ホテルホッピング@クアラルンプール (10) マンダリンオリエンタルクアラルンプールにチェックイン
僕のクアラルンプール旅行は、宿泊ホテルを次々に変えるホテル・ホッピング。
「ヒルトン・クアラルンプール」に次いで泊まったのはKLCC(Kuala Lumpur City Center)エリアにある「マンダリオンオリエンタル・クアラルンプール」です。
f0036857_1858212.jpg

KLCCは高層ビルが立ち並ぶクアラルンプール最大のビジネス街。
アンパン通り、トゥン・ラザク通り、スルタン・イスマエル通りに囲まれた通称「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれる地区で、地理的にもクアラルンプールのど真ん中に位置しています。
高層ビルの合間には緑が生い茂る街路樹や公園なども点在し、ビジネス街、繁華街としてはバランスのとれたエリアです。
クアラルンプールを象徴する建物「ペトロナス・ツイン・タワー」や日本人にも人気の「グランドハイアット・クアラルンプール」もここに建っています。
f0036857_12104795.jpg

これが「マンダリオンオリエンタル・クアラルンプール」のエントランス。
重厚な作りの建物に、高級車が次々に到着します。
民族衣装風の制服を着たドアマンが恭しく、ドアを開けてくれます。
f0036857_12113880.jpg

でもこのエントランスのシーズンズ・グリーティングのセンス、僕の思う「マンダリンオリエンタル」調ではない気がします。
f0036857_12125359.jpg

1歩ドアの中に歩を進めると、年末年始ということでこういうディスプレイが・・・。
f0036857_12163382.jpg

元旦になってすべての飾りが取れるとこんな具合。
f0036857_1215368.jpg

全体にとても重厚な作りですが、どこか僕の知っている「マンダリンオリエンタル」とは違う感じがします。
びしっとディテールまで作り込んである感が少ない・・・。
f0036857_1214511.jpg

途中に旧正月を祝う赤一色の飾りもありましたが、これも何となく不完全燃焼なディスプレイ。
f0036857_12172630.jpg

この通路をまっすぐ奥まで行くと、「モザイク」というオールデイダイニングになります。
f0036857_12182032.jpg

f0036857_12192722.jpg

さぁ、チェックインしましょうか。
f0036857_12321313.jpg

エントランスを入って、右の方に進むと・・・
f0036857_12201120.jpg

チェックイン・カウンターです。
f0036857_1221580.jpg

僕がチェックインした午後4時前は、かなりな混雑。
こうした混雑も僕の今までの「マンダリンオリエンタル」の経験では過去ありません。
これはひとえにこのホテルの大きさによるものでしょう。
何しろこのホテルは602室を数えるゲストルームと41のスイート、そして51のレジデンスを擁する大型ホテルなのです。
建物はL字型をした30階建て。
こんな客室数の多い「マンダリンオリエンタル」は僕は他に知りません。
それに加えて、レセプショニスト達は親切・丁寧ではありますが、例えば香港の人たちのように迅速に事を運ぶということがない感じ。
いずれにしてもこんな混んでいる、そして賑やかというかうるさいチェックインも久しぶりでした。
ま、その大きな理由の一つは多数の大陸からの旅行者たちの傍若無人なチェックイン・カウンター前の態度。
マレーシアにはマレーシア航空機の墜落以来中国人観光客は激減と聞いていましたが、このホテル、しかも僕のチェックインの時は、とてもそんなことを感じませんでした。
僕はクラブフロアを予約していたので、クラブ・ラウンジでもチェックイン出来ると思い、ロビーにいたスタッフに聞いたのですが、分かったのか分からないのか「まず、ここでチェックインしてください」と・・・。
ここはそういうシステムなのかと、ちょっと不満。
イライラしながら見回したせいか
f0036857_1222517.jpg

何?このロビー。
これが本当に「マンダリンオリエンタル」ブランド?
どこもびしっと決まっていない・・・。
チェックインを担当してくれた女性は忙しそうな中にも優しさがあり、僕の不機嫌も徐々に↓気味に・・・(現金なものです)。
彼女のアテンドでアサインされた部屋に向かいます
f0036857_12345441.jpg

エレベーターまでの通路のデザインなどもとにかく重厚で、この辺りはやや古めの「マンダリンオリエンタル」タッチがぷんぷん。
f0036857_12355549.jpg

エレベータの中。
ゲストルームにはカードキーでアクセスします。
f0036857_1983111.jpg

エレベーターホール。
f0036857_1239252.jpg

詰めは甘そうですが、作りはどこもどっしりしっかりしていて、1998年のオープン当時はさぞや豪華なグランド感のあるホテルだったでしょう。
by shackinbaby | 2016-01-15 09:54 | 旅行 | Comments(4)
Commented by momo at 2016-01-15 10:52 x
ディスプレイ、スタッフの対応、あちらの方々の喧騒・・・。
昔はマンダリンらしさが随所にあったのですが・・・。
時を経て随分変わったようですね!
続編でのshackinbabyさんのご評価が楽しみです。
Commented by ez4ysuzuki at 2016-01-15 13:34
K.L.からお帰りなさいませ。
仰るようにHong KongやNew YorkのM.O.と比べると若干レヴェルは低いですね、K.L.は。ただ値段が安いので・・・。
9月に私が行った時は、KLIAからM.O.のクルマで向かったので、そのままClub Loungeへ通されて、check inできましたよ。
確かに1階のロビーはかなり混みあってますよね(>_<)
Commented by shackinbaby at 2016-01-15 18:07
>momoさん
スタッフの一人一人は良い感じの人ばかりですが、仕事ぶりはどうしてもスローというか・・・。
後でホテルの偉い人と話す機会があったのですが、このホテルの規模なのでパーソナルなサービスがクラブフロアといえどもなかなか行き届かなくて・・・とおっしゃっていました。
ま、謙遜してでしょうが・・・。
でもクラブラウンジでは翌日からは一部のスタッフに名前で呼ばれるようにもなりましたし、努力はしているんでしょう。
あと、このホテルでもあっという出会いがありました。
顔を覚えている人に出会ったのです。
顛末は本文のどこかで・・・。
Commented by shackinbaby at 2016-01-15 18:10
>ez4ysuzukiさん
クアラルンプール旅行に関してはインスピレーションをいただき有難うございました。
無事帰ってまいりました。
マンダリンオリエンタルのクラブラウンジのレセプショニストからは、「こちらでチェックインしていただく方が本筋でございます」というようなことを言われましたが、ロビーにいたスタッフは僕がわざわざ聞いたのにそうは言ってくれなかった・・・。
おっしゃるように値段が値段ですので、僕も強くは言えません。
クリーニング5枚までOKのサービスはシルクのものを含めて目いっぱい利用させてもらったし、レイトチェックアウトもOKだったし、悪く言うつもりはありません。
ただ他のマンダリンオリエンタルに比べると・・・は確かなようです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「街のケーキ屋さん」以上? 「... ホテルホッピング@クアラルンプ... >>