新・サクッと香港 (6) 蘭芳園
「ハイアットリージェンシー香港尖沙咀」にチェックインしたのが香港時間の午後の9時頃。
アップグレードされた部屋と部屋からの夜景にすっかり満足、ささっと記録のために室内の写真を撮り、すぐにホテルの外に・・・。
夜11時半までやってるはずの23階の「リージェンシークラブ・ラウンジ」にも顔を出さず、急いでここに。
ホテルから歩いて4~5分、かの有名な「重慶大廈」(重慶マンション)に、です。
f0036857_21352371.jpg

インド系のショップやレストラン、バックパッカー御用達の激安ゲストハウスがごちゃごちゃと雑居する巨大なこのビルは50年以上の歴史を持つ尖沙咀の顔。
そのどこか危険で秘密めいた雰囲気は、外国人旅行者にもつとに有名で、このビルの前には多くの客引きがたむろしています。
そんな「重慶大廈」も2011年にその古びに古びた外装を新しくし、更に今度は地下をリニューアル、「活方」という若者向けのショッピング・フロアに生まれ変わりました。
f0036857_21363385.jpg

ピンクの看板の格安コスメ屋「莎莎」の下あたりからエスカレーターで下りて行きます。
f0036857_21375881.jpg

天井が低い他は、すっかり今風に・・・。
f0036857_2139314.jpg

若者向けの店を横目に一番奥へ、そこには何と香港「茶餐廳」の超老舗、「蘭芳園」(ランフォンユン)があるのです。
f0036857_21395772.jpg

実はここの閉店が午後の10時、それに何とか間に合うようにホテルのチェックインから急いでここまで来たのです。
f0036857_2141472.jpg

香港版の定食屋というか大衆食堂の「茶餐廳」、今ではその数もずいぶん少なくなっていて、香港島の「ヒルサイドエスカレーター」沿いにあって、香港島の住人で知らない人はいないと言っても過言ではないオリジナルの店はもうなく(一番下の写真、参照してください)、今は上環とここ尖沙咀に、レトロを売り物にして値段を上げた店をやっているのです。
f0036857_21421100.jpg

「茶餐廳」をリニューアルするとかなりモダンな作りになってしまうところが多いようですが、ここはオリジナルの店に近いレトロさがデザイン上の売りのよう。
f0036857_21434742.jpg

僕はもう20年以上前のオリジナル「蘭芳園」を知っていますが、あそこは本当にぼろかった・・・。
でも値段は安いし、注文した料理はすぐ出て来るし、従業員の無愛想さを帳消しにする「往年の香港らしさ」がありました。
f0036857_21444635.jpg

(壁を飾る1970~80年代の香港ポップスのLPジャケット写真には、そのシンガーのサインが入れてあり、僕のような昔の音楽好きにはニヤッとしてしまうインテリア)
f0036857_21463098.jpg

インテリア同様、メニューもオリジナル店同様の懐かしいメニューが継続されています。
でも値段は上がってる~。
f0036857_21482613.jpg

もちろん為替の問題もあるし、何しろこんな一等地、家賃は相当高いんでしょう。
f0036857_21503347.jpg

まずはここに来たらこの店名物の奶茶(ミルクティー)。
ここの奶茶は、他の店とは違うこだわりがあるそうなんです。
「滑如絲襪」(滑らかさはストッキングの如し)と称されるミルクティー。
その作り方の秘密をあるウェブ(「香港ナビ」)には
「茶葉は、セイロンを主とした、厳選されたものを使用。
そして40分くらい煮てから、茶の内容物が沈殿してから漉します。
これを繰り返して作ります。
茶餐廳だと、普通は鍋に大きな茶漉しを入れて作るんですが、そうすると時間がたつにつれてお茶が濃く苦くなってしまいます。
そこで蘭芳園では、お茶を小分けして、濃さを均等にするように工夫しています。
だから最初から最後まで滑らかな味が楽しめるのです。
ちなみに一つのポットで、おおよそ10杯分しかとれないのだそうです。
ここのミルクティーは、実は牛乳ではなく練乳を入れているんです。
だから砂糖は使ってません。そのおかげで、苦味も和らいで自然な感じの味わいになっています。
茶漉しの素材にもこだわりが。
使用しているのは、高密度のウール地でできた毛布。
穴が小さい上に何重にもなっているので、茶葉からの細かい粒が出ないのです!
それもまた滑らかさのポイントです! 」
とありました。
なるほど。
僕も初めてこれを飲んだ時はちょっとした衝撃でしたね。
しかしその後同じようなミルクティーをいろいろなところで飲むようになり、その感激はかなり薄れましたが、練乳も心地良く、美味しくいただけました。
もう一つ頼んだのは「猪扒飽」(ポークバーガー)。
f0036857_21514050.jpg

香港風のカツサンド、というかカツバーガーみたいなもので、豚肉と、自家製マヨネーズが挟まっています。
f0036857_21524855.jpg

これが素朴で良い感じなんですよ。
でもこのタイプの中華バーガーでは、ポークチョップにはなりますが、マカオの「大利来記珈琲室」ののほうが美味しかったかな。
HK$18+HK$23で、日本円に直すと計約630円でした。
f0036857_21535216.jpg

この店にはたくさんの食事メニューもありますが、昔から有名なのはインスタント麺の出前一丁を使った「雞扒撈一丁」(鶏肉フライと出前一丁のつけ麺)辺りでしょうか、昔の「茶餐廳」のメニューが結構残っている感じです。
僕の時のウェイターは明らかにオリジナルの時代から働いてそうなお爺さんで、愛想はありませんが、嫌な感じでもありませんでした。
かえって香港らしいかも。

最期にオリジナルの店は今どうなっているかというと、こうなってます。
f0036857_2159538.jpg

近くに「蘭芳園」の名を付けた焼味(又焼とか焼き物を売る店)の店はまだあります。
by shackinbaby | 2015-09-13 18:01 | 旅行 | Comments(9)
Commented by HK at 2015-09-13 19:05 x
重慶大厦前をどんなに澄ました顔をして歩いても、必ずインド系に日本語で声をかけられます。「ロレックス安いよー」と。
今回は、朝食に蓮香居、昼食に夏宮で胃もたれを起こしました。
蓮香居で油っぽい湯葉みたいなものを食べたのが原因かもしれません。
その後は気合で治し(笑)、夕食に大班樓、翌日の昼食に何洪記、夕食に香宮で食べました。
それにしても、夜食にポークバーガーはさすがです(笑)
Commented by MEG at 2015-09-14 08:01 x
あの重慶がこんなにぺかぺかに~。
蘭芳園のクローズも知らなかったので、朝からびっくりでした。
(前回行っておいてよかったデス)
行くたびに、どこもかしこもおしゃれに小綺麗になっていく香港や台湾に
ちょっとばかりさびしく感じてしまいます。
旅行者の感傷ですが。。。
Commented by hayate2011 at 2015-09-14 08:22
重慶大厦のGHに4年前に宿泊しましたが、最近ご無沙汰しちゃっています。
しかし、いつの間にかこんなに綺麗になっていたとは・・・。
年末に香港に行く予定があるので、上記店の香港風カツサンド試してきてみたいと思います。

HKさん

>朝食に蓮香居、昼食に夏宮で夕食に大班樓、翌日の昼食に何洪記、夕食に香宮で食べました。

少し食べ過ぎではありませんか?(笑)。
蓮香居は、自分も香港に行くたびに立ち寄っています。
一人でローカルな雰囲気を味わいたい方には悪くない店ですよね。
Commented by HK at 2015-09-14 11:37 x
>hayate2011さん
それでも、shackinbabyさんには、かないません(笑)
Commented by shackinbaby at 2015-09-14 12:57
>HKさん
彼らの人種識別能力はすごいですよね。
香港だけじゃなく、どの国にもそんな一角はありそうですが・・・。
Commented by shackinbaby at 2015-09-14 12:59
>MEGさん
外見だけですよね、それも夜のネオンが付くと特に感じますが、昼間の外観は基本的に相変わらずです。
中に入ればいつもの通り、会場のゲストハウスへの行列もいつも通りだし、胡散臭さ全開の店もいつも通りです。
Commented by shackinbaby at 2015-09-14 13:01
>HKさん
実は蘭芳園の後にもう1軒、寄っちゃったんです。
もうこの日は食いっぱなし、翌日も同じだったかも・・・(笑)。
Commented by たにとも at 2015-09-14 13:11 x
蘭芳園移転したのですね。ここのミルクティは大好きです。
ポークバーガーのほうは好みではなかったので一度だけ。
オリジナル店のあった辺りも変わっていくのでしょうね。
Commented by shackinbaby at 2015-09-14 18:18
>たにともさん
あのヒルサイドエスカレーターの脇のエリアは、エスカレーターより上環側は、まだまだかなりなローカルぶりです。
中環側は相当にグルメ地区になっていて、新しい店もいろいろ出来ています。
僕もそんな中ある店に行ってきました。
「大官廳」という店です。
順番にご紹介していきますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「チャイナブルー」でランチ 茶亀のホテラバさん >>