ショートトリップ・マニラ (11) ランチはボニファシオの「セントロ1771」で
朝起きて、庭の散歩、プール、ラウンジでの朝食、ノブホテルのショールームとこなしてから、午前10時半にタクシーをラウンジから予約しておきました。
f0036857_11381573.jpg

ここがG階エントランス隣のコンシェルジュデスク兼ベルデスク。
もちろんタクシーを予約しなくても次々には来るのですが、マニラの繁華街とは離れたところにあるこの「シティオブドリームス」、タクシーがなかなか来ない時もあるのです。
なのでホテル・カーは高いので、ローカルのメータータクシーを頼んでおくのです。
それでも時間よりはたいてい遅れてタクシーはやってきます。
フィリピン時間ってやつでしょうか。
ま、ホテル周囲の渋滞によって時間がかかることが多いというのが実情みたいですが・・・。
で、ここのタクシー手配はGRAB TAXIという配車アプリを使っているようです。

     https://www.facebook.com/GrabTaxiPH/info/?tab=page_info

僕はこれをホテルから何度も使いましたが、明朗会計、乗車前から金額が決定、運転手は英語可能、エアコン付きのまずまずの車、それにもまして(これはいつもでもないようですが)GRAB TAXIのディスカウント・バウチャーをもらえるというのが大きな利点でした。
f0036857_11392284.jpg

僕はまず新しいマニラが見たかったのでオルティガスか(フォート・)ボニファシオという地区を候補地に・・・。
ボニファシオの方が近そうだったし、ランチをするのに適切なレストランが多そうだったので、ボニファシオへ。
すると「ボニファシオまで料金は260ペソで100ペソのバウチャーを2枚さしあげますので、運転手への支払いは60ペソだけです。車はあと5分で到着します」とスマホ片手にコンシェルジュがウインクしてくれます。
え~~っ、たった60ペソで良いの?
「ハイアット」から車で30分弱かかったボニファシオまでが本当に60ペソ、たったの160円で済んだのです。
でもこのバウチャー、いつでも誰でももらえるわけではなさそうで、あれはどういう基準なんでしょう。
バウチャーを1枚だけ(100ペソ分)しかもらえない時もありました。
f0036857_1140412.jpg

ここがマニラで最新のお洒落スポット、ボニファシオです。
f0036857_11422647.jpg

ジープニーなんか走っていません、露店もありません、足元も凸凹してません。
池や噴水に彩られた若者中心のファッショナブルでトレンディなレストラン&ショッピング街。
f0036857_1143393.jpg

日中はぶらぶら散歩する人が多く、週末の夜ともなると深夜までレストランやバーを梯子する人で一杯になるそうです。
しばらく旧来のマニラとはかけ離れた雰囲気を楽しみながら(トンカツの「さぼてん」とか日本の店もいくつも進出してます。エイチアイエスもここにあります)、ランチするところを探します。
候補は↑の「Abe」。
あるいは↓の「セントロ1771」、ともにモダン・フィリピン料理店です。
f0036857_1145442.jpg

僕が選んだのはマカティにも店のある「セントロ1771」の方。
f0036857_11465068.jpg

店頭の「creative modern filipino cuisine」という言葉が気に入ったからです。
f0036857_11481491.jpg

店内は明るく、確かにモダン・フィリピンというかスペイン色を残したインテリアも心地良く、店員たちもアテンティブです。
f0036857_11504114.jpg

メニューは写真付きで分かりやすいもの。
f0036857_11513750.jpg

ジュースはここでは完熟のマンゴ・ジュースではなく、グリーンマンゴのジュースを・・・。
これはまだ熟していないマンゴのジュースで、ちょっと甘酸っぱい酸味がさわやかで、入りピンではポピュラーな飲み物のようです。
食器もお洒落。
f0036857_11525981.jpg

まずはフィリピンを代表する料理のカレカレです。
f0036857_11543841.jpg

牛のオックステールと野菜をピーナッツソースで煮込んだ料理で、これは約3人前と・・・。
海老の塩辛風調味料のバゴーンが小皿に乗って出てきます。
f0036857_120169.jpg

たぶん伝統的なカレカレより、より西洋風な技法でインターナショナルな料理に仕上げてあるんだと思いますが、肉は柔らかく最高に良く煮えていますが、これだけの量はさすがに味が単調で飽きてきます。
濃厚なので、これ2~3切れで充分ですね。
f0036857_1212770.jpg

量が多いのは分かっていたのですが、ご飯ものも食べて見たかったので、このバゴーンを使ったバゴーン・ライスというものも頼んでみました。
ま、フィリピン風の炒飯というところでしょうか、これも約3人前ということです。
f0036857_1222949.jpg

ウェイトレスはドギーバッグに入れて残りは持ち帰れますよと言ってくれるのですが、持ち帰っても僕は一人。
「フィリピン料理をいろいろ味わってみたいから注文したんだ。残してごめん」と言うと、「本当に良いんですかぁ?」ともったいなさそうな顔をしてくれます。
チョリソ(ソーセージ)とバゴーンが効いています。
途中からここにチチャロンを入れます(無料トッピング)。
f0036857_12584.jpg

チチャロン、ご存知ですか?
豚の皮を揚げた、たぶんフィリピン一有名なおつまみ、スナックです。
かりかりさくさくでこれをライスにまぶして食べると食感の違いが口に心地良く、また美味しくなります。
料理とドリンクで1120ペソ、高いですが前述のように料理は3人前、それを考えれば1人約1000円となります。
他にもフィリピンの代表的な料理がややモダンにアレンジされてたくさんメニューに並んでいました。
で、チチャロン、これはビール好きな人には最高のお共にとなるんじゃないでしょうか。
塩味。
どこででも売っていますが、これはお土産としてどこかの店頭で買ったもの、50ペソでした。
f0036857_1045023.jpg

by shackinbaby | 2015-10-05 17:37 | 旅行 | Comments(6)
Commented by HK at 2015-10-05 19:10 x
GrabTaxiはマレーシアのMyTeksiと同じ会社ですね。
利用者が口コミ評価できるので、まともなドライバーに当たる確率が高いようです。
マレーシアではバウチャーを貰ったことがないですが、これはお得過ぎますね。
パリでは、Uberの利用を検討中です。
Commented by shackinbaby at 2015-10-05 20:12
>HKさん
同一グループみたいですね。
タイにもあると書いてありましたが、僕は知りませんでした。
このクーポンはお得でした。
コンシェルジュというかベルのデスクの引き出しの中に入っていて、どういう人に渡しているのか不明なのが、ちょっと嫌なところです。
ベルの中にはこの存在を知らない人もいて、「あれっ今回はクーポンもらえないの?」と僕が催促すると、誰かに聞いて、引き出しから出してきたこともありました。
Commented by EL at 2015-10-06 09:41 x
バゴーン・ライスの上にのっているのは青パパイヤの千切りでしょうか。
タイのカーオ・クルック・ガピ(海老味噌チャーハンの混ぜご飯)に似てますね。

豚の皮を揚げたスナックもタイにケープ・ムーというのがありますが、ナムプリックの付け合せや、クイッティアオのスープに浸して食べるのが好きです。
Commented by shackinbaby at 2015-10-06 14:06
>ELさん
はい、僕も食べる前はパパイヤ辺りの千切りを予想していたのですが、食べてみるともう少し食感が柔らかい。
ウェイトレスにこれは何と聞いてみると、XXとはいうのですが聞き取れず、英語でいうと?と畳み掛けると「聞いてきま~す」と奥に引っ込んだきり、僕のところには戻ってきませんでした。
うるさい客だと敬遠されたんでしょう。
従って正体は不明のまま、若いパパイヤではないような気がします。
カーオ・クルック・ガピに似ていますが、味のアクセントがスペイン風にチョリソなんですよ。
だから全体の感じはタイとは違ってきちゃいます。
チチャロンはケープムーそのものです、これは全く同じでした。
コンビニの棚などにも、サリサリストラの店頭にもたいてい置いてありました。
Commented by EL at 2015-10-06 16:26 x
パパイヤでないとするとマンゴですかね。
レシピを検索してみるとグリーンマンゴを入れるのが一般的みたいです。
Commented by shackinbaby at 2015-10-06 18:03
>ELさん
上記の僕のコメントのサリサリストラ → サリサリストアでした。
いつもミス・タイプしてしまってごめんなさい&失礼いたしました。
で、上に乗っているものですが、パパイヤのシャキシャキ感ではなかったので、そうですね、グリーンマンゴといわれれば、そのほうが記憶の食感に近いかもしれません。
僕もググってみましたら、グリーンパパイヤにバゴーンを付けて食べるなんて記事に当たりましたので、グリーンパパイヤとバゴーンは相性が良いんですね、きっと。
名前
URL
削除用パスワード


<< reduced rates! ... 「パリ好きが決める!パリに行く... >>