ホテルホッピング@クアラルンプール (6) 夜のプール~ビジャン~チャンカットブキッビンタン
「ヒルトン・クアラルンプール」にチェックインした後、まず向かったのは夜遅くまで開いている8階にあるプールです。
ホテル内はもちろん充分冷房が効いていますが、外気温は32~33°。
湿度はそれほどでもないものの、急いで歩いたりすると、汗が止まらなくなります。
f0036857_175433.jpg

ここのプールはご覧のようなフリー・フォームのラグーンプール。
うねうねと長~く続いていて、隣のル・メリディアンのプールまで繋がっています。
f0036857_17545416.jpg

こんな夜でもプールにはまだ人が多く、この時間は子供がいないので、僕もスライダーで遊んだり・・・。
こうして少し体を冷やしてから、夕食に出かけます。
f0036857_17555779.jpg

クアラルンプール1食目にはビジャン(BIJAN)というマレーシア料理のレストランを選んでみました。
f0036857_17565690.jpg

マレーシア料理ビギナーには最適、外国人観光客にも慣れている・・・とウェブにあったので行ってみましたが、高級店ですね、ここ。
それもほぼ外国人観光客専門の。
なのでスタッフの英語は抜群で、コミュニケーションには困りません。
f0036857_17581330.jpg

冷房の効いたインドアと、アウトサイドのテラス両方に席があります。
f0036857_17592934.jpg

メニューにはたくさんのマレーシア各地の料理が載っていましたが、残念ながら、ここの、特にメインとなる料理は大皿系の料理が多く、一人客には不適でした。
そういうことはウェブには載ってないんだよねぇ(泣)。
f0036857_1802518.jpg

スイカのジュースはクアラルンプールのどこにもありましたが、タイのようにガムシロップを入れてことさら甘くしたりはしてません。
ナチュラルな味のジュースでした。
f0036857_1814863.jpg

まずアペタイザーにはAcar Tauhu(13リンギット)という豆腐料理を・・・。
f0036857_183753.jpg

串に刺した豆腐を油で揚げて、スパイシーなソースで合えた野菜を掛けたもので、中華料理の影響を感じさせる料理でした。
悪くない・・・。
そしてメインにはGulai Lemak Daging Salai dengan Jantung Pisang(55リンギット)というものを注文。
f0036857_1841040.jpg

炭焼きのマリネしたサーロイン・ビーフに、バナナの花をココナッツカレー味で煮たソースで食べるもので、かなりな高級版ですが、マレーシア~!って味でしたよ。
ただしこれは2~3人前、もちろん全部は食べきれませんでした。
f0036857_1851436.jpg

ご飯はマレーシア人のソウルフード、ナシルマ(8リンギット)。
f0036857_186192.jpg

ココナツ・ミルクで炊いたご飯に、ドライ・アンチョビ、ピーナッツ、サンバルソース、胡瓜などの付いたものです。
米も高級店だけあってくず米ではないし、食べると癖になる味です。
デザートにはドリアンチーズケーキ(15リンギット)。
f0036857_1864716.jpg

こういうのは通常ドリアン・フレイバーのチーズケーキって作りなのですが、ここのはドリアン>>チーズで、ドリアン好きな僕には〇でした。
居心地の良い店だったのですが、難点は値段かな。
物価の安いマレーシアで100リンギット(約3000円)を越すというのはとんでもない値段です。
ただ明らかに2~3人前の料理もあったので、実際には一人あたりにはもっと安いのでしょうが・・・。
「ビジャン」での夕食の後、歩いて数分のチャンカット・ブキッ・ビンタン通りへ。
f0036857_1875393.jpg

ここはクアラルンプールで一番活気のあるナイト・スポットで、わずか200メートルくらいに通りにちゃんとしたレストランからカジュアル・レストラン、イングリッシュ・パブやレゲエ・バーなど、雰囲気の良さそうな店がひしめいているのです。
西洋人率もかなりなもので、夜遅くまでというより明け方まで人で溢れています。
f0036857_1884614.jpg

このエリアには屋台は多くありませんが、こんな屋台とか・・・
f0036857_189528.jpg

フルーツ屋台はさすがアジアを思わせます。
f0036857_18111191.jpg

僕のここでのお楽しみはアルコールではなくマッサージ。
ここにはマッサージ店も軒を連ねているのです。
f0036857_1812737.jpg

店はいろいろありますが、値段はたいてい決まっていて、1時間のボディマッサージが65リンギット(約2000円弱)、足マッサージが50リンギットです。
ボディーは奥のカーテンの下がったところでやるので妖しい感じもありますが、こちらが何もいわなければいたって普通のマッサージでした。
僕のマッサージをしてくれた人はインドネシア人だそうですが、英語はとても上手でした。
ただオイルを使う割にマッサージ後のシャワーがないので、いくら拭いてくれても、体が少しべたつくのはXでしたね。
この時点で日付を変わった午前0時半頃、まだまだホテルには帰りませんよ。
チャンカット・ブキッ・ビンタン通りを更に進んでアロー通り、超有名な屋台街ジャラン・アローも見学です。
by shackinbaby | 2016-01-12 11:36 | 旅行 | Comments(12)
Commented by tactac at 2016-01-12 15:52 x
さあ、いよいよ街歩き編もスタートですねぇ。
KLのヒルトンは未宿泊なので参考になります。
エアポートからのアクセスがとてもよいとのこと、これは次回のために
覚えておかないといけませんね。
Commented by shackinbaby at 2016-01-12 22:02
>tactacさん
ヒルトンは悪くない選択ですが、ディテールの詰めは甘いホテルです。
お選びになるなら、値段とロケーションで決めてください。
ヒルトンだけじゃく、ル・メリディアン、アロフトなども同じ条件です。
Commented by shoji at 2016-01-13 00:43 x
ドリアンチーズケーキに反応。
これは食べてみたい。ドリアンがチーズケーキになるのかぁ、気になります。
先日のシンガポールではオーチャードに出ているアイスクリーム屋台でドリアンアイスを食べてきました。
久しぶりのドリアンフレーバーで満足しました。
Commented by shackinbaby at 2016-01-13 11:21
>shojiさん
ドリアン、お好きですか?
僕はドリアンチーズケーキを、shojiさんが先日お泊りになられた「シェラトングランデスクムウィット」のタイ料理店「バジル」で初めて食べました。
もう20年以上前です。
当時モダン解釈のタイ料理店というとここと「アマリウォーターゲート」にあった「タイ・オン・4」がお気に入りで、タイに行くたびに行っていました。
もうあのホテルには15年以上泊まっていませんが、初期のころのスタッフだった方とはタイ全土でまだお会いします。
カオニャオ・マムアンのドリアン(トゥリアン)・バージョンも行けますよぉ。
Commented by shoji at 2016-01-13 13:00 x
ドリアン好きです。
一口入れるまではすえたゴミのようなニオイに勇気もいりましたし吐くかもと思っていましたが、食べてみて、全く感想が変わりました。今では大好きです。
同じくパクチーも全く受け付けませんでしたが38歳くらいの時に担々麺に入っていてどうなるかと思いましたが、美味しいと感じるようになりました。体質が変わったのかもしれません。
Commented by shackinbaby at 2016-01-13 20:27
>shojiさん
shojiさんのコメントを拝見しながら、クアラルンプールで買ってきたドリアンコーヒー飲んでいます。
強烈なドリアン臭で、奥さんは嫌がりますが、うまくコーヒーと合っていました。
ただ砂糖もたっぷり入ったインスタントですが・・・。
仲間に少し笑ってもらおうとドリアン・チョコレートも買ってきましたが、予想通りワーワーキャーキャーで、予想通りでした(笑)。
Commented at 2016-01-14 19:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-14 21:41
>XXさん
コメント、有難うございました。
ドリアンカレーなんてあるんですか?
ちょっと体験してみたい気が・・・。
KLCCのショッピングモールの中にドリアンの専門店があって、もしかするとあそこにはレトルトのものなどあったかも・・・。
ビジャンの料理はどれも西洋人の舌にも合わせたマレーシア料理で、美味しいことは美味しかったですね。
再びクアラルンプールに行くチャンスはしばらくないと思いますが、XXさんのお薦めレストランなどあれば、高級からB級まで、お教えくださいませ。
よろしくお願いいたします。
Commented at 2016-01-16 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-16 11:53
>KLさん
ドリアンカレーmasak lemak udang tempoyakのことを、詳しくお教えいただいて有難うございました。
早速ググってみましたら、かなりなブログで触れられていました。
http://ameblo.jp/seira758/entry-10809532179.html
tempoyakについても他所にいろいろ出ていました。
基本ドリアンは好きなので、いつかチャンスがあれば試してみたいと、名前は記憶しました。
お教えいただいた「JP TERES」は僕も美味しい店だと思いました。
夜には一部スポーツバーになるのも面白いですね。
ザ・リッツカールトンの「麗苑」は飲茶の予約を入れようとしたのですが、その日は当日予約では満席のようで涙をのみました。
お時間を取らせてしまってすみません。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2016-01-17 01:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-17 16:38
>KLさん
「ライポヒーンのドリアンケーキと麗苑のドリアンプリン」、言葉の響きだけで、ホテル・ファン&ドリアン・ラバーの僕にはビンビン響いてきます。
この情報もしっかり頭に入れておきます。
有難うございました、お教えいただいて。
シンガポール航空の件は、僕のところにもメールが来ていました。
今あそこはプエコに力入れてますからね。
自慢のファーストとともに広くアピールしたいのでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< ホテルホッピング@クアラルンプ... ANA、ベトナム航空と資本提携 >>