ショートトリップ福岡 (6) アニオン
先日見つかったSDカードからの画像集です。
あの時は「ショートトリップ福岡」というタイトルで今年の2月に福岡に行った時の旅行記を書いていました。
今回はその続きとなります。
このシリーズのイントロとして最初の

     ショートトリップ福岡 (1) カウンター・グルメ http://shackinba2.exblog.jp/23721158/

で、僕はこう書き始めています。

たにともさんがJALのファーストクラスで福岡に行ってらしたとお聞きして、実は僕もそのちょっと前に、全く同じことをしていました。
その簡単な報告です。
僕の場合は以前にも書いたことのある福岡の近郊の町にいる親戚の行事に参加というのが大義名分。
それに飛行機に乗りたい、期限が迫っているファーストクラスのアップグレード・クーポンを使ってしまいたい、ホテルに泊まりたい、福岡の美味しいものを食べたい・・・いろいろなことをが重なっての旅行です。
親戚の人には
「最近はお仕事がお忙しくなくったんですか?
よく来ていただけるようになりました。有難うございます。」
といわれました。
確かに数年前までは、行事の知らせがあっても遠方にいるということで、参加することはほとんどなかったんですが、ここのところ、飛行機やホテル、グルメを絡めることを覚えてからは、お誘いがあると
「多分、行けると思います」
と返事しちゃうshackinbaby。
今回はその町の宴会場での田舎料理(失礼!)を除くと、福岡では結構美味しいものを食べてきましたよ。
今回の僕の(心の中の)テーマはカウンター料理。


そう、この時はフレンチというか洋風、イタリアン、海鮮居酒屋の3軒のれすとらんのカウンターで美味しい料理を楽しんだのでした。
今日はその最初の1軒、「アニオン」の画像です。

     http://aignon.com/
     
僕は

     ショートトリップ福岡 (5) おわび、福岡で食べたもの http://shackinba2.exblog.jp/23730947/

で、この店のさわりだけは1枚写真で紹介していて、この写真をアップした後SDカードを紛失、料理の詳細を続けて紹介できなくなっていたのです。
今回それが見つかったわけですが、実はこの店の料理に対する細かい印象をもう忘れかけています。
なので、上記(5)で書いたこの店の印象・特徴をコピペが中心です。

天神の「アクロス」の近く、明治通りと昭和通の間、オフィス街の中にあるフランス料理の店です。



題して「男のフレンチ」と・・・。
f0036857_16511047.jpg

店の入り口には「男のハレンチ」という看板が出ていて、その「ハ」にXが付いて「フ」に直しているという大人のウィットもある店です。
f0036857_16523229.jpg

店内はカウンターとテーブル席。
f0036857_16533490.jpg

でもここはカウンターに座って、そのわずか30センチ前で繰り広げられるシェフたちの調理の具合と、絶妙のタイミングで料理の説明やグルメ話、更には世間話を入れてくれるマダムを楽しむべきです。
店は夜しかやっておらず、何と深夜26時までの営業。
ワインも多種類揃えているようで、そう、ここはビストロという言葉にぴったりの店です。
ここで特筆すべきは日本によくある「名前だけビストロ」などとは違って、本物志向のフランス料理を出す店ということです。
グルメ系ビストロ?
それはメニューを見ても良く分かります。
そしてそのどれもが「おとこのフレンチ」を地で行く、ちまちま系とは一線を画すフレンチばかり。
f0036857_16545256.jpg

無骨かもしれないけれど、食べてしみじみと旨い料理、どれもポーション大きめ、味はくっきりはっきり、食べた充実感にひたれるものです。
僕はプリフィックスにしましたが、料理によってプラス料金が多いので、予算をよく考えてオーダーすべきです。
アミューズに続いて前菜として選んだブリオッシュの付いたフォアグラのポワレなんて2人前?ってヴォリューム。
f0036857_16565476.jpg

これだけでも女性なら1食に・・・って感じです。
「これはお遊びのメニューなんですけど、やたら有名になっちゃったんですよね」とマダムがいう「オトコノニューハンバーグ」もすごかった・・・。
実家が洋食屋さんだったというシェフが「究極の合挽きハンバーグ」を作ろうと、イベリコ豚にキントア豚、シャラン鴨、阿蘇のあか牛、和牛の頬とハツ、仔牛のタンを混ぜた(正確には覚えていないけど、こんな説明でした)挽肉のハンバーグにフォアグラも入れたもの。
f0036857_16583094.jpg

ビジュアル的にも約200gの大きな拳骨大の球形というインパクトもすごく、それを彩るブラウン・ソースとマッシュルームのツートンカラーはフレンチしていました。
f0036857_16595510.jpg

でもその日のシェフの本当のお奨めはビュルゴー家のシャラン鴨だったようです。
f0036857_1705417.jpg

この店には「女性と一緒」はあまり似合いません。
男性同士、あるいは男性一人でも美味しくボリュームのあるフレンチとワインが気楽に楽しめるというコンセプトの店、今回の僕にはピッタリで、とても居心地が良かったです。
f0036857_173548.jpg

ちょっと隠れ屋的な雰囲気もある、そう、「男の隠れ家フレンチ」と形容したらその雰囲気をお分かり頂けるでしょうか。

by shackinbaby | 2015-11-21 17:43 | 旅行 | Comments(10)
Commented by たにとも@台北 at 2015-11-21 18:38 x
覚えています。この書き出し文章と、そのあとSDカードを紛失されたことも。
良かったですね。無事に見つかって。
そして、こんな素敵な写真をご紹介下さって有り難うございます。
男性客がお似合いとの事ですが、行ってみたくなりました。
そういえば、まだファーストクラスのアップグレード券が残ってます。
何となく使わなきゃ勿体ないような(笑)
Commented by muchikopapa at 2015-11-21 23:34 x
カメラとその記憶媒体、悩ましい問題です。特に海外旅行の際のカメラの管理、気を使います。せっかく撮ったカメラ の盗難紛失や撮ろうとした時の電池切れ恐怖です。毎日の写真をクラウドに保存するのがベストのように思いますが、なかなかインターネット等の事情で難しいです。どなたか良い方法教えてください。
Commented by shackinbaby at 2015-11-22 14:24
>たにともさん
すみません、コピペしたのでお名前がまた入ってしまいました。
台北はいかがでしょうか?
僕はしばらく行けていません。
何か最新情報などありましたら、よろしくお願いいたします。
あと、もしチャンスがあれば新しいキャセイパシフィックのラウンジなども・・・。
Commented by shackinbaby at 2015-11-22 14:25
>muchikopapaさん
僕もデジカメの電池切れに泣いたことがあります。
対策としてはいつも替えの電池を持つことのみ?
保存に関してはどうなんでしょう。
僕にはベストと思われる方法は思いつきません、人それぞれ状況も違うでしょうし。
自分はこうしてるよなんてのがありましたら、皆さん、どうぞご教示くださいませ。
Commented by momo at 2015-11-25 22:23 x
行ってきました。
「男のフレンチ」の名の通りの内容でした。
かなり遅い時間でしたがお客さん多かったです。
女性の方も男性に負けずの健啖ぶりでこんな遅い時間にこのボリューム大丈夫?とこちらが心配になっちゃいました(笑)。
これからも足を運びたくなるお店でした。
教えていただきありがとうございました。
Commented by momo at 2015-11-25 22:29 x
申し訳ございません。
ダブり投稿を削除しようと思ったのですがパスワード違って削除できません。
よろしくお願いします。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 00:20
>momoさん
良かったぁ、グルメなmomoさんに気に入っていただいて・・・。
なかなか独特の雰囲気で、やはり都会に似合う店ですよね。
場所も悪くないし、値段がやや高めではありますが、あのボリュームを考えると・・・。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 00:20
>momoさん
はい、直しておきました。
Commented by HK@小倉牛焼肉 at 2017-03-05 19:49 x
昨夜、ラ・ラ・ランド鑑賞後の24時前に訪問しました。
おっしゃるとおり、ここは男の一人訪問にベストな選択でした。
深夜にも関わらず、本格的な食事ができるのは嬉しいですね。
シェフと話が弾み、結局2時半頃まで長居してしまいました。
リピートします。
Commented by shackinbaby at 2017-03-05 22:52
>HKさん
良かったぁ、momoさんに続いてHKさんにも気に入っていただけて・・・。
こういう店は貴重ですよね。
それにしても「シェフと話が弾み、結局2時半頃まで長居」とは!
奥様の合いの手も上手ですよね、あの店。
名前
URL
削除用パスワード


<< タイ6空港で12月からAPPS導入 マリオットのブランド紹介記事 >>