エティハド航空A380「レジデンス」のコンシェルジュ・サービス
誰もがすごい、一度は乗りたいと思うエティハド航空のA380の「ザ・レジデンス」クラス。
その「ザ・レジデンス」はこのほどイギリスの大手コンシェルジュ・サービス会社「テン・グループ」と提携、更にパーソナライズされた高度なサービスを提供するとしています。

         http://www.etihadmediacentre.com//file.php?f_ID=6303

食事やエンターテインメントの予約、特別なイベント、デスティネーションの情報やライフスタイルサービスを含むサービスについて「テン・グループ」のシステムを活用すると・・・。

         http://www.tengroup.com/ 

(「テン・グループ」は日本にもブランチがあるそうです http://www.tengroup.com/page/3909/office-of-the-month%2C-tokyo-japan)
エティハド航空ではサービス例として「ロンドンのトップ・レストランについて直前での予約をはじめ、ブロードウェイ・ショーのチケット予約、または希少なブルーダイヤモンドの購入」などで旅客の手助けを行うサービスをあげていますが、「希少なブルーダイアモンド」を機内で買わなくてもね・・・なんて思ってしまうのは、僕が庶民だからでしょうかね。
f0036857_11551265.jpg

by shackinbaby | 2015-08-21 19:46 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2015-08-21 22:00 x
ザ・レジデンスを使う方はこんなコンシェルジュ・サービス使い慣れているので普通の感覚なんでしょうね。
日本人はなかなか上手く使いこなせないんじゃないでしょうか。
私の友人のザ・レジデンス使ってみての感想は「プライベートジェット並のサービスだったけど途中で目的地変えられないのは・・・。」
彼はそんな事を平気で言える生まれながらの国際的なセレブなので長い付き合いの私は驚きません(笑)。
Commented by shackinbaby at 2015-08-21 23:14
>momoさん
「途中で行き先を変えられないから」なんていう人とは、たぶん僕は友達なんかにはなれない気がします。
でも値段を聞いて、超高いとは思うものの、絶対に無理という金額でもないような気がしました。
もちろん払う気は全くないですけどね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 9月からのJAL国際線機内食は... 台北駅・桃園空港を結ぶ「桃園空... >>