贅沢し過ぎ?冬のソウル弾丸 (18) 「ジョンシクタン」でランチ
「Asia's 50 Best Restaurants」でも毎年トップ10には必ずランクされている自他ともに認める韓国ナンバー1のレストラン「ジョンシクタン」。
ニューヨークとソウルに店があって、モダンコリアンキュイジーヌの代表的レストランです。
僕が今までに訪れた「プム・ソウル」や「ソワニエ」などの親分格的存在の店。
f0036857_11563229.jpg

これまで何度もこの評判の良いレストランを訪れようと思っていましたが、なかなかそのチャンスがなく、やっとのことでの実現です。

     http://jungsik.kr/seoul/#index

予約が必須な店と聞いていますが、上記ウェブサイトからは予約出来ないようです。
なので1週間ほど前に「フォーシーズンズホテルソウル」のコンシェルジュ経由で、予約を入れてみました。
「フィーシーズンズホテルソウル」の反応は素早く、まずはリクエストを承ったこと、クリスマス・シーズンなので予約が難しいと思うがプッシュするのメールが来て、翌日には予約完了のメールが来ました。
ネットを見るとこの店はなかなか予約が取れない、電話が繋がりにくいとありますが、こういう店こそ(高級)ホテルのコンシェルジュ経由は有効かと思われました。
f0036857_1201278.jpg

場所は狎鴎亭の清潭洞という一等地、その少し坂になった途中の4階建てのビル、これすべてが「ジョンシクタン」。
コンクリート打ちっぱなし系の外観とアプローチは「いかにも」ですが、東京などの同様の高級店と比べるとやや安っぽい?良くいえばカジュアルな感じがします。
f0036857_1281126.jpg

1階がバー、2階がこのダイニングルーム、3階がプライベートルーム、4階がオフィスと・・・。
店内は完全満席、店員は全員とにかく忙しく動いていて、入店から席への案内はあまり一流店とは思えないものでした。
(この写真は大体のお客が引けてからの撮影)
f0036857_129323.jpg

店内のインテリアもシンプルというか特別感のないもので、ここまででは「本当にこれが韓国で一番のレストランなの?」と思ってしまいます。
おまけに客層も若く、どの人もかしこまった感じはなく、思い思いのスタイルで食事を楽しんでいるようで、それが余計店全体の良くいえばカジュアル感を醸し出しているのでしょうか。
メニューは9コースの1種類のみで、値段は何と驚きの150000ウォン。
ランチで約15000円とは、日本だったらとんでもない値段です。
果たしてそれに見合う料理が出てくるんでしょうか?
f0036857_1295491.jpg

これがメニューに入る前のアミューズブーシュ。
まずこれはエッグフォーム、ベーコン風味でした。
f0036857_12105646.jpg

どれも複雑で凝った味、左のはライスペーパーと山葵味が印象的、真ん中のはガーリックも効いたライスコロッケ風、右はポテト主体。
味もテクスチャーも温度もどれも違い、良く考えられた3品でしたよ。
f0036857_12114712.jpg

スティックに刺さっているのはカルビ。
f0036857_12123811.jpg

で、ここから本当のコースが始まります。
最初の皿は雲丹。
f0036857_12133576.jpg

雲丹を海苔に挟んで食べる料理ですが、これは旨い!旨いです。
f0036857_12142721.jpg

雲丹そのものも新鮮で質の良いもの、海苔は海苔に香料が塗ってあって、ぱりぱりよりちょっと硬めの半板状になっています。
サンドイッチにしてむしゃむしゃと・・・。
これは日本人なら嫌いな人はいないでしょう的スターターでした。
f0036857_12152328.jpg

次いで揚げ豆腐にマッシュルームスープ。
f0036857_12163548.jpg

これはスープの香りが良いなぁ、まさにeast meets west。
f0036857_12181958.jpg

今度は蛸。
f0036857_12211317.jpg

これはアーティスティックなプレゼンテーションだけではなく、蛸の味と柔らかさが抜群でした。
f0036857_1222141.jpg

煮て、揚げて、更に味付けして、マヨネーズ・ベースのソースと合わせたもので、見た目以上に手間のかかった一皿。
今度はご飯ものでユッケビビンバです。
f0036857_12243114.jpg

これはユッケが最高、この肉質、味、食感・・・文句ありません。
f0036857_12261581.jpg

この料理、ビビンバの形式にはなっているもののこのユッケを食べるためにあるようなもの。
薄味のごま油風味の他は米を含めて野菜扱い、そうそうキヌアも入っているところが「今」系のレストランです。
by shackinbaby | 2016-01-08 11:48 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< エシレバターのアフタヌーンティ... 贅沢し過ぎ?冬のソウル弾丸 (... >>