台湾桃園国際空港ターミナル1にキャセイパシフィック航空ラウンジ・オープン
キャセイパシフィック航空は空港ラウンジに本当に力を入れています。
今度は台湾桃園国際空港のターミナル1・出発ホール、レベル4に新しいラウンジをオープン、最近の羽田、マニラ、バンコクなどと同じ「スタジオ・イルゼ」デザインによるものだそうです。
従来のラウンジより約100席増え、ほぼ倍の大きさに・・・。
ヌードル・バーはあるようですが、ファースト・エリアはないようです。

     http://www.cathaypacific.com/cx/en_HK/about-us/press-room/press-release/2015/new-cathay-pacific-lounge-opens-to-passengers-at-taiwan-taoyuan-international-airport.html

f0036857_19534855.jpg

f0036857_19545234.jpg
f0036857_19564571.jpg

by shackinbaby | 2015-11-17 12:21 | 旅行 | Comments(12)
Commented by キテイジェット at 2015-11-17 14:50 x
なんか、(まあ、諸事情があるのでしょうが)「羽田なんかより、真っ先に桃園のラウンジをてこ入れするべきなのに~」と、日本から台北にいくのにもキャセイを使う(ワンワールドの奴隷&Cクラスがお値打ちにて)我家のブーイングが・・・ 桃園は、(短距離路線ばかりとは言え)キャセイの基地としては、香港以外では最多の発着数のはずなのに、今までラウンジがか~な~り貧弱でしたから。。
Commented by shackinbaby at 2015-11-17 18:42
>キティジェットさん
ということはキャセイ・ユーザー@桃園には待望のラウンジということですね。
Commented by キテイジェット at 2015-11-17 20:36 x
まさに“園”通りだと思います。
“新しいラウンジにFクラス(最上級会員様)用の空間が無い”とのことですが・・・
旧ラウンジの“頭等”クラス用空間はかなり「?????」って感じの空間でした。
(まだ、成田・台北線がジャンボで飛んでいて、Fクラスが有った当時に入ったっきりですが)
今回の、新しいラウンジ(羽田のラウンジに関する借金様レポートを拝見すると)F用の空間が無くても、雰囲気は旧F空間よりも格段に良さそうですね。
Commented by shackinbaby at 2015-11-17 22:37
>キティジェットさん
いや~、新しいラウンジは良いですよ、居心地良いです。
Fセクションなんか不要です。
ま、香港のような旗艦ラウンジではファーストクラス用のエリアは必要でしょうけど。
羽田、バンコク、マニラ、今回の台北と同じデザイナー、ほぼ同じファシリティーで作られてます。
いつかは成田も関空もお願いしたいところです。
Commented by たにとも at 2015-11-18 08:19 x
何ともタイミングの良い情報ありがとうございます。
これは、来週初めの帰国時に少し早く空港到着して潜入してこねば。。でしょう。
Commented by shackinbaby at 2015-11-18 10:48
>たにともさん
グッドタイミングでしたね。
ぜひここのファースト・レポートをお願いいたします。
Commented by たにとも at 2015-11-26 19:46 x
先ずは、借金さんのお母様のお見舞い申し上げます。お母様も大変でしょうが、ご家族の皆様にも大変なご負担が掛かっておられることが想像できます。
私も二年前に両親が別々の離れた病院に入院したことにより、毎日の職場と二か所の病院通いで相当大変な思いを致しましおた。人生で最大のピンチと思ったほどです。
どうぞ、無理をなさいませんように。そして、少しずつでも回復されますようにと願っております。

さて、桃園のキャセイラウンジ寄ってまいりました。当日は台北市内で松山空港から帰国する主人と別れ、一人で桃園に向かいました。
フライト二時間前に空港到着しましたが、私はJAL便利用の為ターミナル2でチェックイン。急ぎ足でターミナル1に向かいラウンジ潜入。
航空ラウンジに向かう通路は以前と変わらず薄暗い雰囲気です。
中に入ってみると、以前とはくらべものにならないほどスッキリとしたインテリアで広々した空間。
借金さんが同じデザイナーによるものとおっしゃるように、羽田やバンコクの雰囲気と似ています。
時間が無かったので一目散にヌードルバーへ。
それでも、機内食は食べない覚悟で「ワンタンメンと点心全種(4種)くださ~い」とオーダーして完食。
もう少しいけるかな?と「牛肉麺」も追加注文して、勿論完食いたしました。
この中では牛肉麺が一番のヒットでした。
Commented by たにとも at 2015-11-26 20:07 x
今回の台北の新しい情報を。と考えてみましたが、大抵毎回同じような行動で目新しい情報があまりありません。
今回初めて挑戦したことを。點水楼のSOGO店で平日の午後二時半から四時半にアフタヌーンブッフェをやっているのですが、挑戦してまいりました。年甲斐も無く、、食べ放題。。
通常、店で出されている小籠包や點心、デザート類が二時間オーダーバイキング形式で頂けます。
3つのコースがあり、金額の差はオーダー出来る種類が少し増えます。
真ん中のコースでお願いして二人で税込878台湾ドルでした。
お味はどれも間違いく美味しかったです。蒸したてアツアツが提供されます。
当然、その日の夕飯は食べられませでしたので、挑戦して良かったのか、悪かったのか。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 22:38
>たにともさん
ご心配をおかけしております
暖かい言葉を有難うございます。
僕は最近桃園空港を使っていないので予想がつかないのですが、ターミナル2と1は繋がっていて、歩いて行ける距離なのですね。
JALの搭乗券、ステイタスでスムーズに入室OKでしたか?
そして雲呑麺+牛肉麺+点心全種、たにともさんも攻めますね(笑)。
やはり新しいラウンジは居心地も良かったでしょう。
ただ僕もJAL乗り、キャセイ・ラウンジまで少し遠いのはちょっと嫌かもですが。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 22:39
>たにともさん
點水楼の情報を有難うございました。
いまウェブを見てみたら、毎日50人限定とありました。
即叫即蒸でしかも美味しいとなれば、これは覚えておいて良いお店ですね。
Commented by たにとも at 2015-11-26 23:00 x
キャセイラウンジは搭乗券とステイタスカードで問題なしでしたよ。
私は荷物は大抵預けないのでミニカートに荷物を載せて
名古屋便のゲートD7からターミナル1のキャセイラウンジまで小走りで10分強かかりました。
往復20分と言うのはかなりな時間ロス。
毎回、と言うわけにはいかないですが、JAL指定のラウンジは積極的に入りたいようなところでは無いので
時間に余裕のある時は小走りしたいです(笑)

點水楼、こちらも夕飯無しで挑むならばお勧めです。
Commented by shackinbaby at 2015-11-27 12:24
>たにともさん
「小走りで10分強」、それはやはり遠い。
たぶん僕も絶対一度は体験したいですが、往復20分はちょっと・・・。
「JAL指定のラウンジは積極的に入りたいようなところでは無いので」は分かる気がします。
キャセイの(新しい)ラウンジはそこには入っちゃうと、搭乗までどこにも行きたくない、ゆったりさせちゃう魅力がありますよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< クアラルンプールのホテル選び スカンジナビア航空の新ビジネスクラス >>