ハイアットが京都で宿坊サービス開始
ハイアット・ホテルズは年明けにも京都で「宿坊」サービスを始めるとのことです。

     http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB03H3J_U5A201C1MM0000/

ハイアット・ホテルズは京都のNPO法人「京都文化協会」から、「天龍寺」や「大徳寺の境内」、南禅寺に近い「塔頭寺院」など5ヶ所の施設の管理業務を受託。
「ハイアットリージェンシー京都」の宿泊オプションとして、それら宿坊に泊まれるプランを導入し(各寺院1日1組限定)、座禅を体験したり歴史を学んだりできるサービスのようです。
施設内にはスイートルームで使う寝具等を取りそろえ、宿坊とはいえ高級ホテル並みのサービスを提供すると・・・。
宿泊料金は1泊2食付きで10~20万円程度を予定しているといいますから、ちょっと僕には縁がないかな。
「アマン」が京都にオープンしたら(もっと希少価値のあるところで)やりそうなサービスだったのに、ハイアットに先を越されました。
ちなみに「ハイアットリージェンシー京都」は耐震補強工事のため来年1月25日から3月9日まで全館クローズです。
ご注意を・・・。



(参考までに天龍寺の紅葉の景色です。こういうのを見るとこんなところに泊まれちゃうとなると、1泊10~20万でも・・・)
by shackinbaby | 2015-12-08 09:47 | ホテル | Comments(2)
Commented by Bon at 2015-12-08 15:41 x
ご近所にはフォーシーズンズもオープンしますから、先手を打っているのかもしれませんね。
映像の宝厳院さんは普段非公開で紅葉シーズンのみ公開されています。
先日、翠嵐に滞在したときに隣なので伺いましたが素晴らしいお庭ですよ。
もっとも黒山の人だかりでイモ洗い状態でしたけど。。
こちらは特に夜間のライトアップが人気です。
翠嵐では特別に夜間拝観券をレセプションで買えます。
券がないと500mを軽く超える行列に並ぶことに。。
空撮の一部に翠嵐が写っていますね。
Commented by shackinbaby at 2015-12-08 20:08
>Bonさん
あ、そうか、そういう地理関係になるんですね。
まさか宝厳院には泊まれないとは思いましたが、天龍寺といえばここという意味で取り上げてみました。
でも宿坊に泊まれば、通常は入れないところも、あるいは開聞時間以外にも散策OKとなるところもありそうで、自分だけの京都を楽しめそうですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 成田空港第1ターミナル・グルメ... 成田空港第1ターミナル・グルメ... >>