ホテルホッピング@クアラルンプール (7) 深夜のジャラン・アロー~ラウンジ朝食
「ヒルトン・クアラルンプール」にチェックイン → 「ビジャン」で夕食 → 「チャンカット・ブキッ・ビンタン」でマッサージときて、この日の締めくくりはクアラルンプール一の屋台街「アロー通り」(ジャラン・アロー)の見学です。
f0036857_2341140.jpg

一大ショッピングエリア、大型ショッピングセンターの立ち並ぶ「ブキッ・ビンタン通り」のわずか1本裏に広がるこの庶民的な通り、もう深夜1時にもなろうというのに、ものすごい活気と熱気です。
f0036857_2363815.jpg

似たような中華系、海鮮系の店が並んでいるのに、店によってその客の入りは大きく違いが・・・。
↑のように客の少ない店もあれば、そのすぐ近くで同じような料理を出しているはずなのに、↓のようにローカル客で満席に近い店もあります。
f0036857_2375156.jpg

屋台街とはいっても食堂街といってもいいほど固定店舗が多いですが、こういう本当に屋台らしい店もいろいろ出ています。
f0036857_2391021.jpg

それぞれの店の前には客引きもいますが、しつこくはありません。
ドリアンの屋台の近くに行くと、もうドリアンのあの臭いが・・・。
f0036857_23162545.jpg

買って帰りたいところですが、マレーシアでもドリアンはホテルではXかもしれません。
あ、ここはもしかすると日本人には有名な店みたい。
確か「偽ミッキーの店」として知られているとか、ネットに出ていました。
正式店名は「黃亞華小食店」(W.A.W Restaurant)。
基本は中華系海鮮マレーシア料理店のようですが、ネットにはこの店では手羽先を頼む人が多いと書かれていました。
f0036857_23182910.jpg

手羽先なら安いだろうし、お腹にも溜まらないだろう。
ここの屋台街は見るだけにしようと思って来ましたが、店を覗きこむ僕を店のオバさんは手慣れた様子でほぼ無理やりに(?)椅子に座らせ、メニューを差し出します。
周りに観光客っぽい人はおらず、マレーシア・ローカルの人ばかりのよう。
f0036857_23192164.jpg

手羽先の注文はミニマム2本、更にオバさんは「ホッケンミー?」などともう1品僕が注文するのを待っています。
しょうがない、手羽先2本にホッケンミーにするか、食べきれなくても良いや。
更にオバさん、「ビヤ?チャイニーズティー?」とも。
f0036857_23203679.jpg

注文してあっという間に出てくる手羽先、この色からもお分かりの通り、かなり濃い味付け。
f0036857_23213292.jpg

さすが日本人がこぞって注文するようにこれはこれで美味しいのですが、確かに何かドリンクがないと駄目なくらいの濃厚さ、塩分加減でした。
f0036857_23223710.jpg

ホッケンミーもシンガポールで食べたのとかなり違い、とにかく濃い味。
シンガポールのは中太の卵麺に海老が炒めてあった記憶ですが、ここのはかん水を使った黄色い太麺を使って、ラード、黒醤油、豚肉、菜心、キャベツなどの具を入れた本当に色の濃い焼きそばでした。
全部食べたら夜中に喉が渇いて渇いてどうしようもないかもしれない、僕がもうお腹一杯ということもあって、半量で止めておきました。
f0036857_23234476.jpg

値段は覚えていないのですが、お茶を含めて15~6リンギット(450~480円)くらいしかしなかったはずです。
激安!
会計は明朗会計で、お釣りもきちんとくれます。
もうお腹いっぱいで動けません。
タクシーを拾おうとブキッ・ビンタン通りまで出る途中の果物屋台でチクを見つけました。
(ランブータンの手前にある果物)
f0036857_2326555.jpg

タイではラムットと呼ばれるサポディラで、僕はこの柿のような時のする果物が大好きなのです。
買って帰ろうとしましたが、ここは英語のエの字も通じず、何か店員の雰囲気もあまりWELCOMEではなかったので、結局買わず仕舞いでした。
ブキッ・ビンタン通りではこの時間タクシーは捕まえにくく、やっと捕まえたタクシーは交渉制でした。
「KLセントラル駅前のヒルトン・クアラルンプールまで」
「25リンギット」
「メーター使わないの?」
「25リンギット」
「え~、高い、20リンギットでは?」
「OK、乗りな」
20リンギット払うというのに、運転手はメーターを倒し、メーターはヒルトンまで11リンギットくらいでした。
でも運転手そのものは英語も上手、人の良さそうな陽気な人でした。
クアラルンプール滞在中かなりな回数タクシーに乗りましたが、交渉制だったのはこの1回だけ。
ちなみにタクシーですが、初乗り料金には3種類あるようです。
     パジェット・タクシーというかローカルなタクシーは3リンギットから。
     UBERのようなMY TEKSIは4リンギットから・・・。
     ホテル前に待機していて、ホテルのベルやドアマンに頼むと配車される6リンギットのホテル・タクシー。
一般にどのタクシーも安全で、約1/3のタクシーはお釣りの小銭は返してくれませんでしたが、本当に少額です。
あと運転手たちの英語能力は結構すごいです。
パジェットの運転手でもかなり上手な人がいました。
日本も見習わないと・・・。
ということで「ヒルトン・クアラルンプール」到着は午前2時前、日本時間の午前3時前。
翌日は朝の7時半から仕事が始まります。
このミーティングを入れたために、僕のこの旅行は経費扱いになったんですから、しっかりやらないと・・・。

翌朝、マレーシア2日目。
午前7時前にはタクシーに乗らなくちゃなので、午前6時起床。
この時期のクアラルンプール朝6時はまだ真っ暗です。
朝が空けてくるのは朝の7時頃。
f0036857_204351.jpg

(写真はロビーにあるコンシェルジュ・デスク、まだ外は暗いでしょ)
朝刊のデリバリーはなし。
それほど食欲があるわけではありませんが、何か胃袋に入れとかなくちゃです。
ロビーに作られているテンポラリー・ラウンジは朝の6時から10時までが朝食時間。
朝の6時からというのが早朝から出かける人には嬉しいですね。
f0036857_2051955.jpg

朝食アイテムは一通り揃っていますよ。
f0036857_2061844.jpg

写真の他にもスクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコンなどを入れたホット・トレイもありました。
f0036857_2072388.jpg
f0036857_2081561.jpg

パンも各種。
f0036857_2015798.jpg
f0036857_20161148.jpg

ここでも良いのですが、「VASCO’S」という一日中バフェをやっているレストランでの朝食バフェで食べてもOKといわれているので、そちらも見てみます。
by shackinbaby | 2016-01-13 11:21 | 旅行 | Comments(12)
Commented by tactac at 2016-01-13 12:44 x
やっぱりアジアは夜更かし文化ですねぇ。
あいかわらずの借金君さまのバイタリティにも感服です。
おかげで読者の私たちはドキドキハラハラ?楽しませてもらっています。
次はDTでしょうか。続きも楽しみです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-13 20:27
>tactacさん
この日、これだけ頑張れたのはやはりビジネスクラス・シートのおかげですね。
機内でかなり眠れたので・・・。
このブログでは僕が体験したこと、起こったことをありのままに書いていますから、面白くない時も多いと思います。
次のホテルはダブルツリーじゃなくて・・・。
もう少しお待ちください。
Commented by tactac at 2016-01-13 21:13 x
おかげさまでたっぷり追体験させてもらってます!
よく記憶があやふやにならないものだといつも感心してます。
さすがです!!
Commented by shackinbaby at 2016-01-13 21:53
>tactacさん
それが駄目なんですよ、年とともにどんどんいろいろなことを忘れて行ってしまっているんです。
昔は結構何でもよく覚えていたのに・・・。
このブログでは値段のことはありのままをはっきり書いておこうと思っているのですが、今回の「黃亞華小食店」みたいに、「たぶん15~16リンギット」としか書けないのは悔しいです。
こういうレシートも出ないような店はちゃんと値段を記憶しておかなくちゃで、でもそれがもうすぐに曖昧になってしまって・・・。
Commented by tactac at 2016-01-13 23:00 x
今ではありがたいことに文明の利器がありますからね、
デジカメやスマホの臨場感あふれる写真があれば読者は大喜び、
忘れがちになってきた「お疲れ脳」も記憶がよみがえると
いいことづくめで御座いますゆえ、今後とも写真をよろしく
お願い致しますw
Commented by たにとも at 2016-01-14 09:10 x
マレーシアには何回か行っていますが、クアラルンプールは空港利用のみで
大抵はランカウイを目指してしまいます。
クアラルンプール市内は随分昔にパンコール⋅ラウ島に行った時に前泊したのみで
「あの頃からは激変しているのよね」と楽しく拝見しています。
Commented by shackinbaby at 2016-01-14 09:56
>tactacさん
そうなんですよ、スマホでカシャっとしておけば良いんですけど、それも忘れちゃったりするんです。
こういう値段を口頭でいわれるような店、端紙に殴り書きで書かれているだけのような店は、僕のようなブログには鬼門なんです。
僕は文章が上手ではないので、上手ではないなりにその雰囲気を分かっていただこうと、素材の写真だけはたくさん撮ってきています。
この後も大量にアップしますが、どうぞご辛抱の上よろしくお付き合いください。
Commented by shackinbaby at 2016-01-14 09:56
>たにともさん
普通はそうですよね、どちらかというとビーチリゾートに行くトランジットで立ち寄る街。
我が家も子供たちがいたころにはそうだったのですが、最近の僕は街の方に興味あるんです。
でも最近うちの奥さんが自由に動けるようになり、夫婦で出かけることも多くなると思いますが、彼女、日焼けを超気にするようになっているので、ビーチには行けるかどうか・・・。
Commented by tactac at 2016-01-14 22:16 x
いえいえ、借金君さまの文章、とても系統だって書かれたきちんと整理された文章ですから
本当に追体験させてもらってます。いつも流石!と感心しながら読んでます。

ひとつ、私との徹底的な違いについて思い当たったのは「しらふ」で旅を楽しんでらっしゃることではないかと。
たいがいの旅行者はアルコール混じりの記憶なので、借金君さまほど記憶が確かじゃないのではw
Commented by shackinbaby at 2016-01-14 22:52
>tactacさん
そうです、僕はいつでも素面です。
JALのファ―ストクラスでサロンなるシャンパンを飲んだ時は、もうヘロヘロで大変でした。
ファーストクラスを楽しみどころではない・・・。
それ以来一口だけ記念にいただくか、ミモザにしてもらうかにしています。
恥ずかしいくらいの下戸なんです。
Commented at 2016-01-15 12:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-15 18:09
>XaXkXさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
この広い世の中でそんな偶然てあるんですね。
確かに僕は白い麻のシャツを旅行中持って行って、よく来ていました。
で、どういたしましょうか、このままでよろしければ全体の雰囲気の分かるものだし僕はこのままにさせておいていただくと嬉しいのですが、もしご気分が良くないようでしたらすぐに削除をいたします。
今回はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
はっきり写っていないものはOKかなという自己基準で失礼いたしました。
これに懲りず今度ともどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< エグゼクティブラウンジ@ヒルト... ホテルホッピング@クアラルンプ... >>