2020年までに国際線運航空港にボディスキャナー設置
国土交通省は、国際テロの脅威の高まりを受けて、地方空港を含め対策の強化が必要と判断。
国際線が運航されている国内の全空港に、搭乗客の服を透視して航空機内への危険物の持ち込みを防ぐ「ボディースキャナー」を2020年までに設置する方針を固めたとのことです。
f0036857_9162452.jpg

昨年10~12月に関西、羽田、成田の3空港で運用試験を実施したところ、検査は10~20秒程度の短時間で済み、旅客の流れに影響がないことや、高い効果が確認されたとのこと。
f0036857_917588.jpg

一台4~5000万円と高額ですが、テロの防止対策として髙過ぎはしないでしょう。
by shackinbaby | 2016-01-12 11:33 | 旅行 | Comments(2)
Commented by nagi at 2016-01-13 00:19 x
あ、日本でも設置されてるんですね。
まだUSでしか体験したことないです。
Commented by shackinbaby at 2016-01-13 11:20
>nagiさん
僕はアメリカ以外では、バンコクでたぶん試験運用だったんでしょうね、体験しました。
羽田とか成田のような多客空港では何台置くんでしょう。
たぶん導入初期は行列出来そうですね。
でも、僕はこの導入、当たり前ですが大賛成です。
テロとか本当に怖いもの・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< ホテルホッピング@クアラルンプ... ホテルホッピング@クアラルンプ... >>