ショートトリップ・マニラ (9) 「ハイアット・シティオブドリームス・マニラ」の朝食@クラブラウンジ
「ハイアット・シティオブドリームス・マニラ」のクラブ・ラウンジは7階にあります。
f0036857_2233259.jpg

朝の6時から夜の11時までオープンとチェックイン時もらえる紙には書いてありますが、午後10時半でクローズという風にいわれたこともあります(これは要再確認です)。
f0036857_2253731.jpg

朝食はコンチネンタル・バフェが朝の6時から10時半まで。
f0036857_226348.jpg

説明書には確かにそう書いてはあるのですが、実際にはG階の「ザ・カフェ」でフル・バフェを食べても良いんだそうです。
そうならどうしてそう書かないのでしょうか?
「コンラッド東京」の朝食でも同じことを僕は書きました。
それがダイアモンド・メンバーだけの特典ならダイアモンド専用の案内書を作れば良いのです。
知ってる人だけが・・・というのはあまり気分の良いものではありません。
f0036857_2272632.jpg

僕はこの日はこのラウンジで、翌日は「ザ・カフェ」で食べたのですが、「ザ・カフェ」は広大なキッチンカウンターを誇り、とにかく種類多くの料理が並べられてゲストを圧倒しますが、とにかく賑やか。
もし3日目もこのホテルに滞在していたら、またこの静かなラウンジに戻っちゃうね、そんな雰囲気でした。
f0036857_2292426.jpg

ラウンジはそこそこの広さがあり、いろいろなタイプのテーブルとチェアがあり、好きなところに座れます。
僕の体験では午後6時から8時までのプリ・ディナー・ドリンク&オードブルの時間が一番混んでいましたが、それでも20人以上いたことはありません。
f0036857_22105323.jpg

一面の窓からはたっぷりの外光が入り、空港からマニラ湾側の景色を見ることが出来ます。
f0036857_22115886.jpg

とはいっても周囲は工事中のところも多く、決して見ていてきれいと思うような景色ではありません。
ただ空港に着陸する飛行機は頻雑に眺めることが出来ます。
分かりやすい色とデザインの機体なら、どこのエアラインかかすかには分かるくらいに、です。
f0036857_22144192.jpg

説明書によると1部屋に付きラウンジ利用は2人まで、その他2名までの宿泊者以外のラウンジ利用が可能だそうですが、朝食は一人1000ペソ、昼間は700ペソ、プリ・ディナーは1500ペソ、夜間は500ペソ必要と書かれていました。
f0036857_22161295.jpg

ラウンジの奥から入口方向を見たところ。
f0036857_22134529.jpg

では、朝食アイテムを見てみましょうか。
メインはこのシェフ常駐のホット・ステーション。
バンコクや台北のグランドハイアットのラウンジのそれと似た作りです。
f0036857_22171092.jpg

希望の卵料理、麺料理、点心、お粥・・・をシェフが一人でこなしてゆきます。
f0036857_2218596.jpg

柱の周囲にはパン、シリアル、チーズ、フルーツなど。
f0036857_22215390.jpg

ヌテラ(ヘイゼルナッツ風味のチョコレート味のスプレッド)は日本のホテルのラウンジではあまり見ないですよね。
f0036857_22234126.jpg

ここで食べるべきはここはマニラ、絶対にエンサイマダでしょう。
あれはマヨルカ島だけではなく、フィリピンで独自の発展をしているんです。
フィリピンで一番有名な菓子パン、あるいはスイーツといえるかもしれません。
エンサイマダの説明は

     http://www.n-r-h.biz/international/news_phil/2547/

をご覧ください。
ドーナッツとパン・オ・ショコラの間にあるやつです。
f0036857_22253624.jpg

シリアル類。
f0036857_22265516.jpg

コールド・カッツは流行の冷蔵庫スタイルで置かれています。
f0036857_2228481.jpg

こんな窓際の席で・・・
f0036857_22292216.jpg

こんな朝食にしてみました。
麺はエッグヌードルかラーメンから選べますが、ラーメンの麺はストレートな普通の小麦粉の麺です。
f0036857_22332585.jpg

フィリピンなのでジュースはマンゴ・ジュースに・・・。
でもそれだけでは飽き足らない僕はフレッシュなマンゴも剥いてもらいます。
f0036857_22342659.jpg

こんな風に出てきます。
まるまる1個分です。
f0036857_22441720.jpg

このマンゴが最高、本当にフィリピンの完熟マンゴは美味しい!
タイのとは違ったつるっとした滑らかさがあって、甘味は最高に濃く、やっぱりマンゴはフィリピンのがベストかな。
タイ大スキの僕が言っちゃう、マンゴはやっぱりタイよりフィリンピン!(笑)。
種類は違いますけどね。
このあと僕がラウンジに顔を出すたびに、顔馴染になったスタッツフに「マンゴ、剥きます?」と聞かれちゃう程気に入りました。
もちろん滞在中3回も食べちゃいましたよ。
by shackinbaby | 2015-10-03 11:16 | 旅行 | Comments(8)
Commented by Fitnessfreak at 2015-10-03 12:35 x
マニラのラウンジ朝食はバラエティ豊富ですね!
最近何度か経験したのですが、ハイアットは各ホテル独自のDIA向けの特典がいろいろあるみたいです。ワイキキのハイアットではリゾートフィーが無料だそうですし、ダナンのハイアットはホイアン行きの、プーケットのハイアットではパトンビーチ行きのシャトルバスがDIA特典で無料って言われました。初訪問のホテルの時は、朝食もラウンジからレストランに振替可能か、ダメ元で聞いてみた方が良いかもしれません。
DIA会員向け独自のサービスと言えば、パークハイアット東京はDIA会員向にカクテルタイム(以前はニューヨークグリルで)を提供しててくれていて大変お気に入りだったのですが、最近はどうなっているのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。
Commented by momo at 2015-10-03 13:04 x
>知ってる人だけが・・・というのはあまり気分の良いものではありません。
私も同じ感想です!
私の経験上ではHyattはこの傾向が強いように感じます。
そして頻繁に変わるんですよね・・・。

上記の感想は私だけでしょうか?

     
Commented by shackinbaby at 2015-10-03 16:48
>Fitnessfreakさん
ちゃんと、これはダイアモンド・メンバーだけですか、クラブ利用者は誰でもOKですかとか聞いてくれば皆さんのためになるんですが、ついつい忘れちゃうんですよ。
ここの場合は、よほど食欲があるとき以外はラウンジの朝食の方が良いです。
パークハイアット東京のダイアモンド・メンバー向けカクテルタイムはピークバーでやっているはずです。
少なくとも数ヵ月前は・・・。
おつまみも小皿のバフェです。
DJも入ってグルービーな雰囲気ですよ。
Commented by shackinbaby at 2015-10-03 16:56
>momoさん
僕は根が貧乏根性だからでしょう、自分だけ知らないのは損、それは嫌と考えてしまうんです。
ハイアットにそうしたことが多いかは分かりませんが、とにかく僕はよく人に聞くことにしています。
あとで後悔しないように・・・。
Commented by Fitnessfreak at 2015-10-03 18:30 x
今年プーケットのハイアットに宿泊した時に、GMみたいな人が部屋の不具合について謝りに来た際、「うちのホテルはタムコンに書いてあるベネフィット以外にもDIA会員様には朝食レストラン振替可能とか、シャトル無料とかいろいろ特典を用意しているのでよろしく!」みたいなことを早口の英語でしゃべっていました。英語のヒアリングは苦手なので、詳しい事情はわかりませでしたが、ハイアットはDIA会員向け各ホテル独自の特典が許されている様な印象を受けました。ちなみにハイアットとしては珍しい(笑)ことなのですが、プーケットではDIA会員の特典を書いたパンフレットをチェックインの時に渡してくれました。各ハイアットがプーケットの様にしてくれれば良いのでしょうね。ただ皮肉にも、妻にとっては水まわりの不備が多く、二度と行きたくないハイアット(笑)だそうです。最近、他のホテルプログラムにも興味があるので、よそ様?の事情も知りたいところです。
Commented by shackinbaby at 2015-10-03 22:02
>Fitnessfreakさん
なるほど・・・。
Fitnessfreakさんのご助言に従って今日宿泊しているホテルでは、遠慮せずにずけずけといろいろなことを聞いちゃいました。
そこの場合は事前に僕が知っているベネフィットと全く同じで隠れたものはなかったのですが、ちゃんと確認出来て良かったです。
ハイアットじゃありません、別のホテルで、ですが。
それから奥様がそう思われるほどの水回りの悪さ、ハイアット・レベルのホテルにしては珍しいんじゃないですか?
それから各チェーンのホテル・プログラムですが、僕の印象ではどれも似たり寄ったりですね。
Commented by HK at 2015-10-04 01:27 x
朝食会場からの景色がアジアの地方都市のようで、プール側とのギャップがすごいです。
それにしても、ラウンジでマンゴを剥いてもらえるなんて最高ですね。
私もマンゴを食べに何度も通ってしまうと思います。
Commented by shackinbaby at 2015-10-04 09:10

>HKさん
5年後にはここがすべて開発されて、カジノだらけになるとのことですが、果たして・・・。
フィリピンのマンゴは別格です、ぜひお試しを。
マンゴのためにフィリピンに行ってもおかしくありません。
果物の屋台で1キロ100ペソくらい、もっと安いところもたくさんあります。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... ショートトリップ・マニラ (8... >>