弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べられません (16) ハノイ・ノイバイ空港
「リークラブ」で優雅な夕食を終えた後は、なかなか涼しくならない、湿気の取れないハノイをそぞろ歩きます。
全体にハノイの夜は早く、今までどの時間も無駄にせず精力的に行動してきた僕も、後になって考えてみると、この時間の過ごし方はもう少し考えるべきだったかもしれません。
本当はちゃんと考えていたものがあるんです、夜8時頃のアトラクションとして。
それってハノイ名物の「タンロン水上人形劇場」?
いえいえ、あれは前にもう見たし、もう少しディープなもの。
ハノイ2回目の人間として、この時間楽しむべきは「カーチュー」(Catru、歌札)」という伝統芸能でしょう。
ネットのハノイ旅行記ではほとんどこれ、出てきませんが、ユネスコの世界無形文化遺産にも認定されているものなんですよ。
どんなものか画像をyou tubeから。



画像は1時間もありますから、どうぞさわりだけを、興味がありましたら全部ご覧になってください。
この音楽がホアンキエム湖そばのハンブオム(Hang Buom)通り28番地のお寺を改装した小さな劇場で週に何回か上演されているんです。
僕の行った日曜日は午後8時からの1回のみ上演と・・・。
(以前はマーマイ通りにあった「旧家保存館」、通称「マーマイの家」で上演されていたようですが、今は違います、ご注意ください)
ここのチケットを「ヒルトンハノイオペラ」の方から予約しようとしたのですが、どういう訳か「no more ticket, sorry」と・・・。
その日は上演がなかったのか、それともう予約が一杯だったのか、ま、何でも30人くらいしか入れない狭いところだとは聞いていました。
もし「リークラブ」の後、「カーチュー」も見られれば、僕のハノイは最高に完璧だったと思うのですが、残念。
その代りを探す気力もなく、午後8時過ぎから1時間はハノイのぶらぶら歩きで終始しました。
その後「ヒルトンガーデンインハノイ」に戻り、シャワーを浴び、荷物をパック、午後9時55分、ホテルをハノイ・タクシーで出発です。
f0036857_22294339.jpg

市内からノイバイ空港までは定額料金で370000ドン、この日は時間にして約40分。
メーターは約410000ドンになっていましたから、定額の方が得だったわけです。
空港到着午後10時35分頃でした。
f0036857_22311892.jpg

この国際線専用のノイバイ空港第2ターミナルは2014年の12月31日に運用を開始したばかりの、新品ぴかぴかのターミナル。
日本の政府開発援助(円借款)によって、大成建設によって作られたそうです。
f0036857_2233276.jpg

空港の施設としては最新、どこの国の空港にも負けないくらいです。
JALのチェックイン・カウンターはB。
f0036857_1827471.gif

帰路は機材変更された往路とは違い、ちゃんとスカイスイートの767と、ただビジネスクラスは完全満席とのことでした。
出国審査などは簡単、混んでもいないので、時間もかからず抜けられます。
セキュリティでは靴も脱がされます。
f0036857_2236138.jpg

出国エリア。
もう最近の空港はどの空港も同じに見えちゃいますね。
f0036857_22382795.jpg

僕の乗るJAL752便は、日付の変わった0時5分の出発。
それまではエスカレーターで上の階に上がったところにある共用のラウンジで過ごします。
免税店などもあることにはあるのですが、興味をそそられるようなものはありませんし、安くもないようです。
f0036857_22401445.jpg

「ACVビジネスラウンジ」という名前で、いろいろなセクションに分かれ、かなり広いラウンジになっています。
f0036857_22415147.jpg

向かって右にF&Bコーナー、左がPCが置いてあるビジネス・コーナー。
f0036857_2246021.jpg

一番奥からは下の階の搭乗ゲートが見えています。
f0036857_22473535.jpg

飲み物はアルコールは少なめ、ビールやソフトドリンク中心。
f0036857_22492764.jpg

質や美味しさは別にして、軽食はかなりな種類が・・・。
これは冷蔵庫の中のもの。
f0036857_2251215.jpg

他にもこれだけのトレイが並べられています。
f0036857_22522944.jpg

ホーチミンの空港ラウンジと同じく、オネーさんが作ってくれるインスタントのフォーもあります。
f0036857_22542328.jpg

色々な味のポテトチップが置いてありましたが、これは何と寿司味?
f0036857_22564868.jpg

僕は食べなかったですが、一体どんな風なんでしょう。
by shackinbaby | 2015-08-05 00:10 | 旅行 | Comments(6)
Commented by HK at 2015-08-04 23:27 x
知らなかったのですが、この資料の5ページ目によると、東南アジアの主要空港の多くが円借款で建設されていたのですね。
https://www.mlit.go.jp/common/000996752.pdf
それもあって、どの空港も同じように見えるのかもしれません。

ノイバイ空港はプライオリティパスで利用できるラウンジがないので、トランジットではタンソンニャット空港を選ぶ人が多いようです。
Commented by shackinbaby at 2015-08-05 08:56
>HKさん
ホーチミンシティに比べて、ハノイは町も空港もかなりコンパクトです。
飛んでる便数も少ないし、ここでトランジットという人は多くないのでしょう。
Commented by EL at 2015-08-05 09:48 x
ベトナム語は分かりませんが、このポテトチップスのパッケージ絵柄とそっくりのものがタイのLay'sブランドにあります。
味は海苔味です。
調べてみたらPocaというのはLay'sがベトナムで展開してるブランド名みたいですね。
Commented by shackinbaby at 2015-08-05 11:58
>ELさん
調べていただいて有難うございます。
巻き寿司フレイバーというのは、酢をどう表現するんだろうと思ったら、結局は海苔味なんですね。
食べてみればよかったのに、もうお腹が一杯で・・・。
タイはベトナムにも大いに進出ですね。
Commented by サチ at 2015-08-05 23:39 x
初めてコメントさせていただきます。
ぶらりと訪れ今ではすっかりブログのファンですw
このポテチ、個人的にはすっごく美味しい海苔塩味って感じで、ぜひ一度食べていただきたいです♪
私はプーケットで食べました。
ベトナムはまだ行った事がないので、今後の参考にさせていただきます(・∀・)
Commented by shackinbaby at 2015-08-05 23:58
>サチさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
そうだったのですか、写真まで撮ったんだから、一口でも味見してみれば良かった・・・。
巻き寿司の「酢」の部分を想像して、ゲテモノ風なイメージがよぎったということもあります。
海苔風味と分かっていればなぁ。
また何かありましたらお気軽にコメントください。
名前
URL
削除用パスワード


<< 弾丸ハノイ~もうこれ以上は食べ... JALタヒチキャンペーン >>