、ピーナッツなども渾然一体となり、これは美味しかったですね。
でもそれ以上だったのが揚げ春巻き(ネム)。
f0036857_19174287.jpg

このネムは僕の中でザ・ベストの仕上がり。
軽くさっくりした揚げ方も最高なら、具も美味しい、1時間ほど前にブンチャーを食べた「ダックキム」でネム付きにしなくて良かったです。
これは本当に高級レストランならではの仕上がり、油っぽさをみじんも感じません、さくさく。
で、これがメイン料理のチャーカー、ハノイで一番有名な名物料理です。
f0036857_19193412.jpg

チャーは炒める、カーは魚の意味。
白身の魚(たいていは雷魚)をターメリックで味付けして揚げ焼きに、それを葱や香草などの野菜、揚げ玉葱やピーナッツ、そしてここでもまたブンという麺を絡めて食べる料理で、ハノイにはチャーカー通りなんていう100年以上も続くチャーカーの有名店がある通りまであるんです。
(有名店とは「チャーカー・ラボン」というレストラン)
f0036857_19232316.jpg

量的にはこれで本当に1人前?というくらいあります。
魚はふわっと上手に焼け、ターメリックなどのスパイスや、ニュクマム、香味野菜などで上手く味が付き、下に敷いてあるブンや揚げ煎餅と共に、これは美味しく食べられました。
でもこれ、チャーカーと言っても、ハノイの町で食べるチャーカーとは一線を画した何ともソフィスティケートされたチャーカーといえるでしょう。
f0036857_19243796.jpg

デザートはフルーツの盛り合わせと、ロンガン(今度は間違えません、笑)の中に蓮の実を入れたもの。
f0036857_19261472.jpg

つまらないデザートかと思ったのですが、これがなかなかに美味しい。
考えてみれば手も込んでいるし、味もベトナムらしい穏やかな甘さが感じられます。
f0036857_1927633.jpg

これでこのコースは1100000ドン++と、今までの料理と桁が2桁違う超高値でした。
でも良いんです、僕は、これで。
こういう高級レストランの味もぜひ知っておきたかったんです。
実に優雅な時間も過ごせましたし。
で、ランチ時とあって、それなりに席も埋まってきますが、僕のような外国人はアラカルトを、ベトナム人はバフェを注文する人がほとんどだったようです(僕の見る限り)。
f0036857_19321748.jpg

バフェの方も見に行ってみると、さすが高級ホテルのバフェ、種類も多そう、質も良さそう、ディスプレイもきれいと3拍子揃っていました。
f0036857_19332316.jpg

麺作りオバさん。
f0036857_19344372.jpg

寿司は前菜として大人気で、バフェを選ぶ人の皿にはたいてい乗ってました。
f0036857_19355371.jpg

他の料理の写真も念のため撮っておきました。
f0036857_1937078.jpg

これは何だろう・・・。
f0036857_1938961.jpg
f0036857_19392769.jpg

テラスではバーベキューも行われていて、これは通常のバフェに追加料金がいるようですが、肉から魚、貝など何でも注文で焼いてくれます。
f0036857_19422363.jpg

時間は午後1時半、「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」のレタイントン通り側から出て、僕の宿泊している「ヒルトンハノイオペラ」まで歩きます。
f0036857_19283478.jpg

「ソフィテル」を出るともうすぐにこの景色、ハノイで一番有名な建物といってもいい「オペラハウス」(ハノイ大劇場)、そしてその横に見える「ヒルトン」、、徒歩数分の近さです。
f0036857_19295617.jpg

「オペラハウス」は補修中なのでしょうか、青いネットが目障りです。
1時40分、「ヒルトン」に到着、すぐにシャワーを浴びて、午後2時過ぎ、7階のエグゼクティブラウンジのレセプションでチェックアウトです。
この後は飛行機が出るまで(日付の変わった深夜)、ここから歩いて約10分の「ヒルトンガーデンインハノイ」に移るのです。
もちろんこのまま深夜まで何処かで時間をつぶしても良いのですが、この日差しと暑さ、ベトナムのホテルの値段の安さを考えてると、どこかにねぐらを用意しておくのが〇と考えたのです。
f0036857_19311182.jpg

by shackinbaby | 2015-07-31 00:07 | 旅行 | Comments(2)
Commented by HK at 2015-08-02 11:52 x
徒歩圏内に集まっているのは便利ですね。
写真に車両があまり写っていませんが、この交差点の交通量はあまり多くないのでしょうか。
Commented by shackinbaby at 2015-08-02 14:19
>HKさん
全体にハノイは田舎で、ホーチミンシティのような混雑はありません。
それでも信号のある交差点は少なく、僕ら観光客は通りを渡るのに難渋しますが、ここは通りの幅が広く、一部には信号もありますが、交通量は旧市街などに比べて少なめで、朝夕のラッシュ時を除くと、この辺りはこんな感じでした。

名前
URL
削除用パスワード


<< やはり本当だった?インターコン... 大韓航空の新ファーストクラス、... >>