ショートトリップ・マニラ (3) 成田からの出発
さぁ、いつもの僕の旅行記のスタイルに戻りましょう。
今回の僕のマニラ行きは、いつもの弾丸旅行よりやや長く、午後便利用ではありますが一応2泊3日でした。
実質滞在時間は約37時間ほど。
まず何故いまフィリピンというかマニラなのかというと
   アジアの大都市の中でしばらく行っていない街(約10年ぶり)
   JALだと1日2便成田から出ている
   JALだと「NARITAサンクスキャンペーン」の対象(マイルがダブル、アマゾンの商品券)
   ハイアットの新しいホテルが出来た
   ハイアットのプロモーションに参加しているし、来年もステイタスを維持することに決めた
辺りと
   古いペソの紙幣が今年いっぱいで使えなくなるという話(噂?)をネットで見た(10年前の紙幣をまだ持っている)
などからの決定です。
古い紙幣というのはこれ。
f0036857_23293860.jpg

読んだサイトの代表例はここです。

     http://ameblo.jp/havefun-vivi/entry-11970765664.html

とにかく持ってる紙幣の価値がなくなるのは嫌、約1万円分くらいのペソが手元にあるのです。
本当に使えなくなるのなら、交換できるうちに交換したり、使っちゃわなくちゃ・・・。
結論的には全く普通に街中で古い紙幣も流通していて、今年限りで使えなくなるような状況は見受けられませんでした。
久しぶりに乗った京成のスカイライナー。   
f0036857_22141599.jpg

空いているし、成田までも早いし(43分)、JRの成田エクスプレスより安いし、座席はややチープですが、悪くない選択です。
成田空港第2ターミナルはシルバーウィークの一番混雑する日は外しているとはいえ、いつもよりはかなりな人。
f0036857_22152539.jpg

僕の今回の予約は特典航空券、ビジネスクラス利用でJALのマイルが40000マイル、その他に燃油サーチャージ他諸税合計で10680円必要でした。
f0036857_22165127.jpg

前述のようにマニラは「NARITAサンクスキャンペーン」の対象地なので、特典券は使いたくなかったのですが、アップグレード可能なダイナミックセーバーのBが12万円もするのです。
ビジネスクラスなら148000円。
f0036857_22234463.jpg

そんなに高いのは嫌ということで、まだまだ余りに余っているマイルで行くことにしたのです。
JALの来年度のステイタスもそろそろ考えなくてはですが、もう8000FOP位にはなっているので、今回特典で旅行してもたぶん大丈夫だろうという目算もあります。
f0036857_22245646.jpg

僕が乗るのは成田発のJL745便、午後7時20分の出発予定。
マニラに着くのは現地時間で午後11時頃になりそうで、深夜に世界ナンバーワンのワースト空港といわれているマニラのニノイ・アキノ空港に着くのはリスキーですが、昼過ぎまで仕事をしてからの出発なので、この便しかチョイスはなかったのです。
f0036857_22253522.jpg

それに今は雨季なはずだし、よくよく考えてみれば、時期的、時間的にはあまり良くないタイミングでのマニラ行きと言えます。
混んでいてもセキュリティにはファストトラックはあるし、今回は自動化ゲート(↑)を使ったので並ぶ必要もなし。
自動化ゲートに付いてはここを。

     http://www.narita-airport.jp/jp/news/gate/index.html

ただ僕がよく使う香港などに比べて、機械の反応がやや遅めな気もするんですけど、僕の偏見ですかね。
イミグレーションを出れば、すぐにJALのラウンジです。
f0036857_22284450.jpg

あとはお馴染みの画像ばかり。
f0036857_22293344.jpg

まずはマッサージを予約(香港のキャセイ・ラウンジと違ってここはスムーズに予約が入りました、しつこい?笑)。
次いでジョン・ロブの靴磨きコーナーでシューシャインをお願いして・・・
f0036857_22301677.jpg

今度は食欲の方。
例によってちゃんと(笑)お昼は抜いて成田まで来ています。
f0036857_22312538.jpg

寿司を握ってもらい・・・
f0036857_2232614.jpg

カレーもスープストックトキョーのロブスタービスクだって食べちゃいます。
f0036857_22325360.jpg

このごちゃごちゃさが日本人ですね。
f0036857_2373052.jpg

アルコールの写真も念のためパチリ、僕は全く興味ありませんが。
f0036857_223535100.jpg

搭乗ゲートは95番なので、時間を見てサテライト側のファーストクラスラウンジに移動します。
f0036857_22361372.jpg

マッサージも午後7時搭乗開始と見て、午後6時半にこちら側のラウンジで予約を入れてあります。
f0036857_22374296.jpg

サテライト側は利用客がかなり少なく、特にジャカルタやホーチミンシティ行き辺りが出ると、本当に人気(ひとけ)がなくなっていきます。
f0036857_223658100.jpg

by shackinbaby | 2015-09-26 23:07 | 旅行 | Comments(2)
Commented by たにとも at 2015-09-27 22:53 x
空いてますね~。ラウンジ。
シルバーウイークの出発時は私達夫婦も羽田でマッサージしていただきました。
復路のマルペンサのSARA MONTEVEDIラウンジは空いていたのですが、
ラウンジそのものが簡素で一昔前の雰囲気。
乗り継いだヘルシンキのフィンランド航空のプレミアムラウンジは
とってもお洒落な雰囲気で食事も美味しく頂きましたが122席あると
言われる座席は出発便がかさなる時間帯だったようで、激混みでした。
Commented by shackinbaby at 2015-09-27 23:46
>たにともさん
10分ちょっとのマッサージですけど、受けると気分も体調も違うんですよね。
僕は出発前ラウンジでマッサージだけは受けたいと思っているんです。
時々は一杯で駄目ですが・・・。
ヘルシンキの新しいラウンジは評判良いですね。
かなりな%で日本人利用も多いと聞きます。
あの空港自体コンパクトで使いやすく、僕は好きな空港ですね。
僕はあそこでGeishaという芸者さんデザインのチョコレートをお土産に買いました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 香港空港にスカイチームの専用ラ... ショートトリップ・マニラ (2... >>