JAL東北支援チャリティイベント・羽田空港フラッシュモブ・ベートーヴェン第9
羽田空港国内線第1ターミナルや国際線ターミナルで12月25日夜、総勢210人のオーケストラと合唱団が突然イベント広場に現れてベートーベンの交響曲第9番を演奏するJAL東北支援チャリティイベントのフラッシュモブが行われ、JALのパイロットや客室乗務員、整備士、旅客係員らも多数参加したとのことです。
ちゃんとしたプロのカメラマンを入れたり、もっと効果的なフラッシュモブになるように上手にプロデュースあるいはリハーサルしたりしないところが、最近の余分なお金はかけないJALのイベントらしいです。


by shackinbaby | 2015-12-26 17:41 | 旅行 | Comments(2)
Commented by momo at 2015-12-26 18:58 x
ALのこのフラッシュモブ、2012年ピーチの子供の乗客へのサプライズプレゼントでの話題の時にご紹介しましたがその時よりも演出、盛り上がりが・・・?ですね(笑)。
www.youtube.com/watch?v=7daxgc4v6kY

どうせならこのくらいやって欲しいです(笑)。
www.youtube.com/watch?v=gIoSga7tZPg
Commented by shackinbaby at 2015-12-27 12:53
>momoさん
こういうだらだらしたというか自然の成り行き感も本来のフラッシュモブなんでしょうが、映像に残っているのはかなり良くプロデュースされて、プロモカメラマンも入ったやつですね。
飛行機会社ではキャセイの空港でやったのとか有名ですが、オーバー・プロデュースというか、一体何回リハーサルやったんだって感じ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 贅沢し過ぎ?冬のソウル弾丸 (... JAL「エアポートリムジンバス... >>