行ってみたいバンコクのモダンなイサーン料理店ほか
ここ数日でも複数の方から「バンコクにいますよぉ」の投稿をいただきました。
まるきちさんは「連休のバンコクは日本人だらけでした」とおっしゃっています。
この連休は体調の関係でどこにも出かけられなかった僕など、もう羨ましくて羨ましくて・・・(泣)。
そんな時、夕食をしながら見ていたテレビ番組で(日本のですが)お洒落系エスニック料理店を特集していて、「あぁ、バンコクにも一杯お洒落系のタイ伝統料理の店はあるよなぁ」、「久しぶりに辛~いイサーン料理でも食いてぇ」と、連想が止まりませんでした。
タイ渇望症。
具体的には次僕がいつタイに、バンコクに行けるのか全然分かりませんが、もし行けたら行ってみたいモダンなイサーン料理店を少しあげてみました。
「あ、そこ、知ってるよぉ」、「だめだめ、あそこは・・・」とか識者のご意見をいただけると嬉しいです。

★KAI YAN SUA YAI
ソムタムやガイヤーンが人気のイサーン料理店。
f0036857_19163321.jpg

ラチャダピセークにある店の支店のようで、トンローにあります。
f0036857_1916511.jpg

地域に合わせたモダンな作りの店内は、僕らでも気軽にイサーン料理が食べられそうです。

★SOMTUM DER
お洒落系イサーン料理屋といえばサラデーンのここは外せません。
f0036857_19171416.jpg

ソムタムはいろいろな種類のものが楽しめます。
f0036857_19175226.jpg

僕が前回詳しく紹介した「スパンニガー・イーティングルーム」SUPANNIGA EATING ROOMと同じ経営者です。
f0036857_19173663.jpg


★EAT
ここも「スパンニガー・イーティングルーム」系列のレストラン。
「EAT」とは「EAT ALL THAI」なんだそうで、イサ~ンやコーンケンの料理だけではなくタイ全土から地方料理を集めているそうです。
「セントラルワールド」2階の「グルーブ」にあります。

★KUMPOON
ポーション小さ目で、イサーン料理の一通りが楽しめるそうです。
f0036857_2035071.jpg

One of the better places to enjoy somtam in the comfort of air-con という評もありました。
惹かれますね。
f0036857_2041314.jpg

「セントラルワールド」の7階。

もう連想・妄想が止まらない・・・。
モダン・イサ~ン以外のレストランも書いちゃおうかな。
まずやや高級めのタイ料理店。
★BAAN ICE
タイ南部料理店の多いトンローのニューカマー。
f0036857_20505218.jpg

インテリアも料理も写真を見る限り良い感じです。
f0036857_20551953.jpg
f0036857_20553439.jpg


★KHUA KLING PAK SOD
ここもトンローの南部タイ料理中心のレストランです。
f0036857_21334466.jpg

家庭料理の味を大切に、バンコクの都会にも合わせた料理と・・・。
f0036857_21343376.jpg

Khua Kling Pak Sod has proven itself to be one of the best Southern kitchens you can find in the capital だそうです。
The true shining moment is the phad sataw—the best in town とあるのでタイの豆のサトーの辛い炒め物も食べてみたいですが、あれは臭いがきついんですよね。

次は高級系のタイ・フュ―ジョン料理レストラン。
★PASTE
伝統的なタイ料理と地中海料理の融合?
f0036857_20444357.jpg

スクンビット・ソイ49のサミティベ病院の向かいというロケーションがぴったりのアップリフティングなレストラン。
f0036857_20451260.jpg

f0036857_20532730.jpg

ジャスミンとシナモンでスモークした鱸、中国黒酢とミント、そして砕いたピーナツ添え・・・なんて食べてみたいです。

★NAMSAAH BOTTLING TRUST
更に新しい形態の1軒屋レストラン。
f0036857_21381930.jpg

ショッキングピンクの外観が印象的な、タイの料理の鉄人、イアン・キティチャイの新しいお店です。
f0036857_21391014.jpg

築100年以上のこの2階建ての建物は、以前はソーダの会社だったそうです。
f0036857_21392812.jpg

バーやDJを入れた音楽と融合した新しいスタイルのレストランだそうで、料理もパン・アジアという印象で悪くないよう。

あぁ、本当に妄想が止まりません。
いつになったらリアルにこうした店に行けるのでしょうか(涙)。
by shackinbaby | 2015-11-25 18:28 | グルメ | Comments(8)
Commented by nagi at 2015-11-25 21:49 x
連休は月曜日を除いて出勤してました。
流石に月曜日は休んで(天気が悪かったですが)秋の桜エビと温泉を求めて車を走らせましたw

SOMTUM DERは一度行きました!
おしゃれで美味しい、でも安くて。
タイハーブスープがお気に入りでした。

いかん、バンコクに行きたくなるるるる。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 00:19
>nagiさん
イサーン料理屋はモダン、あるいはお洒落系の店でも値段がリーズナブルなのが嬉しいですよね。
僕もこの記事を作っていて、もう連想・妄想が止まりませんでした。
あぁ、行きてぇ(笑)。
Commented by tactac at 2015-11-26 07:46 x
病床wにあると煩悩が暴走しますよね(笑)
私もこの年末年始にかけていろいろと煩悩を走らせているのですが
昨今の地政学リスクで旅行を手控えないといけないのか躊躇してます。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 10:25
>tactacさん
そうですよね、特にクリスマス~年末年始のヨーロッパ辺りは躊躇しちゃいます。
考えることは誰しも同じようで、冬のヨーロッパを予約していた中国の観光客が、一斉にタイや日本に振り替えを始めているそうです。
今年のお正月は大陸からのお客さんで日本国内、どこも大賑わいになりそうです。
Commented by EL at 2015-11-26 13:09 x
前回、イサーン料理店にはラープ・ランスアン、ジェー・ゴーイ、ソムタム・ヌアと有名どころへ行きましたが、どこも美味しかったです。

エアコンの効いたお洒落なお店もいいですが、イサーン料理はオープンエアの炭火で焼いている煙が漂ってくるようなお店で食べる方がタイに来たって感じで好きですね。
Commented by shackinbaby at 2015-11-26 15:21
>ELさん
ラープ・ランスワンですか、超懐かしい。
僕がバンコクで初めてイサーン料理を食べた店です。
25年くらい前?
(もちろんもっと前のバックパッカー時代に、知らないで屋台などでイサーンの料理を食べていたかもしれませんが)
あのころはチッドロムにあり、ハイアットやリージェントに泊まりながらこういうところに来るというそのギャップとその美味しさに辛さに「あぁ、タイにいるぅ」を実感したものでした。
今はバンスーにあるんですね。
あの辺りも食べ歩くと美味しい店が多そうです。
あぁ、タイに行きたい・・・。
Commented by フロムリスボン at 2015-11-28 09:01 x
私は敢えてタイ料理以外で。shackinbaby様も昔行かれた、EAT ME。メニューが次々変わるので飽きる事がありません。GAGGANは2500thb~と大幅値上げ+夜のみ、しかも客一杯となってしまいましたし。後、ソウルフードマハナコーンのオーナーらが立ち上げたイタリアン。ピザ peppinaとパスタ中心のappia。appiaのシェフは以前ルリーブォのオーナーシェフ(その前フォーシーズンズ)ダニエリさんです。
Commented by shackinbaby at 2015-11-28 11:57
>フロムリスボンさん
ソウルフードマハナコーンみたいなコンセプトの店はこれからも出来てくると思いますね。
エレガントカジュアルでバンコクのアッパーな若者と僕らカジュアル系旅行者を同時に引き付けるコンセプト、インテリアと料理。
名前
URL
削除用パスワード


<< 今晩の「探検バクモン」は機内食特集 ショートトリップ福岡 (9) ... >>