9月からのJAL国際線機内食は家庭料理?+牛すき@吉野家
JALの9月からの機内食の発表があり、国際線ファーストクラスのお酒に山口県の「獺祭・磨き二割三分」が加わったなどそちらに注目している方も多いようですが、僕の注目は「かもめ食堂」のフードスタイリストが手掛けたというエコノミーとプレミアムエコノミー用の家庭料理風メニュー、そして長距離線2食目の新「AIR吉野家」でしょうか。



まず9月1日からは、和食の「こくうま肉じゃが」と洋食の「なつかしのロールキャベツ」が登場するようです。
肉じゃがは隠し味にオイスターソースを加え、野菜は家庭風に大きめにカット、枝豆ご飯が添えられると・・・。
f0036857_18261632.jpg

ロールキャベツの方はチキンスープで煮込み、ベーコンの旨みを生かし、トマトライスも付きます。
f0036857_18263421.jpg

どちらもサイドには、「人参・ハム・クルミのメープルシロップ」と「おからサラダ」、「特製フルーツポンチ」を添え、お酒とともに食べてもバランスの良いメニューとしたとのことです。
提供路線は、欧米と豪州、東南アジアの24路線。
成田発はシカゴとボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、モスクワ、シドニー、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、デリー、ハノイ、ホーチミンシティー、バンコク行き、羽田発はロンドンとパリ、シンガポール(37便)、バンコク(31便)行き、中部発はバンコク行き、関西発はロサンゼルス行きが対象だそうです。
で、長距離路線2食目として出されるのは「AIR吉野家」の4作目、店舗のメニュー「牛すき鍋膳」をベースに、機内食向けに仕上げたもの。
f0036857_18265531.jpg

生たまごは機内食として使えないため、「だし醤油入りたまご」をご飯にかけて食べるんだとか・・・。
こちらは欧米13路線が対象。
成田発はシカゴとボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニー行き、羽田発はロンドンとパリ行き、関西発はロサンゼルス行きで出されるそうです。
JALもいろいろ工夫して機内食を作っているようですが、やはり経費節減は感じますね。
ちょっと前まで機内食といえば「beef or fish?」と聞かれたのに・・・。
by shackinbaby | 2015-08-21 19:47 | 旅行 | Comments(8)
Commented by momo at 2015-08-21 21:44 x
「AIR吉野家」シリーズはいちばん人気だそうですね。
「空の上で吉牛登場」このニュースはこちらのブログでも盛り上がりましたね。
意外に皆さんが吉牛好きだったのが嬉しかったのを覚えています(笑)。
Commented by shackinbaby at 2015-08-21 23:13
>momoさん
今回は卵にいろいろ努力をしたようですね。
欧米人には果たしてどうなのかと思いますが、ニューヨークなどには店があるし、全体に和食に興味も出てきているし、これは大丈夫なんでしょうかね。
Commented by nagi@SEA at 2015-08-22 01:47 x
ナパにあるREDD WOODと言うピッツァレラには
Farm made eggと言うoptionがあって、1USDだったので追加してみたら温泉卵のゆるいやつがピザの上に乗ってきました。
フォークを挿すと黄身が流れだすくらいの。

とりあえず少しでも火が入っていればいいんでしょうかね?

もう数年吉牛はいってないんですが、春に代々木にある牛丼太郎がなくなるというので思わず行ってきちゃいましたw
Commented by shackinbaby at 2015-08-22 09:43
>nagiさん
ピザ・ビスマルクですか。
でもあれは生卵を落として、熱で半熟にするタイプ。
nagiさんのはオプションで乗せるタイプですね。
玉子って偉い、どうやっても大体美味くなる・・・。
Commented by Jun@SJC at 2015-08-22 14:30 x
機内食で生卵が使えないのは、機内食の衛生管理上のレギュレーションを満たせないからだとおもいます。
(本来は、機内で食中毒を思わせる症状の人が一人でも出たら機長には報告義務があり、到着地で全員が検疫を受けるまで降機出来ない可能性もある。)

一方、アメリカでは卵を生で食べる、という概念自体が無いんですよね。
だから流通する卵の安全基準に生食が考慮されていませんし、普通のレストランも知識がありません。
そもそもみんな、「え?生で?なに食べてんの?(ゲゲッ)」って反応をします。
だから、ピザなんかでも必ずオプションになってますね。お客さんが自らリスクを取る、ということで。
Commented by shackinbaby at 2015-08-22 17:10
>Junさん
アメリカのスーパーで見る卵の賞味期限ってすごいものがありますものね。
日本のTKG(卵かけごはん)なんて、実に信じられない和食なんでしょう。
機内での食中毒なんですが、長距離路線であっても、最初の機内食配布から降機するまでに8時間くらいはありますよね。
感染菌種別にみてみると、潜伏期間が長いものでサルモネラ、ウェルシュ、ボツリヌスなどが6~7時間で発症し始めるといいますから降機する頃に症状が、セレウスの一部やブドウ球菌のように数時間で発症するタイプだと機内が阿鼻叫喚になっちゃうんでしょう、たぶん。
HACCP等の食品製造管理手法を導入(認証取得)して衛生管理は機内食会社、死に物狂いでやってるでしょうから、最近は機内での食中毒で検索で引っ張ってくるのは中国での期限切れピーナッツの件だけみたいですね。
大分前にはJALですごいのがあって、東京発パリ行ジャンボのチャーター便がアンカレジ離陸後機内食で食中毒、乗客196名およびFA1名計197名が発症(発病率57%)、143名がコペンハーゲンで入院となったのは、たぶん史上最高の機内食食中毒時間だったかもしれません。
Commented by nagi@SEA at 2015-08-23 04:08 x
なるほど、注文する人がリスクを負うのですね。
流石に日本ほど衛生管理が厳しいところも無いでしょうし。
…でもSEAで牡蠣を食べまくってしまったワタクシ。
リスク取りすぎやw

(いまThe club at SEAというラウンジなのですが呼び出されてCのパスを頂いちゃった! 往復でインボラ頂いてしまいました。ディレイだけど)
Commented by shackinbaby at 2015-08-23 11:02
>nagiさん
ずるいずるい(笑)、シアトルで美味しい牡蠣を一杯食べた上に往復ともインボラ・アップグレードなんて!
もううらやまし過ぎです。
日ごろの行いを神様が見てくれてたんでしょう。
どうぞお気をつけてお帰り下さい。
って、もう日本に着かれたかな。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大阪マリオット都ホテル (1) エティハド航空A380「レジデ... >>