ANAのショッピングサイトで機長操縦桿が767000円
ANAは10月1日から「ANAショッピングA-style」で、ANA航空機材の整備の際に取り下ろされた部品を再利用した「Reproduction goods」シリーズから、操縦桿やピトー管、エンジンファンブレードを観賞用として加工した商品を売り出すとのことです。
767-300型機に搭載されていたPIC(機長)操縦桿は767000円。
1990年に受領した機材で、約25年間ANAで運航されてきたものだそうです。
ジェットエンジンファンブレードはANAのロゴとパーツナンバーの刻印入れて298000円。
飛行中の気流圧を計測するために機首や垂直尾翼に取り付けられているピトー管はANAのロゴとパーツナンバーの刻印入りで198000円だそうです。
この値段ならっという間に完売ですね、きっと。
JALも何かやらないかなぁ。
by shackinbaby | 2015-09-28 21:32 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2015-09-28 23:44 x
たかーい(^_^;;;
って言っているようだと航空機ファン失格ですかね(苦笑

ピトー管よりはタービンブレードのほうが惹かれますが…CFM56だと結構海外のオークションにお手頃価格で出てますよね。
Commented by shackinbaby at 2015-09-29 00:57
>nagiさん
こういうのって値段があってないようなものだし・・・。
熱烈なファンって絶対いるので、「この値段ならっという間に完売ですね、きっと」と想像しました。
もしJALのが出たら、ここまで高いと駄目ですけど、僕も食指が動くかもしれません(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< ショートトリップ・マニラ (4... さようなら「ホテル日航東京」 >>