三菱地所が下地島空港に国際・国内線旅客ターミナル整備を提案
三菱地所は下地島空港に旅客ターミナル施設の整備と、国際線・国内線旅客の受け入れ、プライベート機の受け入れを行う事業を、沖縄県に対して提案したと発表したそうです。

     http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec151225_shimojishima.pdf

空港のコンセプトは「空港から、リゾート、はじまる」だそうで、2018年5月に開業予定とのことです。
下地島空港は懐かしいです。
f0036857_12331641.jpg

あそこに飛行機の訓練を見に行ったことがあります。
f0036857_12335341.jpg

もうその時はJALは撤退していて、ANA機の訓練風景でしたが、あのタッチ&ゴーは迫力ありましたねぇ。
ちなみに沖縄県が、「下地島空港及び周辺用地利活用事業」の候補事業者として選定した4社の他の提案というのは、パイロット養成の拠点形成を目指すFTD(Flight Training Device)訓練と実機訓練を組み合わせた事業、日本初のマルチコプター操縦技術者養成施設の開設、星野リゾートによるプライベートジェットを利用するラグジュアリー富裕層をターゲットとする宿泊施設の開発といったもののようです。
どれが選ばれるのか・・・。
by shackinbaby | 2015-12-28 12:36 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 年末の旅行 贅沢し過ぎ?冬のソウル弾丸 (... >>